メインメニューを開く

株式会社ディーライツ: d-rights Inc.)は、かつて存在したコンテンツのプロデュース・著作権の管理などを中心に行う日本企業。アニメ作品を中心にコンテンツの企画や著作権の管理、特にアニメ作品の海外展開を積極的に行っていた[2][3]。2019年10月、ADKエモーションズに吸収合併され解散。

株式会社ディーライツ
d-rights Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
105-0003
東京都港区虎ノ門1-23-1
虎ノ門ヒルズ森タワー
北緯35度39分58.5秒 東経139度45分12.4秒 / 北緯35.666250度 東経139.753444度 / 35.666250; 139.753444座標: 北緯35度39分58.5秒 東経139度45分12.4秒 / 北緯35.666250度 東経139.753444度 / 35.666250; 139.753444
設立 1988年(昭和63年)12月1日
業種 情報・通信業
法人番号 7010001068896 ウィキデータを編集
事業内容 映像の企画・制作、著作権管理、海外販売
代表者 和田修治(代表取締役社長)
資本金 8,000万円
純利益 4億5137万円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 28億2310万6000円(2018年12月31日時点)[1]
決算期 12月31日
主要株主 株式会社ADKエモーションズ 100%
外部リンク https://www.d-rights.com/
特記事項:2019年10月1日、ADKエモーションズに吸収合併。
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1988年(昭和63年)12月 - R&D業務MD業務(ライセンス管理等)を目的としたハドソンの子会社、未来計画株式会社(みらいけいかく)として設立[3]
  • 2001年(平成13年) - 株式取得により三菱商事の完全子会社となり、社名を株式会社ディーライツに変更[3]
  • 2014年(平成24年)12月18日 - アサツー ディ・ケイが株式の過半数を取得し、子会社化[4]
  • 2018年(平成30年)12月20日 - アサツー ディ・ケイが三菱商事が保有するディーライツの株式の全てを取得し100%子会社化[5]
  • 2019年(令和元年)10月1日 - ADKエモーションズに吸収合併され解散。あわせてディーライツの北米子会社Sunrights.Incも商号変更しADK Emotions NY.Incになる[6]

作品編集

テレビアニメ編集

Webアニメ編集

アニメ映画編集

脚注編集

  1. ^ a b 株式会社ディーライツ 第32期決算公告
  2. ^ アニメ企画・開発のディーライツが本社移転、会社ロゴも一新”. アニメ!アニメ!ビズ (2015年8月26日). 2016年8月29日閲覧。
  3. ^ a b c マルチなコンテンツビジネスを展開する「ベイブレード」 グローバル・メガヒットの秘密 (PDF) 」 『アニメ ビジエンス』Vol.1、ジェンコ、2013年8月、 16 - 18頁、2016年8月29日閲覧。
  4. ^ 株式会社ディーライツの株式取得に関するお知らせ”. アサツー ディ・ケイ (2014年12月18日). 2016年8月29日閲覧。
  5. ^ 株式会社ディーライツの株式取得に関するお知らせ (PDF)”. アサツー ディ・ケイ (2018年12月20日). 2019年3月15日閲覧。
  6. ^ 株式会社ADKエモーションズと株式会社ディーライツの合併 および北米子会社の商号変更に関するお知らせ,ADKホールディングス,2019年8月16日

外部リンク編集