ディアドムスは、日本の競走馬。おもな勝ち鞍は2014年の全日本2歳優駿北海道2歳優駿、2017年の勝島王冠、2018年の報知オールスターカップ

ディアドムス
東京競馬場のパドックを周回する競走馬ディアドムス。2014年10月18日。
東京競馬場のパドックを周回するディアドムス(2014年10月18日)
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2012年1月24日(8歳)
抹消日 2017年7月26日(JRA)
ジャングルポケット
マイネランデブー
母の父 アグネスデジタル
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 ビッグレッドファーム
馬主 ディアレスト
→ディアレストクラブ(株)
→高樽秀夫
調教師 高橋裕美浦
→森下淳平(大井
競走成績
生涯成績 40戦7勝
中央:16戦2勝
地方:23戦5勝
海外:1戦0勝
獲得賞金 1億2817万6000円
中央:3187万6000円
地方:9630万0000円
(2020年2月5日現在)
 
勝ち鞍
JpnI 全日本2歳優駿 2014年
JpnIII 北海道2歳優駿 2014年
テンプレートを表示

経歴編集

2013年のサマーセールに上場され、(有)ディアレストクラブに315万円で落札された[1]

2歳(2014年)編集

デビューは6月21日東京競馬場の芝1600mの2歳新馬戦。後方から追い込むも8着に敗れる。2戦目芝1800でも、10着に敗れる。3戦目の8月23日札幌競馬場の2歳未勝利戦(ダ1700m)を2着に5馬身つけて初勝利を飾った。なお、このときの勝ち時計は、札幌ダート1700mの2歳コースレコードであった[2]。秋に入り、10月18日のプラタナス賞は5着に敗れるも、11月6日の北海道2歳優駿は好位追走から鋭く伸びると最後は後続に4馬身差をつけて重賞初制覇を果たす[3]。そして12月の全日本2歳優駿は6番手追走からゴール前でタップザットとともに抜け出して最後はタップザットに1/2馬身差つけてJpnI初制覇を果たすとともに、鞍上の三浦皇成にとっても初のGI級競走初制覇となった[4]

3歳(2015年)編集

初戦のヒヤシンスステークスは4着、ドバイに遠征しUAEダービーに挑むも8着に終わる。帰国後はジャパンダートダービーに出走するが11着と大敗。レパードステークスでは4コーナーで競走中止し、この年を終える。

4歳(2016年) -編集

2016年6月の麦秋ステークスで復帰するも8着。その後も勝ちきれないレースが続いていたが、2017年1月のアレキサンドライトステークスを制し、2年ぶりの勝利を挙げる。しかしその後は惨敗続きとなり、2017年7月26日付けでJRA競走馬登録を抹消され[5]、大井競馬場の森下淳平厩舎に移籍した。南関東移籍初戦の東京記念は6着に終わったが、2戦目の埼玉新聞栄冠賞で2周目3コーナーから勝ったカンムルと競り合いの末[6]ハナ差2着と好走すると、つづく勝島王冠では2着に4馬身差をつける圧勝で移籍後初勝利をあげた。

競走成績編集

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム

(上り3F)

着差 騎手 斤量

[kg]

1着馬(2着馬)
2014.06.21 東京 2歳新馬 芝1600m(良) 14 3 3 020.50(7人) 08着 R1:38.7(34.5) -1.1 北村宏司 54 ラミーロ
0000.07.20 福島 2歳未勝利 芝1800m(稍) 15 3 4 036.30(7人) 10着 R1:52.7(37.8) -1.5 大野拓弥 54 ジャストドゥイング
0000.08.23 札幌 2歳未勝利 ダ1700m(重) 13 6 9 020.70(8人) 01着 R1:46.2(37.5) -0.9 三浦皇成 54 (エンプレスダンス)
0000.10.18 東京 プラタナス賞 ダ1600m(良) 14 5 8 009.30(3人) 05着 R1:39.8(36.8) -0.3 三浦皇成 55 タップザット
0000.11.06 門別 北海道2歳優駿 JpnIII ダ1800m(稍) 12 3 3 005.10(3人) 01着 R1:54.9(38.1) -0.8 三浦皇成 55 (カラパナビーチ)
0000.12.17 川崎 全日本2歳優駿 JpnI ダ1600m(稍) 14 5 7 004.20(3人) 01着 R1:45.3(41.5) -0.1 三浦皇成 55 (タップザット)
2015.02.22 東京 ヒヤシンスS OP ダ1600m(良) 16 7 14 025.70(7人) 04着 R1:37.7(37.2) -0.6 三浦皇成 58 ゴールデンバローズ
0000.03.28 メイダン UAEダービー G2 ダ1900m(良) 10 10     (6人) 08着 R - 三浦皇成 55 Mubtaahij
0000.07.08 大井 ジャパンDダービー JpnI ダ2000m(不) 13 8 13 012.70(4人) 11着 R2:11.5(43.2) -5.9 三浦皇成 56 ノンコノユメ
0000.08.09 新潟 レパードS GIII ダ1800m(良) 15 4 6 060.9(10人) 競走中止 - 三浦皇成 56 クロスクリーガー
2016.06.04 東京 麦秋S ダ1600m(良) 14 5 9 061.90(9人) 08着 R1:37.6(36.7) -0.7 三浦皇成 57 ソルティコメント
0000.07.16 福島 安達太良S ダ1700m(良) 15 3 5 008.70(4人) 03着 R1:45.4(37.1) -0.1 田辺裕信 57 リッカルド
0000.10.22 東京 秋嶺S ダ1600m(良) 16 7 13 037.00(9人) 08着 R1:37.3(36.1) -0.9 大野拓弥 57 ドリームキラリ
0000.11.12 京都 観月橋S ダ1800m(良) 13 6 8 056.0(10人) 12着 R1:52.6(40.3) -3.2 岩田康誠 57 オールブラッシュ
0000.12.17 中山 仲冬S ダ1800m(稍) 15 2 2 050.40(9人) 07着 R1:53.7(37.8) -1.1 田辺裕信 57 リーゼントロック
2017.01.22 中山 アレキサンドライトS ダ1800m(良) 16 2 4 020.40(8人) 01着 R1:53.1(39.0) -0.3 田辺裕信 56 (マルケサス)
0000.02.25 中山 総武S OP ダ1800m(稍) 15 4 7 061.5(10人) 11着 R1:53.6(37.9) -1.0 吉田豊 56 モンドクラッセ
0000.03.26 中山 マーチS GIII ダ1800m(稍) 16 4 7 072.6(15人) 09着 R1:52.6(38.0) -0.6 江田照男 54 インカンテーション
0000.06.24 函館 大沼S OP ダ1700m(良) 14 6 9 078.5(13人) 12着 R1:45.8(39.3) -3.0 柴山雄一 56 テイエムジンソク
0000.07.09 函館 マリーンS OP ダ1700m(良) 14 1 1 115.1(14人) 10着 R1:44.5(37.7) -1.6 勝浦正樹 54 テイエムジンソク
0000.09.13 大井 東京記念 SII ダ2400m(重) 15 4 8 016.10(7人) 06着 R2:38.3(40.2) -1.9 岡部誠 56 サブノクロヒョウ
0000.10.18 浦和 埼玉新聞栄冠賞 SIII ダ1900m(重) 11 8 11 013.90(6人) 02着 R2:01.9(38.9) -0.0 岡部誠 58 カンムル
0000.11.29 大井 勝島王冠 SIII ダ1800m(稍) 16 4 8 003.50(1人) 01着 R1:54.5(39.4) -0.8 岡部誠 57 (タイムズアロー)
2018.01.03 川崎 報知オールスターC SIII ダ2100m(良) 14 3 3 001.70(1人) 01着 R2:17.4(38.5) -0.6 岡部誠 57 (オメガスカイツリー)
0000.01.31 川崎 川崎記念 JpnI ダ2100m(稍) 10 8 10 067.00(7人) 06着 R2:16.6(37.9) -1.7 岡部誠 57 ケイティブレイブ
0000.04.17 大井 ブリリアントC SIII ダ2000m(稍) 16 8 16 008.00(2人) 03着 R2:07.7(39.0) -1.2 岡部誠 58 リッカルド
0000.05.23 大井 大井記念 SI ダ2000m(良) 12 2 2 012.80(4人) 09着 R2:07.7(39.7) -1.5 岡部誠 57 リッカルド
0000.07.31 大井 トゥインクルバースデー賞 OP ダ2000m(稍) 11 2 2 004.80(2人) 07着 R2:09.4(40.3) -1.3 岡部誠 57 キングニミッツ
0000.12.05 大井 勝島王冠 SII ダ1800m(良) 15 2 3 041.20(8人) 10着 R1:56.4(40.5) -2.7 御神本訓史 57 モジアナフレイバー
2019.01.03 川崎 報知オールスターC SIII ダ2100m(良) 12 7 10 025.70(8人) 04着 R2:17.2(40.3) -0.6 御神本訓史 57 ヤマノファイト
0000.02.20 船橋 報知グランプリC SIII ダ1800m(稍) 14 8 13 034.70(7人) 08着 R1:55.1(40.0) -1.9 岡部誠 56.5 タービランス
0000.03.13 船橋 ダイオライト記念 JpnII ダ2400m(重) 13 5 8 394.10(9人) 08着 R2:41.3(40.7) -4.0 岡部誠 56 チュウワウィザード
0000.04.04 川崎 卯月OP OP ダ2100m(良) 12 7 9 005.80(3人) 01着 R2:17.2(38.5) -0.2 御神本訓史 57 (ジャーニーマン)
0000.08.13 大井 東京記念TR OP ダ2400m(良) 14 4 6 008.10(5人) 11着 R2:39.4(42.6) -4.6 岡部誠 57 サブノクロヒョウ
0000.09.18 大井 東京記念 SI ダ2400m(不) 15 4 7 147.8(13人) 11着 R2:41.4(43.7) -4.9 岡部誠 56 ストライクイーグル
0000.10.24 川崎 富士見OP OP ダ2000m(重) 13 6 9 007.30(4人) 07着 R2:12.6(41.1) -1.2 御神本訓史 57 ハセノパイロ
0000.11.14 名古屋 東海菊花賞 SPI ダ1900m(良) 12 7 10 016.60(6人) 12着 R2:08.5(45.8) -5.4 真島大輔 57 グレイトパール
0000.12.04 大井 勝島王冠 SII ダ1800m(重) 16 6 11 534.7(12人) 11着 R1:56.3(39.5) -2.8 本田正重 57 モジアナフレイバー
2020.01.02 川崎 大師OP OP ダ1600m(良) 12 5 6 080.80(9人) 08着 R1:42.1(37.6) -2.0 本田正重 57 マイネルバサラ
0000.02.05 大井 金盃 SII ダ2600m(良) 16 2 3 524.6(16人) 15着 R2:55.1(44.5) -5.9 石崎駿 56 サウンドトゥルー
  • タイム欄のRはレコード勝ちを示す
  • 競走成績は2020年2月5日現在

血統表編集

ディアドムス血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ゼダーン系

ジャングルポケット
1998 鹿毛
父の父
*トニービン
1983 鹿毛
*カンパラ
1976 黒鹿毛
Kalamoun
State Pension
Severn Bridge
1965
Hornbeam
Priddy Fair
父の母
*ダンスチャーマー
1990 黒鹿毛
Nureyev
1977 鹿毛
Northern Dancer
Special
Skillful Joy
1979
Nodouble
Skillful Miss

マイネランデブー
2005 栗毛
*アグネスデジタル
1997 栗毛
Crafty Prospector
1979 栗毛
Mr. Prospector
Real Crafty Lady
Chancey Squaw
1991
Chief's Crown
Allicance
母の母
ノーザンドライバー
1988 栗毛
*ノーザンテースト
1971 栗毛
Northern Dancer
Lady Victoria
ダイナドライブ
1981 鹿毛
*ハンターコム
*ロードマップ
母系(F-No.) ロードマップ系(FN:4-m) [§ 2]
5代内の近親交配 Northern Dancer 4×4 [§ 3]
出典
  1. ^ [7]
  2. ^ [7]
  3. ^ [7]


脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 2013年度 北海道サマーセール サラブレッド 1歳”. JBISサーチ. 2019年1月28日閲覧。
  2. ^ web Furlong 2014【レースハイライト】第41回 北海道2歳優駿JpnIII”. 地方競馬全国協会. 2017年8月13日閲覧。
  3. ^ 交流重賞・北海道2歳優駿(Jpn3)はJRAディアドムスが快勝競走馬のふるさと案内所、2017年7月27日閲覧
  4. ^ 【全日本2歳優駿】(川崎)〜ダート2歳王者はディアドムスラジオNIKKEI、2017年7月27日閲覧
  5. ^ ディアドムス号が競走馬登録抹消日本中央競馬会、2017年7月27日閲覧
  6. ^ “【浦和・埼玉新聞栄冠賞】カンムル重賞連勝!競り合い鼻差制す”. スポーツニッポン. (2017年10月19日). https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/10/19/kiji/20171019s00004049045000c.html 2017年12月11日閲覧。 
  7. ^ a b c 血統情報: 5代血統表|ディアドムス”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2017年8月13日閲覧。

外部リンク編集