ディール・ディフェンス

ディール・ディフェンス (Diel Defence GmbH & Co. KG) はミサイルと弾薬を主力製品とするドイツの軍需企業で、ユーバーリンゲンに本社を置くディール財団の子会社である。2004年にボーデンゼーヴェルケ・ゲレーテテヒニーク (BGT、Bodenseewerke Gerätetechnik GmbH) と ディール・ミューニションシステム (Diehl Munitionssysteme GmbH&Co . KG) が合併してディールBGTディフェンスとなった後、2017年2月にディールBGTディフェンスが持株会社のディール・ディフェンス・ホールディングと合併して現在の社名になった[1]

ディール・ディフェンス
企業形態 有限合資会社
業種 軍需産業
製品 ミサイル、対空防御システム、アクティブ防護システム、ECM、精密誘導弾、弾薬
テンプレートを表示

前身の一つ、ボーデンゼーヴェルケ・ゲレーテテヒニークは、1960年にアメリカのAIM-9B サイドワインダー空対空ミサイルのヨーロッパでの生産を請け負った。この縁で、ディールは新型短距離空対空ミサイル IRIS-T の新型シーカー開発を担当した。

IRIS-Tは、ドイツ空軍を初めとするヨーロッパ各国の空軍が採用している[2]

製品編集

参考文献編集

  1. ^ “Defence business under single roof” (プレスリリース), Diehl Defence, (2017年2月1日), http://www.diehl.com/en/nc/diehl-defence/press/defence-business-under-single-roof.html 2017年2月6日閲覧。 
  2. ^ http://www.deagel.com/Defensive-Weapons/IRIS-T-SL_a001103003.aspx
  3. ^ DM51 entry at WeaponSystems.net Accessed on 11 October 2014
  4. ^ Diehl Defence 2010 Hand Grenade Brochure Accessed on 11 October 2014

外部リンク編集