ディープ・パープル III

ディープ・パープルのアルバム

ディープ・パープル III (原題: Deep Purple) はディープ・パープル1969年に発表した三作目のアルバム

ディープ・パープル III
素晴らしきアートロックの世界(旧題)
ディープ・パープルスタジオ・アルバム
リリース
録音 1969年1月 - 3月
デ・レイン・リー・スタジオ
ジャンル アート・ロック
ニュー・ロック
時間
レーベル イギリスの旗ハーヴェスト(オリジナル盤)
EMI(リイシュー盤)
アメリカ合衆国の旗テトラグラマトン(オリジナル盤)
ワーナー・ブラザース・レコード(リイシュー盤)
日本の旗日本グラモフォン(オリジナル盤)
ワーナーミュージック・ジャパン(リイシュー盤)
プロデュース デレク・ローレンス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 162位(アメリカ[1]
  • ディープ・パープル アルバム 年表
    詩人タリエシンの世界
    (1968)
    ディープ・パープル III
    (1969)
    ディープ・パープル・アンド・ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ
    (1969)
    テンプレートを表示

    解説編集

    内容編集

    第一期最後のアルバム。レコーディングは、ロンドンのデ・レイン・リー・スタジオで1969年1月から3月まで行われた。プロデューサーはデレク・ローレンス、エンジニアはバリー・アインスワースである。

    全8曲の収録曲の中で唯一のカバー曲である「ラレーニャ」の原曲は、ドノヴァンが作詞作曲して1968年10月にシングルとして発表した作品。

    ジョン・ロードの悪夢を歌詞にした「影を追って」はイアン・ペイスが叩き出すアフリカン・リズムが印象的な曲[注釈 1]。「ブラインド」はロードのハープシコードとペイスの激しいドラミングとが対照的で、ワウペダルを用いたと思われるリッチー・ブラックモアのギター・ソロも効果的である。「何故ローズマリーは」の歌詞は映画『ローズマリーの赤ちゃん』に基づいて[2]ロッド・エヴァンスが書いた。

    「4月の協奏曲」は三部構成の組曲でブラックモアとロードの共作である。第一部はブラックモアのギター、ロードのオルガン、ペイスのティンパニが印象的な器楽曲で、女性合唱と混声合唱が入る[注釈 2]。第二部はロードが作曲した室内楽形式の作品[注釈 3]。第三部はエヴァンスのボーカルを含んだ作品。この組曲をもって、ディープ・パープルの第一期の幕は閉じられた。

    ジャケットはルネサンス期のネーデルラント画家であるヒエロニムス・ボスの三連祭壇画『快楽の園』の右翼の通称「音楽地獄」を白黒にして、メンバーの写真を重ねたものである。

    邦題編集

    日本では1969年10月にテトラグラマトン・レコードの原盤が日本グラモフォン(後のポリドール)から『素晴らしきアートロックの世界』という題名で発売された。その後テトラグラマトン・レコードの倒産で廃盤となったが、1973年11月に『ディープ・パープルIII』と改題されてワーナーより再発売された。

    収録曲編集

    LP・A面
    1. 影を追って (Chasing Shadows)– 5:34
    2. ブラインド (Blind)– 5:26
    3. ラレーニャ (Lalena)– 5:05
    4. フォールト・ライン (Fault Line)– 1:46
    5. 画家 (The Painter)– 3:51
    LP・B面
    1. 何故ローズマリーは (Why Didn't Rosemary?)– 5:04
    2. 小鳥は去った (Bird Has Flown)– 5:36
    3. 4月の協奏曲 (April)– 12:10
    Deep Purple (LP)
    • Side One
    #タイトル作詞・作曲時間
    1.「Chasing Shadows (影を追って)Ian Paice, Jon Lord
    2.「Blind (ブラインド)Lord
    3.「Lalena (ラレーニャ)Donovan Leitch
    4.「Fault Line (フォールト・ライン)Ritchie Blackmore, Nick Simper, Lord, Paice
    5.「The Painter (画家)Blackmore, Rod Evans, Lord, Simper, Paice
    合計時間:
    Deep Purple (LP)
  • Side Two
  • #タイトル作詞・作曲時間
    1.「Why Didn't Rosemary? (何故ローズマリーは)Blackmore, Evans, Lord, Simper, Paice
    2.「Bird Has Flown (小鳥は去った)Lord, Evans, Blackmore
    3.「April (4月の協奏曲)Blackmore, Lord
    合計時間:

    参加ミュージシャン編集

    Deep Purple
    その他
    • 室内楽団(「4月の協奏曲」、明記されておらず詳細不明)
    • 混声合唱団(「4月の協奏曲」、明記されておらず詳細不明)

    脚注編集

    [脚注の使い方]

    出典編集

    注釈編集

    1. ^ 次作『ディープ・パープル・アンド・ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ』に収録された「グループとオーケストラのための協奏曲」の第三楽章で、グループ(ディープ・パープル)の演奏部分が始まってまもなく、この曲を連想させるオルガン・ソロとリズムとが登場する。
    2. ^ 混声合唱団が参加していると考えられるが、明記されておらず、詳細は不明である。
    3. ^ 室内楽団が参加していると考えられるが、明記されておらず、詳細は不明である。

    参考文献編集

    • Popoff, Martin (2011), The Deep Purple Family Year By Year Volume One (to 1979), Wymer Publishing, ISBN 978-1-908724-42-7 

    関連項目編集