メインメニューを開く

ディファ有明(ディファありあけ)は、東京都江東区有明一丁目でかつて営業していたホール日本初の格闘技専用アリーナと銘打ち2000年にオープン。2018年6月30日に営業を終了した[1]

ディファ有明
Differ-Ariake.jpg
情報
正式名称 ディファ有明
旧名称 MZA有明
開館 2000年7月1日
閉館 2018年6月30日
客席数 1,273
用途 格闘技の興行
旧用途 ライブハウス
運営 株式会社ディファ有明
所在地 135-0063
東京都江東区有明一丁目3-25
位置 北緯35度38分19.4秒 東経139度47分21.2秒 / 北緯35.638722度 東経139.789222度 / 35.638722; 139.789222座標: 北緯35度38分19.4秒 東経139度47分21.2秒 / 北緯35.638722度 東経139.789222度 / 35.638722; 139.789222
アクセス ゆりかもめ有明テニスの森駅徒歩2分
外部リンク ディファ有明[リンク切れ]

2016年12月までプロレスリング・ノアが本社事務所と道場、合宿所を置いていた。

バブル期に存在したライブハウスディスコMZA有明(エムザありあけ)は改装前の同一の建物である。MZA有明についてもこの項目で述べる。

MZA有明編集

不動産企業のエムザグループが、倉庫となっていた建物を安く借り受け、空間プロデューサー山本コテツと角章がデザインを手がけて改装し、イベント施設として1988年7月21日にオープンした。現在ディファ有明のホールとなっている建物は、MZA時代はイベントホールとレストランが入居していたもので、もう一方の事務所棟はかつてディスコビルだったものである(現在でも事務所棟の天井裏には、ミラーボールが入ったままになっている)。ライブハウス・イベントホールの「サウンドコロシアム」、ディスコの「クラブ・ガティル」のほか、レストラン、カフェ、貸しスタジオなども併設していた。 東京臨海副都心の再開発が始まる10年近く前であったため、有明地区はまだ倉庫街であり、路線バス(「エムザ有明前」のバス停が存在した)もしくはMZAが独自運行する六本木豊洲駅前発着のシャトルバスを利用する以外は交通手段も無く、主に利用客はタクシーやマイカーで来場していた。

この手法は、1980年代後半のディスコブーム、更にバブル真っ只中だった時代、都心の家賃が高騰したため、湾岸線などに存在した倉庫や工場跡を借り、内部を改装してディスコやライブハウスとしてオープンするというウォーターフロントブームの先駆けとなった。

M.C.ハマーを始めとして多くの外国人タレントがライブを行い、1990年3月には24年ぶりに来日したポール・マッカートニーが同所で記者会見を行い、さらに異例のライブパフォーマンスを行った。しかしながら、1991年、バブル経済期における投機失敗により親会社が経営不振となり、MZAは閉店(閉店公演はスレイヤーによるライブ)。その後は月島倉庫がサウンドコロシアム棟を1999年まで借り受け、建物の中身をくり抜いて物流拠点としていた。月島倉庫が契約満了で退いた後、そのままになっていた建物を改装し、格闘技アリーナとして新装オープンしたのがディファ有明である。

ディファ有明編集

概要編集

 
ディファ有明正面玄関上のロゴ
 
ディファ有明(2018年)

後楽園ホールに一点集中した感のある格闘技アリーナを分散させることが目的で造られた。フルサイズでのキャパシティは、後楽園ホールとほぼ同規模。

名前の「ディファ」は、英語のDiffer(違う、異なるという意味の動詞)に由来する。これまで出来なかったことにも挑戦し、違いを明確化したいという意思を込めて名付けられた。

主な特徴は、常に設置してある花道、女子トイレ、キャパシティがイベント規模により自由自在に変えられる。公式では最少キャパシティの格闘技Bタイプ(ホールの半分を使用)で713席、フルサイズのライブ・イベントタイプで1,823名と、キャパシティの幅が広く、多くのイベントに使用された。

イベント会場としては、2000年7月1日の全日本プロレスの興行でグランドオープン。

会場内北側にはステージが設置されており、コンサートやライブでも使用することができる。プロレス・格闘技ではこのステージにも椅子を設置し、客席としていたが、ひな壇の傾斜が緩いため見づらいことが以前から指摘されていた。そのため2007年8月、新たに高さ3m・全12段の電動ひな壇を設置した(電動であるため、ステージを使用するイベントが入った場合は収納することができる)。

2016年12月19日、土地所有権者との建物定期賃貸借契約更新が出来ないため、2018年6月末日をもって営業を終了することが発表された[2]。その後建物は解体されて現存しない。

格闘技関係編集

ディファの基本設計やオープンに、全日本プロレスからノアに移籍した仲田龍が関与していたこともあり、ノアは2000年6月の発足記者会見以降、ディファに事務所を構え、同年8月の旗揚げ戦を始め、その後もディファを主要会場として使用している。旧MZA有明のディスコ3階貸しスタジオはノアの道場に、サウンドコロシアム棟の空き部屋はノアの事務所や合宿所に改装され、ノアはディファを全ての拠点とした。このことから、ディファはプロレス界ではNOAHの聖地とも呼ばれる。

上記のディファ営業終了に伴い、ノアは年内でディファの事務所・道場・合宿所を撤退し、事務所を千代田区水道橋に、合宿所を埼玉県に移転した[3]

2009年7月4日、6月13日に試合中の負傷により急逝したノア初代社長三沢光晴の献花式「三沢光晴お別れ会 〜DEPARTURE〜」が執り行われ、プロレス関係者やファンなど約26,000人が参列した。

その他、数多くのプロレス団体、キックボクシングパンクラスZSTなど総合格闘技の興行が行われた。このうち、キックボクシングの「ビッグバン〜統一への道〜」は年4回定期開催し、あらゆる格闘技団体の中で最も自主興行で利用する比率が高かった(2010年3月の第1回大会はマーシャルアーツ日本キックボクシング連盟の枠内で谷山ジム25周年記念興行として後楽園ホールで開催し、ビッグバン実行委員会として確立以降22回連続でディファで開催)。また、DEEP初のケージマッチDEEP CAGE IMPACT 2009が開かれたのもこのディファである。

一方、国際式ボクシングの興行に使用されるケースは少なく、後楽園ホールに一点集中していた。2008年5月19日、ディファ初の世界戦として小堀佑介角海老)がWBA世界ライト級王者ホセ・アルファロから王座KO奪取。

2009年5月26日、ディファでWBC世界フライ級タイトルマッチ、5度目の防衛を目指すチャンピオン内藤と熊朝忠戦が開かれた。これを最後にJBC管轄下の興行は実施されることはなかった。

その他の利用編集

これ以外にもメンズプラザアオキPCAアセット等、CMの撮影も行われている。

東武有明フィールド編集

  • 土地の所有者である東武鉄道がその跡地を「東武有明フィールド」として、2020年春に開業の予定である[4]

所在地編集

  • 東京都江東区有明一丁目3-25

交通編集

周辺施設編集

  • 有明コロシアム - 道路(都橋通り(台場有明北連絡道路))1つ隔てた場所にある。

脚注編集

外部リンク編集