ディスコボリア・グロヂスク・ヴィエルコポルスキ

KSディスコボリア・グロヂスク・ヴィエルコポルスキ (ポーランド語: KS Dyskobolia Grodzisk Wielkopolski, ポーランド語発音: [dɨskɔˈbɔʎa ˈɡrɔdʑisk fʲɛlkɔˈpɔlski]) は、ポーランドの西部、ヴィエルコポルスカ県の都市グロヂスク・ヴィエルコポルスキを本拠地とするサッカークラブである。

ディスコボリア・グロヂスク・ヴィエルコポルスキ
原語表記 Klub Sportowy Dyskobolia Grodzisk Wielkopolski
愛称 Dyskobole (Discobolus)
クラブカラー 白・緑
創設年 1922年
所属リーグ Liga Okręgowa, Poznań West
所属ディビジョン 6部
ホームタウン グロジスク・ヴィエルコポルスキ
ホームスタジアム スタディオン・ディスコボリア英語版
収容人数 6,800[1]
代表者 ポーランドの旗 リシャルト・カチマレク
監督 ポーランドの旗 アンジェイ・ヤネチェク
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

概要編集

1922年に創設された。「ディスコボリア」(円盤投選手の意)という変わったクラブ名は、クラブの母体が陸上クラブだったことに由来しており、クラブのロゴでも円盤投げ選手のデザインが用いられている。数十年間にわたって弱小クラブであったが、1990年代以降にポーランドで急速な躍進を遂げた多くのクラブと同様、強力なスポンサーを獲得したことがクラブ飛躍の契機となった。すなわち、グロクリン社の社長がオーナーになり、クラブ名にもグロクリンという社名が冠されると、潤沢な資本のもとで着実にクラブは強化された。その結果1997年に1部昇格を果たし、一旦は2部へ降格するものの、ふたたび1部昇格を果たすと、さらにクラブの強化が進められた。ついには2001-2002年シーズンで準優勝を果たして2003年のUEFAカップへの出場を果たし、ヘルタ・ベルリン(ドイツ)・マンチェスター・シティ(イングランド)を撃破する快挙をなしとげたが、ボルドー(フランス)に敗れた。2005年にはカップ戦初優勝を果たし、2007年にも優勝を果たした。2008年7月、ポロニア・ワルシャワと合併し、選手の大半はポロニアへ移籍。新しいディスコボリアは4部リーグへ加入することになった。

過去の成績編集

シーズン リーグ 順位 試合数 勝ち点 得点 失点 得失点
1995-96 IIIリガ 1位 34 74 81 19 +62
1996-97 IIリガ 1位 34 72 71 39 +32
1997-98 Iリガ 16位 34 29 30 55 -15
1998-99 IIリガ 1位 26 50 52 37 +15
1999-2000 Iリガ 11位 30 36 29 46 -17
2000-01 Iリガ 10位 30 37 35 38 -3
2001-02 Iリガ 12位 28 43 36 38 -2
2002-03 Iリガ 2位 30 62 56 26 +30
2003-04 Iリガ 4位 26 46 57 31 +26
2004-05 Iリガ 2位 26 51 46 28 +18
2005-06 Iリガ 7位 30 37 37 45 -8
2006-07 Iリガ 5位 30 48 40 26 +14
2007-08 Iリガ 3位 30 60 52 24 +28

タイトル編集

 
ホームスタジアム

国内タイトル編集

国際タイトル編集

  • なし

歴代所属選手編集

脚注編集

  1. ^ アーカイブされたコピー”. 2009年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月27日閲覧。

外部リンク編集