ディアブル島(ディアブルとう、フランス語: Île du Diable イル・デュ・ディアブル)は、南アメリカフランス領ギアナにある島。英名はデビルズ島(デビルズとう、英語: Devil's Island デビルズ・アイランド)。日本名は悪魔島(あくまとう)。本来は流刑地の一部の島に過ぎないが、流刑地全体を指す名としても用いられている。

ディアブル(悪魔)島
Île du Diable depuis l'île Royale.jpg
ディアブル島(2019年5月撮影)
所在地 フランス領ギアナ
所在海域 大西洋
座標 北緯5度17分37秒 西経52度34分59秒 / 北緯5.29361度 西経52.58306度 / 5.29361; -52.58306座標: 北緯5度17分37秒 西経52度34分59秒 / 北緯5.29361度 西経52.58306度 / 5.29361; -52.58306
面積 0.140 km²
最高標高 約40 m
Iles-salut.png
ディアブル島を含むサリュー諸島の地図
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

概要編集

フランス領ギアナの北海岸沖合い11kmにある面積14ヘクタールほどの島で、1852年ナポレオン3世第二帝政期)にフランス政治犯など重犯罪者を収容するための監獄が島に設置された。1946年に廃止されたが、現在でも監獄の建物の跡地が残っており、観光地化されている。

椰子の木に覆われ、岩が多く、最も高い地点で海抜40mほどになる。フランス領ギアナ本土の沖合いに浮かぶ火山列島、サリュー諸島(Îles du Salut)を構成する3つの島のうち悪魔島は最も北に位置する。1852年以来悪魔島に収容された囚人はたった数十人であり、またギアナ流刑地のごく一部に過ぎないにもかかわらずその印象的な名前から流刑地全体を指す名として誤用されている。アルフレド・ドレフュス1895年から1899年までこの島で服役したことでも有名である。

悪魔島のほかにもサンジョセフ島(Île Saint-Joseph)やロワイヤール島(Île Royale)、本土側の町であるサン=ローランカイエンヌクールーなどにも監獄があった。

ギアナ流刑地はフランス史上最も悪名高い流刑地であり、8万人以上の政治犯や重罪人がこの地に送られたが多くは疫病の蔓延する環境に耐えられずに生きて島を出ることはなかった。脱獄するには密林を抜けてボートなどに乗らなければならないため、脱獄できた者は少数とされている。1854年の法律では、強制労働八年以上を宣告された受刑者は釈放後も一生涯「免囚」としてフランス領ギアナで過ごさなければならないことになっていた(強制労働八年未満の受刑者は、釈放後も元々の刑期と等しい期間をギアナで過ごさなければならなかった。この刑罰は「Le doublage(折り返し)」と呼ばれていた)。また、アンリ・シャリエールの同名の著書に基づく映画『パピヨン』(1973年)の舞台として知られている。

この流刑地から脱獄に成功した最も有名な囚人はルネ・ベルブノワであり、彼が1938年2月にアメリカで出版した自伝『Dry Guillotine』は瞬く間にベストセラーとなりギアナ流刑地の閉鎖を後押しした。

1938年6月、フランス政府はギアナへの囚人の移送中止を決定した。1952年に流刑地は永久に閉鎖され、受刑者の多くはフランスの大都市の刑務所に移され彼らのいくらかはフランス領ギアナに残ることを選んだ。

外部リンク編集