ディー・ライトDeee-Lite)は、アメリカハウスダンス・ミュージック・グループ。結成当初は「Dee-Lite」だったが、テイ・トウワが加入してからは「Deee-Lite」と表記するようになった。

ディー・ライト
Deee-Lite
Preshow shot of Dee-Lite.jpg
左からレディ・ミス・キアー、DJディミトリー、テイ・トウワ
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
ジャンル ダンス・ミュージックダンス・ポップハウス
活動期間 1989年 - 1996年
レーベル エレクトラ・レコード
旧メンバー テイ・トウワ
DJディミトリーロシア語版
レディ・ミス・キアー英語版
DJアニ

概要編集

当時はまだマイナーだったハウス・ミュージックを斬新にポピュラー化して一世風靡した最初のグループ。

当初はロシア人のスーパーDJディミトリーロシア語版とテキスタイル・デザイナーでゴー・ゴー・ダンサーのレディ・ミス・キアー英語版の2人組ユニットとして1987年にニューヨークで結成。その後、日本のテクノ通には有名(坂本龍一サウンドストリートの一般から応募されたデモ・テープを流す人気コーナーの常連)だった、ジャングルDJトーワトーワ(テイ・トウワ)が参加し、1990年にデビュー。「最初の音出しは感動的だったわ。トーワがディー・ライトのサウンドを新しい次元、無限のレベルまで連れてってくれたのよ」(ミス・キアー)[1]

ハンナ・バーベラ・プロダクションのアニメから飛び出して来たかのようなサイケデリック調のド派手なファッションも話題に。それにはジョージ・クリントン率いるパーラメントファンカデリックPファンクからの影響も大きく、実際アルバムにはブーツィー・コリンズなどのPファンカーも参加していて、自らの音を「サンプリング世代のファンカデリック」と位置づけ、「サンプラデリック」と表現していた。

デビュー曲の「グルーヴ・イズ・イン・ザ・ハート」(Groove Is In the Heart)は全米4位の大ヒットを記録した。横浜出身のテイの存在ゆえに、この曲のヒットは日本のマスコミでも大きく取り上げられた。またブーツィー・コリンズ等も登場するPVを制作した中野裕之MTVビデオ・ミュージック・アウォーズで、日本人初のノミネートを受けている。

しかし、2枚目のアルバム『インフィニティ・ウィズィン』(1992年)リリース後に、テイは脱退してしまう。理由として、体調を崩してしまったこと、メンバーとの軋轢、そして家族を持ったことなどを挙げている[2]

その後、新メンバーとしてDJアニを迎え、3枚目のアルバム『デュウドロップス・イン・ザ・ガーデン』(1994年)をリリースするが、グループは1996年に活動を停止する。

2000年には、「グルーヴ・イズ・イン・ザ・ハート」が『チャーリーズ・エンジェル』の映画化作品(2000年版)サウンドトラック盤に収録されたことで再評価され、リバイバル・ヒットした。

メンバー編集

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『ワールド・クリーク』 - World Clique (1990年)
  • 『インフィニティ・ウィズィン』 - Infinity Within (1992年)
  • 『デュウドロップス・イン・ザ・ガーデン』 - Dewdrops in the Garden (1994年)

コンピレーション・アルバム編集

  • 『デュウドロップス・イン・ザ・リミックス』 - Dewdrops in the Remix (1995年)
  • 『ディー・リミックス・ベスト!』 - Sampladelic Relics & Dancefloor Oddities (1996年)
  • 『ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ディー・ライト』 - The Very Best of Deee-Lite (2001年)
  • The Elektra Years (2020年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ フールズ・メイト1990年12月号増刊 MIX#4(ミクスVol.4). 
  2. ^ インタビュー:テイ・トウワ - Time Out Tokyo (タイムアウト東京)”. タイムアウト東京. 2014年10月12日閲覧。

外部リンク編集