メインメニューを開く

大黒屋グローバルホールディング株式会社: Daikokuya Global Holding Co., Ltd.)(旧:株式会社ディーワンダーランド)は、東京都港区に本社を置く持株会社

大黒屋グローバルホールディング株式会社
Daikokuya Global Holding Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 9611
1995年2月17日 - 2010年2月9日
本社所在地 日本の旗 日本
141-0022
東京都港区高輪二丁目15番8号
設立 1982年昭和57年)10月14日
(株式会社ティーアンドイーソフト)
業種 小売業
法人番号 4010401087301
事業内容 質屋・古物売買業
不動産賃貸業
代表者 小川 浩平(代表取締役社長)
資本金 40億円
発行済株式総数 3622万3850株
売上高 連結:176億9,384万円
(単独:134万円)
(2013年9月期)
営業利益 連結:23億2,793万円
(単独:▲9,159万円)
(2013年9月期)
純利益 連結:7億7,570万円
(単独:▲8,688万円)
(2013年9月期)
純資産 連結:99億6,300万円
(単独:57億4,232万円)
(2013年9月30日現在)
総資産 連結:159億5,326万円
(単独:57億6,894万円)
(2013年9月30日現在)
従業員数 連結:222人 (単独:0人)
(2013年9月30日現在)
決算期 9月30日
主要株主 大黒屋ホールディングス株式会社 73.9%
オリオン・キャピタル・マネージメント株式会社 17.4%
(2018年3月末現在)
主要子会社 大黒屋 100%
AU 79 LIMITED 100%
関係する人物 横山俊朗
外部リンク http://www.daikokuya-ghd.jp
テンプレートを表示

目次

概要編集

T&E SOFTとして創業し、ハイドライドシリーズ遙かなるオーガスタなどのヒット作品を開発した老舗パソコンゲームソフトハウスが前身。

その後、スクウェア(現スクウェア・エニックス・ホールディングス)のオーナーとして知られる宮本雅史およびスクウェア自身の出資を受けたが資金難に陥り、ゲーム開発事業から撤退した。

オリエンタルランドの資本参加を受け、2003年7月からディズニーワンダーランドサービスを開始するが、不振のため2005年1月31日をもってサービス終了。本サービスをめぐり、ニフティから訴訟を起こされた(2007年和解成立[1])。また、本サービス終了後の主力事業であるソフトウェア開発事業でも顧客の銀座ステファニー化粧品から損害賠償請求で提訴された(2009年和解成立[2])。

2005年4月に旧コンテンツ制作部が独立した株式会社ディープがティーアンドイーソフトの商標権を取得し、ゲーム開発を継続していたが2006年に創業者の横山兄弟の兄俊朗が2003年に設立した株式会社デジタルゴルフに吸収合併され名古屋支社を設立しデジタルゴルフがティーアンドイーソフトのブランド名で開発を続けていた。その後、2008年1月21日に名古屋支社の開発部門を株式会社ティーアンドイーソフトとして分社化、1月30日に株式会社ドワンゴの子会社ゲームズアリーナが株式会社ティーアンドイーソフトの発行済み全株式を取得することを発表、ゲームズアリーナの子会社化(ドワンゴの孫会社化)されたため、現在の株式会社ティーアンドイーソフトは関係がなくなっている。

2006年に質屋業の株式会社大黒屋を買収し、大黒屋が実質的な存続会社に該当するとしてジャスダックの実質的存続性の審査対象となった。審査の結果、不適当な合併と認められ、上場再申請することができず、上場廃止となった。

2015年12月に社名を大黒屋グローバルホールディングに変更した。

沿革編集

  • 1982年10月14日 - 株式会社ティーアンドイーソフト設立。
  • 1990年10月 - クリスタルソフト株式会社と合併。
  • 1995年2月17日 - 株式を店頭登録(現・ジャスダック)。
  • 2001年1月 - ディズニー社と資本・業務提携し、オンライン事業に参入。
  • 2001年3月 - Gama Internet Technology USA, Inc. を子会社化。
  • 2002年5月1日 - 商号を株式会社ディーワンダーランドに変更。
  • 2003年9月 - 株式会社オリエンタルランドが資本参加。
  • 2006年3月30日 - オリオン・キャピタル・マネージメント株式会社を割当先とした第三者割当増資を実施。
  • 2006年3月31日 - 買収のための受皿会社として、有限会社大黒屋ホールディングス(現・株式会社大黒屋)の社員持分を取得し、100%子会社化。同社により、株式会社大黒屋、ザグ株式会社及び株式会社エビスの株式を取得し、それぞれを子会社化。
  • 2006年12月 - 子会社株式会社大黒屋ホールディングス(現・株式会社大黒屋)、株式会社大黒屋、ザグ株式会社及び株式会社エビス合併し、存続会社株式会社大黒屋ホールディングスは株式会社大黒屋に商号変更。
  • 2009年7月 - 森電機株式会社(現・大黒屋ホールディング株式会社)の持分法適用会社となる。
  • 2009年9月18日 - 持株会社体制へ移行。
  • 2010年2月9日 - 上場廃止。
  • 2010年4月 - 本店所在地を品川区から港区に移転。
  • 2013年11月 - アジアグロースキャピタル株式会社(現・大黒屋ホールディング株式会社)の子会社となる。
  • 2015年10月 - AU 79 LIMITEDの株式を取得し、AU 79 LIMITED、AG 47 LIMITED、SPEEDLOAN FINANCE LIMITED、CHANTRY COLLECTIONS LIMITEDを連結子会社化。
  • 2015年12月 - 商号を大黒屋グローバルホールディング株式会社に変更。

脚注編集

  1. ^ 和解による訴訟の解決に関するお知らせ (PDF)”. ディーワンダーランド (2007年5月16日). 2013年1月5日閲覧。
  2. ^ 平成21年9月期 第1四半期決算短信 (PDF)”. ディーワンダーランド (2009年2月2日). 2013年1月5日閲覧。

外部リンク編集