ディビア・スリヤデバラ

ディビア・スリヤデバラ: Dhivya Suryadevara)は、アメリカ合衆国実業家2018年からはゼネラルモーターズ初の女性最高財務責任者(CFO)を務める。

経歴編集

インドチェンナイ生まれ。マドラス大学を卒業後、アメリカへ渡りハーバード大学経営学修士号(MBA)を取得。2005年にGMに入社してからは財務部門を歩んだ。2017年7月には財務担当副社長に就任。同年に行われたドイツ子会社のオペル売却や、日本のソフトバンクから自動運転技術開発子会社への出資を引き出す際に重要な役割を果たした。さらに2018年9月1日付でCFOに昇格。GMにとって39歳のCFO就任は二番目の若さでの記録であり、女性としては初。[1][2]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ GM、新CFOに39歳のインド出身女性”. 日本経済新聞 (2018年6月14日). 2020年5月14日閲覧。
  2. ^ 米GM、CEOに続きCFOも女性に 38歳スリヤデバラ氏” (2018年6月14日). 2020年5月14日閲覧。