メインメニューを開く

ディック・デイルDick Dale, 1937年5月4日 - 2019年3月16日)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン出身[1]ギタリストである。本名:リチャード・アンソニー・モンスール(Richard Anthony Monsour)。

デッィク・デイル
Dick Dale.jpg
デッィク・デイル
基本情報
出生名 リチャード・アンソニー・モンスール
(Richard Anthony Monsour)
生誕 (1937-05-04) 1937年5月4日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ボストン
死没 (2019-03-16) 2019年3月16日(81歳没)
ジャンル ロック
職業 ギタリスト
活動期間 1958年 - 2019年

左利きのギタリストで、主にフェンダーアンプを使用する。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第31位、2011年の改訂版では第74位。

経歴編集

父がレバノン人で、母はポーランド人。1954年頃にボストンから、カリフォルニア州に移住した。

生来の左利きで、ギターを始めた際に右利き用のギターをそのままひっくり返して使っていたため[2]に当初はかなり苦労したというが、これが後々まで彼ならではのスタイルとして確立されていくこととなる。

1958年に「Dick Dale & His Del-Tones(ディック・デイル&ヒズ・デルトーンズ)」としてシングル「Woo-Wee Mary(ウー・ウィー・メアリー)」でデビュー、1962年にファースト・アルバムを発表した。同年、「Misirlou(ミシルルー、ミザルーとも)」がヒット[3]。66年までは毎年順調にシングルを発表したが、以後はサーフィン/ホットロッドミュージックが下火になったことやレコード会社の無理解から契約を解除された他、自身が直腸がんを患い、長期療養を余儀なくされるなどスランプに陥った。75年にカムバック・シングルを発表。その後、再びシングルが出なくなる。87年には映画「Back To The Beach」のサウンドトラックのレコーディングでスティーヴィー・レイ・ヴォーンと共演を果たし、「パイプ・ライン」を発表。1993年アルバム「Tribal Thunder」をリリース、本格的に音楽シーンに返り咲いた。

1994年の映画『パルプ・フィクション』や、『TAXi』シリーズで「ミザルー」が使用され、デイルは再度注目され、音楽性が再評価されるようになった。後にザ・サーフコースターズをサポートアクトに迎えて来日公演が実現している。2006年にはブラック・アイド・ピーズがリリースした楽曲「Pump It」で「Misirlou」がサンプリングされるなど、ヒップホップミュージック界からも注目された。

そのバイオレントなギター・サウンドは、ガレージ・ロックやパンク・ロックに与えた影響が大きい。ジミ・ヘンドリックスも生前に影響を受けていたことを明言している。

2019年3月16日カリフォルニア州で死去[4]。81歳没。晩年は二度目の直腸癌を克服したものの、腎不全糖尿病を患うなど健康上の問題に苦しまされ、胃と腸の一部を切除する手術を受けてからは毎月3,000ドルの費用が掛かる人工肛門の医療費の支出に苦労していたと「ピッツバーグ・シティ・ペーパー」誌に語っていた[5]。医師からは演奏活動を止めるように言われていたという。

ステージで主に使用していたギターは「Beast」と名付けていたフェンダー・ストラトキャスターで、ボディがスパークルゴールドに再塗装され、コントロールはトーンのポットを全て取り外し、更にオリジナルの5連レバースイッチに加え、前後ピックアップを同時ONに瞬時に切り替えるトグルスイッチを増設する改造を施していた。後にフェンダー・カスタムショップから発売された「Dick Dale Stratocaster」には、右利きギタリストでもディック・デイルの音色が出せるように、コントロール系が自身の「Beast」と同じものになっているのは勿論、リアピックアップの角度を通常のストラトキャスターとは逆向きにセットし、ネックもリバースヘッド(通常のストラトキャスターのヘッドとは逆向きにデザインされている)にすることで、ディック・デイルならではの音が得られるようになっている。かつてはディック・デイルモデルのアコースティックギターエレクトリック・アコースティックギター)もフェンダーから発売されていた。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ レバノンベイルート出身とする資料も一部に存在するが、自身が出生についてあまり語りたがらなかったともいわれる。
  2. ^ 右利きで構えた場合、一番太い6弦が上に来るが、この場合は下側に6弦が来る格好となる
  3. ^ Dick Dale Biography by Steve Huey ALL MUSIC
  4. ^ “Morreu Dick Dale, o rei da surf guitar e de “Pulp Fiction”” (ポルトガル語). OBSERVADOR. Observador On Time. (2019年3月18日). https://observador.pt/2019/03/17/morreu-dick-dale-o-rei-da-surf-guitar-e-do-pulp-fiction/ 2019年3月18日閲覧。 
  5. ^ https://www.musiclifeclub.com/news/20190318_01.html ミュージックライフ・クラブ「サーフ・ギターのレジェンド、ディック・デイルが81歳で死去」

外部リンク編集