メインメニューを開く

ディズニー・ハリウッド・スタジオ

概要編集

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」に1989年5月1日に開園した、映画をテーマにしたディズニーパーク。同リゾートで3番目のディズニーパークである。

沿革編集

  • ウォルト・ディズニー・イマジニアリング内のマーティー・スカラー率いるチームは、ウォルト・ディズニー・ワールドエプコットに新しいパビリオンを造る案をマイケル・アイズナーに報告する。するとそこで、既にあるパークに造るのでは無く、新しくハリウッドやショービジネスをテーマとしたパークを造ることを提案される。
  • 1985年、アメリカの大手メディア会社MGM(Metro-Goldwyn-Mayer)社とウォルト・ディズニー・カンパニーとの間で、ディズニー社が将来建設予定の映画に関したテーマパークにMGMの名称とロゴを使用することを許諾する契約を締結する。これを受けて、ディズニー社は「ディズニー・MGM・スタジオ」計画に着手。
  • 1988年、ディズニー社の計画が、フロリダにテーマパークと併設して映画やテレビ番組などを制作するスタジオや衛星アニメスタジオも設置するものであること、また、これらの施設をパークに先行してオープンする予定であることが判明。これを知ったMGM社は、それらにMGMブランドを使用することは契約違反であるとしてディズニー社を提訴。
  • 1989年5月1日、訴訟が継続する中、ディズニー社は当初の予定通り「ディズニー・MGM・スタジオ」をグランドオープン。
  • これを受けてMGM社は、ディズニー社に対抗する形でラス・ベガスにMGMの名称を冠した新たなテーマパークの建設を発表。これに対してディズニー社は、このパークの建設が1985年の契約に違反するとしてMGM社と同パークの建設運営会社MGM Grand社を逆提訴。
  • 1992年10月23日、カリフォルニア州最高裁は、ディズニー社には、スタジオ施設部分も含めてパーク全体について今後も「ディズニー・MGM」の名称を使用する権利があり、一方、MGM側が建設している新パークでも、ディズニーのパークと同一の主題をテーマとしない範囲において、MGMの名称とロゴを使用できるとする判決を下した。
  • 1993年、ラスベガスに「MGM・グランド・アドベンチャーズ・テーマパーク」(MGM Grand Adventures Theme Park)がグランド・オープン。
  • 2000年9月4日、「MGM・グランド・アドベンチャーズ・テーマパーク」が経営難のため閉鎖。なお、この頃にはディズニー社は、MGMの名称使用を控えるようになっており、例えば同社の作成する「free Walt Disney World vacation-planning kit」などでは、パークの名称を単に「Disney Studios」と記載するなどしていた。
  • 2007年8月9日、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは、パークの名称変更を発表。
  • 2019 July 20: Paramount Buys 20th Century Fox for $87.54 Billion starts on July 10, 2019.

施設編集

ディズニー・ハリウッド・スタジオは、以下の6つの「テーマエリア」で構成されている。

ハリウッド・ブールバード編集

ハリウッド・ブールバードは、パーク全体のエントランスとなるテーマエリアで、ショップやレストランなどが多く立ち並んでおり、ディズニーランド型のテーマパークにおけるメインストリートUSA(東京ではワールドバザール)のような役割を果たしている。ロサンゼルスにある通りをモチーフにしており、メインゲートはパン・パシフィック・オーディトリアムをイメージしている。なお、パン・パシフィック・オーディトリアムは、パークオープンの3週間後である1989年5月24日に火事で焼け落ちてしまった[1]

エコー・レイク編集

エコー・レイクは、小さな楕円形の人造湖と、その周辺のアトラクション群によって形成されるテーマエリア。人気映画シリーズのスター・ウォーズインディ・ジョーンズをテーマにしたアトラクションがあり、また1950年代のSF映画をテーマとした、レストランもこのエリアにある。

グランドアベニュー編集

グランドアベニューは、マペットをテーマとしたテーマエリアであったマペッツ・コートヤードを改名したテーマエリア。元々は「マペット・スタジオ」として、ライド型のアトラクションが造られる予定だったが、結果としてシアター型のマペットビジョン3Dが造られることとなった。以前までここはストリーツ・オブ・アメリカというエリアの一部であったが、他のテーマエリア開発のため、マペッツ・コートヤードのエリアだけを残して2016年4月2日にクローズした。

アニメーション・コートヤード編集

アニメーション・コートヤードは、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオなどの映画やキャラクターらをテーマにした、エントランスの「スタジオ・アーチ」が印象的なテーマエリア。スター・ウォーズをテーマとしたスター・ウォーズ・ローンチ・ベイや、リトル・マーメイドディズニージュニアのキャラクターのショーがある。またミッキー・アベニューと呼ばれているエリアでは、ディズニーパークの舞台裏を知ることが出来る。

サンセット・ブールバード編集

サンセット・ブールバードは、1994年に行われた最初の拡張でできたテーマエリア。ロサンゼルスにある同名の道路をテーマとしている。タワー・オブ・テラーロックンローラー・コースターなどの激しいアトラクションや、ファンタズミック!などのショーもこのエリアで観ることが出来る。

トイ・ストーリーランド編集

2015年8月、スタジオ・バックロットツアーの跡地に新エリア「トイ・ストーリーランド」を建設することを発表した[2]。このエリアでは映画『トイ・ストーリー』に登場するアンディの家の裏庭の世界が再現され、スリンキーの背中に乗るファミリー向けのローラーコースターの建設や、既存のトイ・ストーリー・マニア!のコースも拡張。また、現在ピクサー・プレイスに入口があるトイ・ストーリー・マニア!の拡張、入り口の変更も行われる。これに伴い、ピクサー・アニメーション・スタジオをテーマにしたテーマエリアであり、もともとはアニメ制作施設だったピクサー・プレイスは吸収される形となった。 2016年4月3日に工事は始め、2018年6月30日に完成した。おもちゃいっぱいの世界「トイ・ストーリーランド」には、ディズニーパークでは初登場となる新作ローラーコースターなど2つのライドアトラクションと、クイックサービスのレストランが新登場。また、人気の既設アトラクション「トイ・ストーリー・マニア」もリニューアルした。[3]

アトラクション編集

エンターテイメント編集

ファンタズミック!
1998年10月15日より、サンセット・ブールバードにて公演が開始された。
スター・ウォーズ・ギャラクティック・スペクタキュラー
スター・ウォーズをテーマとした花火のショー。2016年6月17日よりハリウッド・ブールバードで公演されている。

今後の計画編集

脚注編集

外部リンク編集