メインメニューを開く

全国中学・高校ディベート選手権

ディベート甲子園から転送)

全国中学・高校ディベート選手権(ぜんこくちゅうがくこうこう - せんしゅけん)とは毎年8月に開催される全国の中学校・高等学校(特別支援学校は中学部・高等部在籍、高等専門学校は在学3年以内)の生徒を対象としてディベートの日本一を決める大会である。通称は「ディベート甲子園」。

目次

概要編集

1996年に第1回大会が開かれ、2005年に第10回大会が記念大会として「愛・地球博」の会場にて行われた。2015年に第20回大会が同じく記念大会として女子聖学院で行われた。

毎年2月下旬に中学校と高校で異なる論題が発表され、6月から7月にかけて全国を7地区(北海道、東北、関東・甲信越、東海、近畿・北陸、中国・四国、九州)に分けて予選となる地方大会が行われ、これを勝ち抜いた中学校24校・高校32校により8月の初めに全国大会として行われる。

2004年までは神田外語大学で開催されていたが、先に記したように2005年大会では第10回の記念大会として「愛・地球博」会場内にあるロータリー館で決勝が行われた(予選は金城学院大学)。 2006年以降の会場は2014年までが東洋大学白山キャンパス)、2015年が女子聖学院中学校・高等学校、2016年から2018年が立教大学(池袋キャンパス)である。

沿革編集

1995年4月に開かれたディベートの夢を語る会の中で「ディベートの全国大会を行いたい。その前段階としてディベートキャンプをやりたい」という声が上がった。

その年の夏に女子聖学院の施設を用いてディベートキャンプが開かれ、瀧本哲史や池田修によるレクチャーが行われた。夏休み後半にはディベート合宿が幕張で開かれ、「日本は学校教育にディベートを導入すべし」という論題で試合をし、ディベートの専門家による様々なテクニックなども披露された。夜にはディベート甲子園開催に向け話し合われ、各団体の協力が確認された。

さらに同年11月には女子聖学院中学校と瑞雲中学校の交流戦が行われ、その夜には関係者によって夜通しでディベート甲子園のルールが作られた。

1996年3月に開かれたキャンプでは読売新聞事業開発部も加わり、本格的にディベート甲子園開催へと動き出した。こうして1996年の第一回大会が開催された。[1]

運営団体編集

主催編集

後援編集

協賛編集

各大会の論題と入賞校編集

1996年 第1回大会編集

1996年 8月1日 - 8月3日

1997年 第2回大会編集

1997年 8月1日 - 8月3日

1998年 第3回大会編集

1998年 7月31日 - 8月2日

1999年 第4回大会編集

1999年 7月30日 - 8月1日

2000年 第5回大会編集

2000年 8月4日 - 8月6日

2001年 第6回大会編集

2001年 8月4日 - 8月6日

2002年 第7回大会編集

2002年 8月2日 - 8月4日

  • 中学:日本は未成年者の携帯電話使用を大幅に制限すべきである。是か非か
    • 優勝:会津若松市立第二中学校福島
    • 準優勝:弥富町立弥富北中学校(愛知)
    • 第3位:神戸大学発達科学部附属明石中学校(兵庫)
    • 第4位:小牧市立光ヶ丘中学校(愛知)
  • 高校:日本は遺伝子組み換え食品の販売を禁止すべきである。是か非か
    • 優勝:創価高校(東京)
    • 準優勝:東海高校(愛知)
    • 第3位:福岡県立修猷館高校(福岡)
    • 第4位:早稲田大学高等学院(東京)

2003年 第8回大会編集

2003年 8月3日 - 8月5日

2004年 第9回大会編集

2004年 7月31日- 8月2日

2005年 第10回大会編集

2005年 8月6日 - 8月8日

2006年 第11回大会編集

2006年 8月5日 - 8月7日

  • 中学:日本はすべての動物園を廃止すべきである。是か非か
  • 高校:日本は道州制を導入すべきである。是か非か
    • 優勝:福島県立会津高校(福島)
    • 準優勝:創価高校(東京)
    • 第3位:秋田県立能代高校(秋田)、徳島文理高校徳島

2007年 第12回大会編集

2007年 8月4日 - 8月6日

  • 中学:日本は小売店の深夜営業を禁止すべきである。是か非か
    • 優勝:創価中学校(東京)
    • 準優勝:神戸大学発達科学部附属明石中学校(兵庫)
    • 第3位:東海中学校(愛知)、岡山白陵中学校岡山
  • 高校:日本は18歳以上の国民に選挙権・被選挙権を認めるべきである。是か非か
    • 優勝:創価高校(東京)
    • 準優勝:北嶺高校(北海道)
    • 第3位:愛知県立千種高校(愛知)、早稲田大学高等学院(東京)

2008年 第13回大会編集

2008年 8月9日 - 8月11日

  • 中学:日本は中学生以下の携帯電話の使用を禁止すべきである。是か非か
    • 優勝:創価中学校(東京)
    • 準優勝:滝中学校(愛知)
    • 第3位:東海中学校(愛知)、岡山白陵中学校(岡山)
  • 高校:日本は労働者派遣を禁止すべきである。是か非か

2009年 第14回大会編集

2009年 8月8日 - 8月10日

2010年 第15回大会編集

2010年 8月7日 - 8月9日

  • 中学:日本はペットの売買を禁止すべきである。是か非か
    • 優勝:岡山白陵中学校(岡山)
    • 準優勝:創価中学校(東京)
    • 3位:東海中学校(愛知)、南山中学校女子部(愛知)
  • 高校:日本は積極的安楽死を法的に認めるべきである。是か非か

2011年 第16回大会編集

2011年 8月6日 - 8月8日

  • 中学:日本は選挙の棄権に罰則を設けるべきである。是か非か
    • 優勝:創価中学校(東京)
    • 準優勝:東海中学校(愛知)
    • 3位:浄心中学校(愛知)、岡山白陵中学校(岡山)
  • 高校:日本は道州制を導入すべきである。是か非か
    • 優勝:北嶺高校(北海道)
    • 準優勝:東海高校(愛知)
    • 3位:滋賀県立膳所高校(滋賀)、創価高校(東京)

2012年 第17回大会編集

2012年 8月11日 - 8月13日

  • 中学:日本は救急車の利用を有料化すべきである。是か非か
    • 優勝:東海中学校(愛知)
    • 準優勝:関西創価中学校(大阪)
    • 3位:北嶺中学校(北海道)、女子聖学院中学校(東京)
  • 高校:日本は死刑制度を廃止すべきである。是か非か
    • 優勝:東海高校(愛知)
    • 準優勝:灘高校(兵庫)
    • 3位:創価高校(東京)、洛南高校(京都)

2013年 第18回大会編集

2013年 8月10日 - 8月12日

2014年 第19回大会編集

2014年 8月8日 - 8月10日

2015年 第20回大会編集

2015年 8月8日 - 8月10日

2016年 第21回大会編集

2016年 8月6日 - 8月8日

  • 中学:日本は地方公共団体の首長の多選を禁止すべきである。是か非か
    • 優勝:岡山白陵中学校(岡山県
    • 準優勝:創価中学校(東京都
    • 3位:渋谷教育学園幕張中学校(千葉県)、愛知県高浜市立高浜中学校(愛知県
  • 高校:日本は国民投票制度を導入すべきである。是か非か
    • 優勝:愛知県立岡崎高等学校(愛知県
    • 準優勝:鎌倉学園高等学校(神奈川県
    • 3位:創価高等学校(東京都)、筑波大学附属駒場高等学校(東京都

2017年 第22回大会編集

2017年 8月5日 - 8月7日

  • 中学:日本は小売店の深夜営業を禁止すべきである。是か非か
    • 優勝:渋谷教育学園幕張中学校(千葉)
    • 準優勝:いわき市立中央台北中学校(福島)
    • 3位:東海中学校(愛知)、洛南高等学校附属中学校(京都)
  • 高校:日本は企業に対する正社員の解雇規制を緩和すべきである。是か非か
    • 優勝:慶應義塾高等学校(神奈川)
    • 準優勝:筑波大学附属駒場高等学校(東京)
    • 3位:桜蔭高等学校(東京)、渋谷教育学園幕張高等学校(千葉)

2018年 第23回大会編集

2018年 8月4日 - 8月6日

  • 中学:日本はすべての飲食店に対して、店内での全面禁煙を義務付けるべきである。是か非か
    • 優勝:熊本市立出水中学校(熊本)
    • 準優勝:開成中学校(東京)
    • 3位:関西創価中学校(大阪)、金城学院中学校(愛知)
  • 高校:日本は国会を一院制にすべきである。是か非か
    • 優勝:開智高等学校(埼玉)
    • 準優勝:創価高等学校(東京)
    • 3位:開成高等学校(東京)、岡山白陵高等学校(岡山)

出場校データ編集

複数回優勝校編集

  • 創価高校(東京) 第2回(1997年)、第7回(2002年)、第8回(2003年)、第9回(2004年)、第12回(2007年)、第19回(2014年)
23回大会のうち13回入賞しており、そのうち6回が優勝である。第9回大会では、大会史上で唯一の3年連続優勝を果たした。また、第12回大会では、大会史上初の中高アベック優勝となった。第19回大会では二回目の中高アベック優勝となった。
  • 東海高校(愛知) 第3回(1998年)、第4回(1999年)、第17回(2012年)
23回大会のうち12回入賞しており、そのうち3回が優勝である。第4回大会では、高校で初めて2年連続優勝を果たした。また、第17回大会では中高アベック優勝となった。
  • 創価中学校(東京) 第3回(1998年)、第4回(1999年)、第6回(2001年)、第12回(2007年)、第13回(2008年)、第16回(2011年)、第18回(2013年)、第19回(2014年)
23回大会のうち14回入賞しており、そのうち8回が優勝である。第4回大会では、中学で初めて2年連続優勝を果たし、第13回大会・第19回大会でも2年連続優勝を果たした。
  • 東海中学校(愛知) 第11回(2006年)、第14回(2009年)、第17回(2012年)
23回大会のうち10回入賞しており、そのうち3回が優勝である。
  • 岡山白陵中学校(岡山)第15回(2010年)、第21回(2016年)
  • 渋谷教育学園幕張中学校(千葉) 第1回(1996年)、第22回(2017年)

連続出場校編集

※第23回大会(2018年)時点で、5年以上連続で全国大会に出場した中学校、高等学校

中学校編集

  • 福岡教育大学附属小倉中学校(福岡):第1回から第20回(連続20回・計21回)※第23回より地区予選においても不参加
  • 小牧市立光ヶ丘中学校(愛知):第1回から第8回(連続8回・計8回)
  • 岡山白陵中学校(岡山):第4回から第9回(連続6回・計15回)
  • 京都教育大学附属桃山中学校(京都):第7回から第14回(連続8回・計13回)
  • 創価中学校(東京):第8回から第21回(連続14回・計20回)
  • 北嶺中学校(北海道):第9回から第17回(連続9回・計12回)
  • 神戸大学附属明石中学校(神戸):第10回から第14回(連続5回・計11回)
  • 東海中学校(愛知):第11回から第23回(連続13回・計14回)※現在継続中
  • 精道三川台中学校(長崎):第11回から第19回(連続9回・計12回) 
  • 会津若松市立第二中学校(福島):第12回から第17回(連続6回・計11回)
  • 渋谷教育学園幕張中学校(千葉):第12回から第16回(連続5回・計12回)
  • 岡山県立岡山操山中学校(岡山):第13回から第17回(連続5回・計7回)
  • 青雲中学校(長崎):第16回から第20回(連続5回・計12回)
  • 愛知県高浜市立高浜中学校(愛知):第17回から第22回(連続6回・計6回)
  • いわき市立中央台北中学校(福島):第18回から第23回(連続6回・計6回)※現在継続中

高校編集

  • 創価高校(東京):第1回から第23回(連続23回・計23回)※現在継続中
  • 東海高校(愛知):第1回から第11回、第13回から第20回(連続11回・計21回)
  • 江戸川学園取手高校(茨城):第1回から第7回(連続7回・計9回)
  • 愛知県立千種高校(愛知):第2回から第16回(連続15回・計18回)
  • 福岡県立修猷館高校(福岡):第4回から第23回(連続20回・計20回)※現在継続中
  • 北嶺高校(北海道):第5回から第23回(連続19回・計19回)※現在継続中
  • 早稲田大学高等学院(東京):第6回から第15回、第17回から第21回(連続10回・計15回)
  • 秋田県立能代高校(秋田):第6回から第12回、第16回から第20回(連続7回・計17回)
  • 滋賀県立膳所高校(滋賀):第7回から第11回(連続5回・計14回)
  • ノートルダム清心高校(広島):第8回から第14回(連続7回・計9回)
  • 青雲高校(長崎):第9回から第23回(連続15回・計19回)※現在継続中
  • 福井県立金津高校(福井):第9回から第14回(連続6回・計12回)
  • 福島県立会津高校(福島):第10回から第23回(連続14回・計14回)※現在継続中
  • 女子聖学院高校(東京):第11回から第17回(連続7回・計12回)
  • 愛知県立岡崎高校(愛知):第11回から第16回、第18回から第23回(連続6回・計15回)※現在継続中
  • 岡山県立岡山操山高校(岡山):第11回から第19回(連続9回・計12回)
  • 福岡県立小倉高校(福岡)第12回から第21回(連続10回・計13回)
  • 南山高校女子部(愛知)第13回から第17回(連続5回・計9回)
  • 開成高校(東京):第17回から第23回(連続7回・計15回)※現在継続中
  • 岡山白陵高校(岡山):第17回から第23回(連続7回・計15回)※現在継続中
  • 洛南高校(京都)第17回から第21回(連続5回・計8回)
  • 慶應義塾高等学校(神奈川)第18回から第23回(連続6回・計9回)※現在継続中
  • 関西創価高等学校(大阪)第19回から第23回(連続5回・計9回)※現在継続中
  • 文徳高等学校(熊本)第19回から第23回(連続5回・計5回)※現在継続中

表彰編集

入賞編集

大会では、中高(特支も含む)それぞれベスト4に入った学校が表彰される。9回大会以降は3位決定戦が行われなくなったため、優勝・準優勝・第3位という表彰となる。第13回大会まで、優勝校には協賛のパナソニックからLet'snoteが1台贈られていた。

ベストディベーター賞編集

中学、高校の決勝に進出した学校の中から、マナーを含め優れたスピーチをした選手各1名に贈られる。[2]

ベストコミュニケーション賞編集

相手の話を正しく聞き、自分の考えをわかりやすく伝えるというディベートに最も必要なコミュニケーションの基礎を重視し、コミュニケーション点の平均が最も高かった学校に贈られる。[2]この賞は単純にコミュニケーション点の平均点だけが審査基準であるため、たとえ予選で敗退した場合でも選ばれることがある

最優秀指導者賞編集

優秀な成績を収めた学校の指導者の中から、特に顕著な功績があったと認められる中学校・高校(特別支援学校も含む)それぞれ1人が最優秀指導者賞に選ばれる。[2]この賞は必ずしも優勝校の指導者が選ばれるわけではなく、具体的な基準は公表されていない。なお、大会に出場する場合は引率者が少なくとも1人必要である。

ディベート教育功労賞編集

ディベートの普及や指導に取り組み、著しい成果を上げたと認められる団体が選ばれる。[2]この賞は大会の成績等には一切関係なく、出場校に贈られることはない。以前は個人賞と団体賞がそれぞれあったが、現在では団体だけとなっている。パナソニックの賞賛を得て「パナソニック賞」という名称も使われている。

その他編集

全国大会講評編集

全国大会の決勝戦(高校の部)では全国教室ディベート連盟(当時・専務理事、現在は理事)の松本茂が10年連続で講評を行っていた。その講評の冒頭で毎年「ディベートって…」という名言を残していた。通例化したものの、もうネタがつきたのではないかと言われていたが、全国教室ディベート連盟監事・渡辺徹など、松本から代わった現在でも「ディベートって…」と言うことが継承されている。第20回大会の公式パンフレットでは記念企画として理事や監事が「ディベートって…」と題し自身にとってのディベートについて語っている。

友情の広がり編集

ディベートはまだあまり一般にはよく理解されておらず、ディベート甲子園参加校は近くにディベートを行っている学校が少ないという状況にある。そうしたなか九州ディベート交流会といった中高生ディベーターを中心とした団体があり、積極的に交流を行い友情を深めている。またディベートラバーズという全国のディベーターの中高生によって構成される団体もある(なお、HPの更新は途絶えているようではあるが2015年現在、SNSなどでの活動がみられる)。

読売旅行編集

例年全国大会出場が決定するのが6月から7月であり、また全国大会が開催されるのが7月の終わりから8月の初めである。これはちょうど夏期休暇の旅行シーズンに重なるので、全国大会出場校にとっては宿泊先の確保が大変である。そのため主催者である読売新聞社の子会社、読売旅行が宿泊先を手配したパックを発売する。

1999年の第4回大会(会場:神田外語大学)では、大会2日目がGLAYの「MAKUHARI MESSE 10TH ANNIVERSARY GLAY EXPO'99 SURVIVAL」という20万人を動員するライブと重なった。ライブは会場近くの幕張メッセ大駐車場で行ったが、同社の力により参加校は幕張プリンスホテルを確保できた。また、2005年の第10回大会では「愛・地球博」が開催されていたため名古屋市内でホテルを確保しにくかったが、希望する参加校分は確保していた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ http://jsgdebate.nobody.jp/txt/rekisi95.htm 及び第20回ディベート甲子園公式パンフレット
  2. ^ a b c d 第20回大会公式パンフレット3ページ

外部リンク編集

関連項目編集