ディヴァン (家具)

ディヴァン英語: Divan)はソファの一種で、もともとは背もたれやひじ掛けがないもので、少し高くなった床に置かれたマットレスで、部屋の壁際や隅などに置かれていた。ペルシャ語起源でアラビア語を通して、トルコ語からきた言葉で、オスマン帝国で広く使われて、その後18世紀にヨーロッパにもたらされて流行し、形状も多少変形した。

「トルコ風に座るLevett氏とGlavany嬢」(ジャン=エティエンヌ・リオタール画、ルーヴル美術館所蔵)

ジークムント・フロイトが患者を座らせて精神分析したのは、ディヴァンであった。

同じペルシャ語起源の言葉に、ペルシャ語・アラビア語の個人の「詩集」を意味する「ディヴァン(詩集)」があり、またペルシャやアラブの国の「庁」・「局」やその長官を意味する「ディヴァン(組織)」があったのは[1]、そうした長官の事務所には沢山の書類があり、そうした家具があったからである。

参照項目編集

脚注編集

外部リンク編集