メインメニューを開く

ディガ・ディガ・ドゥ』は、宝塚歌劇団によって制作された舞台作品。宝塚・東京における本公演の形式名は「ミュージカル・レビュー[1][2]」。星組[1][2][3]公演。宝塚における本公演は24場[1]。作・演出は小原弘稔[1][2]。本公演の併演作品は宝塚公演が『春の踊り -恋の花歌舞伎-[1]』、東京公演が『恋の花歌舞伎[2]』。宝塚公演は75期生[4]の初舞台公演で、トップ娘役・毬藻えり[5]のお披露目公演であった。

公演期間と公演場所編集

ストーリー編集

※宝塚100年史(舞台編)の宝塚大劇場公演[5]参考。

中世のアーサー王伝説による「キャメロット」から翻案したもので、舞台を1930年代ニューヨーク(ハーレム)に置き換え、大都会の一隅で悪のサクセス・ストーリーを夢見る男女を描いた。暗黒街のボス・アーサーは正体不明の風来坊のロットの助けを得て、敵対するボスのクラブを乗っ取ることに成功。クラブの人気スター・グネリアを自分の情婦に、ロットを用心棒にする。

スタッフ(本公演)編集

※氏名の後ろに「宝塚[1]」「東京[2]」の文字がなければ両劇場共通。

配役編集

本公演編集

※宝塚[6]・東京[2]共通。()は宝塚公演で5月2日から9日までアメリカ公演準備のため、紫苑ゆう洲悠花が休演した時の代役[6]

新人公演編集

※宝塚[3]・東京[3]共通。

  • ロット・ランス - 麻路さき
  • アーサー・キャメロ - 大輝ゆう
  • グネビア・ツィニー - 青山雪菜
  • スタン・トリー - 英りお
  • エズラ・キャメロ - 麻丘奈里
  • フェイ・モーガン - 羽衣蘭
  • カイ・キッド - 絵麻緒ゆう
  • レッド・モード - 千秋慎
  • ブラニガン - 天地ひかり
  • グロリア・ユージン - 出雲綾

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 80年史 1994, p. 334.
  2. ^ a b c d e f g 80年史 1994, p. 336.
  3. ^ a b c d e 80年史 1994, p. 338.
  4. ^ 100年史(人物) 2014, p. 101.
  5. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 163.
  6. ^ a b 80年史 1994, p. 335.

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0