メインメニューを開く

ディエゴ・ペロッティDiego Perotti1988年7月26日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス州出身のサッカー選手アルゼンチン代表ASローマ所属。ポジションはFW。父はアルゼンチン代表ボカ・ジュニアーズで活躍したウーゴ・ペロッティ

ディエゴ・ペロッティ Football pictogram.svg
Diego Perotti.jpg
セビージャFCでのペロッティ(2012年)
名前
ラテン文字 Diego Perotti
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
スペインの旗 スペイン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1988-07-26) 1988年7月26日(31歳)
出身地 モレノ
身長 179cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ASローマ
ポジション FW
背番号 8
利き足 右足
ユース
2000-2002 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ[1]
2002-2006 アルゼンチンの旗 デポルティボ・モロン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2007 アルゼンチンの旗 デポルティボ・モロン 72 (8)
2007-2009 スペインの旗 セビージャB 52 (3)
2009-2014 スペインの旗 セビージャ 117 (9)
2014 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ 2 (0)
2014-2016 イタリアの旗 ジェノア 43 (5)
2016 イタリアの旗 ローマ 15 (3)
2016- イタリアの旗 ローマ 68 (10)
代表歴2
2009- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月7日現在。
2. 2018年3月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

経歴編集

クラブ編集

幼少時にボカ・ジュニアーズの下部組織に入団したが、12歳の時にCDモロンの下部組織に移った[2]。2007年のFIFA U-20ワールドカップ予選にはたびたび招集されたが、セルヒオ・アグエロマウロ・サラテパブロ・ピアッティなどの陰に隠れ、本大会出場はならなかった。しかし、セリエAアタランタBCリーガ・エスパニョーラセビージャFCからオファーが届き[2]、2007年7月12日に移籍金30万ユーロでセビージャFCに移籍した。

2007-08シーズンはセグンダ・ディビシオン(2部)に属するセビージャ・アトレティコで32試合に出場した。2008-09シーズンもセビージャ・アトレティコでプレーしていたが、2009年1月、トム・デ・ムルがベルギーのKRCヘンクにレンタル移籍したため、その後釜としてトップチームに登録された。エルネスト・チェバントンがスペイン国籍を取得したことにより、ペロッティがEU圏外枠での登録となった。リーグ戦初出場は2月15日のRCDエスパニョール戦で、75分にフェデリコ・ファシオとの途中交代で出場した。2月21日のアトレティコ・マドリード戦では初めて先発出場し、2月28日のアスレティック・ビルバオ戦では初めてフル出場した。初出場から9試合連続で出場したが、4月22日のFCバルセロナ戦には出場しなかった。4月26日のレアル・マドリード戦では対面するセルヒオ・ラモスに常に勝負を挑み、彼のクロスからレナトが先制ゴールを決めた。2009年5月24日、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で終了間際に得点し、2009-10シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ出場権を確定させた。

2014年2月6日、ユース時代を過ごしたボカ・ジュニアーズにレンタル移籍した[3]

2014年7月、ジェノアCFCに移籍が決定[4]。ここでの活躍が認められ、2016年1月にASローマに買取オプション付きのレンタル移籍が決定[5]

代表編集

2009年11月14日に行われたスペインとの親善試合に向けたアルゼンチン代表に初招集され、同試合の83分にリオネル・メッシとの交代で代表デビューを飾った。

タイトル編集

クラブ
セビージャFC

脚注編集

  1. ^ Diego Perotti: "En Boca me sentí mal"” [Diego Perotti: "I felt bad at Boca"] (Spanish). El Gráfico (2008年11月17日). 2016年5月4日閲覧。
  2. ^ a b footballista #141、ソルメディア、2009年11月4日号
  3. ^ セビージャ、ペロッティがボカに移籍”. Goal (2014年2月7日). 2014年2月7日閲覧。
  4. ^ ジェノア、セビージャからペロッティを獲得”Goal、2014年7月2日
  5. ^ ローマ、ジェノアMFペロッティ獲得…買取オプション付きのレンタル”サッカーキング、2016年2月2日

外部リンク編集