メインメニューを開く

ディファイアント級(-きゅう、Defiant class)は、アメリカのSFテレビドラマ『スタートレック』シリーズに登場する宇宙艦隊保有の宇宙船のクラス名の一つである。なお、defiantとは英語で「挑戦的な」という意味。

ディファイアント級
Defiant class
登場(最初) DS9「ドミニオンの野望」
The Search
登場(最後) DS9「終わりなきはじまり」
What You Leave Behind
所属 宇宙艦隊
概要
攻撃システム フェイザー
光子魚雷
量子魚雷
防御システム シールド
遮蔽装置
アブレーティブ装甲
推進システム インパルス・ドライブ
ワープ・ドライブ

概要編集

全長170m、デッキ数5、乗員約50名。

宇宙艦隊は惑星連邦防衛という軍事的機能を有してはいるが、平時は外交や未知宙域の探査、科学調査などの任務を行っているということもあり、戦闘目的に特化した宇宙船を開発していなかった。しかし、ボーグの脅威が増大したことを受け、2366年よりユートピア・プラニシア・フリート・ヤードで新兵器の開発プロジェクトが始まった(プロジェクトには後のディープ・スペース・ナイン司令官ベンジャミン・シスコも参加していた)。

ディファイアント級はこのプロジェクトによって設計されたクラスで、宇宙艦隊初の戦艦として配属される予定であったが、ボーグの弱体化によって脅威が減ったことや、エンジンに設計上の欠陥があることなどを受け、量産計画は見送られることとなった。しかし、2370年代に入ってから増大しはじめたドミニオンの脅威に対抗するために、生産、投入が開始されることになったのである。

ディファイアント級は護衛艦[1]に分類されており、宇宙艦隊初の戦闘を主目的とした宇宙船である。そのため、他のクラスの船にみられる科学ラボなどの設備を持っておらず(戦闘に関係するものはある)、艦長室さえもないが、簡易な居住設備として二段ベッドがある。

武装の中核は両舷に装備されたパルス・フェイザーキャノン。船体規模はU.S.S.エンタープライズEの10分の1でも、主砲はエンタープライズ-Eの12型フェイザーとほぼ同等の威力があるとされている。主砲であるパルス・フェイザーキャノンはエンジンと直結された砲であり、事実上エンジンが動いている限りエネルギー切れはないものと思われる[誰によって?]。その他の補助フェイザーはエネルギーセルを供給することで発砲する使用制限のある砲であると思われる[誰によって?]フェイザーに記述があるので参照)。 なお、ディファイアントにはそれ以外に通常のフェイザータレットが後方に4門、上面に8門、下面に6門ある。

威力の高い補助武装として量子魚雷が装備されているが、PCゲームでは積載本数が5基という極端に少ない数となっている[2]

ロミュランに奪取されたU.S.S.プロメテウスの奪還艦隊にはアキラ級(U.S.S.スペクター)に同行して二隻のディファイアント級が配備されていた。

また、イントレピッド級と同様、シャトルを用いることなく、単独で惑星に着陸できる特長がある。

ディファイアント級宇宙船一覧編集

U.S.S.ヴァリアント(U.S.S.Valiant、NCC-74210)
ラミレツ大佐、ティム・ワターズ臨時大佐の指揮。2374年、宇宙艦隊アカデミー候補生のフラタニティであるレッド・スクワッド(Red Squad)の訓練航行中にドミニオンの攻撃を受け喪失。生存者はジェイク・シスコノーグ、士官候補生のドリアン・コリンズの3人のみであった(DS9『過信』(Valiant))。船名は英語で「(無謀なまでに)勇敢な」の意。
U.S.S.サン・パウロ(U.S.S.São Paulo、NCC-75633)
大破喪失したU.S.S.ディファイアントの代わりにディープ・スペース・ナインに配属され、後にU.S.S.ディファイアントと改称されることになった。船名はブラジルのサンパウロ市に由来。
U.S.S.ディファイアント(U.S.S.Defiant、NX-74205)
ディファイアント級の一番艦。詳細はU.S.S.ディファイアントを参照。
U.S.S.ディファイアントC(U.S.S.Defiant-C、NCC-75633-C)
ジェームズ・カーランド大佐の指揮。ディファイアントの名を持つ6隻目の船であり、サン・パウロの登録番号を受け継ぐ4代目の船。2400年代、ディープ・スペース・ナインに駐留。「Star Trek Online」に登場。
U.S.S.フロックス(U.S.S.Phlox
ネヴェリックス大佐の指揮。2409年にハイララン星系の遺跡で考古学的に貴重な遺物をロミュランから保護した。船名は22世紀のデノビュラ人医師、ドクター・フロックスに由来。「Star Trek Online」に登場。

名称不明艦編集

スタートレック:ヴォイジャー』(VOY)においても、ディファイアント級の艦が少しだけ登場する回がある。第81話「プロメテウスの灯を求めて」がそれに当たる。この回では、ロミュランに奪われたプロメテウス級の一番艦であるU.S.S.プロメテウスを奪回するために、アキラ級と一緒に二隻のディファイアント級の艦が登場する。ただし、名前も登録番号も不明である。

また、同様にヴォイジャーの最終回においてもディファイアント級の艦が一隻確認できるが、こちらも、名前、登録番号、共に不明である。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 原作ではfighter(戦闘機)と表現されている。PCゲームbirth of federationでは重護衛艦と称され、ムック本でも同様のクラシファイがなされている。「戦闘機」とは言ってもいわゆるジェット戦闘機などとは趣が大きく異なるが、深宇宙探査を目的とせず、宇宙基地や惑星から遠く離れての遠距離航行なども考慮せず戦闘のみに特化している点を考えると、やはりこの呼称がもっとも適当であろう[誰?]
  2. ^ DS9最終話"What You Leave Behind"において、1戦を終えてカーデシアプライムに向かうディファイアント艦内にて「量子魚雷は残り45発しか無い」旨の会話がされており、もう1戦するには心許ない描写がされている。この事から、満載時は100本近くを搭載していると推測される。 量子魚雷は、「従来の光子魚雷よりも遥かに強力な武器」という設定の為、5本というのはゲームバランスを考慮しての搭載本数と思われる。

外部リンク編集