ディキシーランド・ジャズ

ディキシーランド・ジャズ英語:Dixieland Jazz)は、クラシック・ジャズ(古典的ジャズ)に分類される一分野。ジャズの初期の例とされている。

ディキシーランド・ジャズ
Dixieland Jazz
様式的起源 ラグタイムブルースワーク・ソング、黒人霊歌
文化的起源 20世紀初頭
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
使用楽器 バンジョー、コルネット、サックス、トロンボーン、トランペット、ギター、ウッド・ベース、ベースドラムボーカルピアノなど
融合ジャンル
スウィング・ジャズ
関連項目
本文参照
ニューオーリンズ・ジャズ・バンド
ニューオーリンズのトラディショナルなディキシーランド・ジャズ・バンド。2005年、ニューオーリンズにて。

概要編集

ディキシーランド・ジャズは、ニューオーリンズ・ジャズと呼ばれる場合もあり、20世紀初頭にニューオーリンズで発達したジャズのスタイルである。ホットジャズという呼び名もあるが、後にあまり使用されなくなった。ニューオーリンズのバンドが1910年代シカゴニューヨークに移動して広まった。ディキシーランド・ジャズは、ブラスバンドの行進曲、フランスのカドリーユ[1](古典的ダンスの名称)、ラグタイム、そしてブルースを融合して成立した音楽だった。

ピアノギターまたはバンジョードラムコントラバスまたはテューバといったリズム・セクションを従えて、トランペット(またはコルネット)、トロンボーンクラリネットなどの編成で演奏を行う。ディキシーランド・ジャズという音楽用語は幅広く使用されてきたが、アメリカでもこの用語の妥当性について長く激しい議論が行われてきた[2]。なお、ディキシーランドとは、アメリカ南部の諸州を指す通称や俗称のことである。南北戦争で南軍に加わったのは11州だが、地理的にはオクラホマ州なども含まれる。

詳細編集

1917年ニューヨークに進出した、ニューオーリンズ出身のオリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンド[3](ODJB)によって、「ジャズ」は多くの音楽ファンに知れ渡ったともいわれている。ジャズは初期は"jass"と綴られており、このバンドがデビューした後に"jazz"に綴りを変えている。

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集