デイル・コイン・レーシング

デイル・コイン・レーシング (Dale Coyne Racing) は、アメリカ合衆国のレーシングチーム。オーナーは元レーサーであるデイル・コイン。現在はインディカー・シリーズに参戦している。

歴史編集

チームは1986年にシカゴ・ベアーズハーフバックであったウォルター・ペイトンと共にペイトン・コイン・レーシング (Payton/Coyne Racing) として設立された。デビュー年度は自身で開発したシャシー、DC-1を走らせた。1988年になるとコインはドライバーを引退し、より若いドライバーを起用してチームのマネージメントに集中することとなった。

1997年、ミチェル・ジョルディンJr.が加入し、 STP Most Improved Driver を獲得した。

2000年にはタルソ・マルケス黒澤琢弥アレックス・バロンガルター・サレスの4名のドライバーを起用した。マルケスとバロンは共にシーズンの終了までにキャリアーでのベストの成績を記録した。バロンはオーストラリアおよびフォンタナで2位を記録し、優勝者のエイドリアン・フェルナンデスクリスチャン・フィッティパルディを押さえてのファステストラップを記録している。

2009年にワトキンズ・グレン・インターナショナルでの一戦でジャスティン・ウィルソンによって参戦23年目にしてチーム初優勝。

2020年は日本のチーム郷と提携し、アレックス・パロウをドライバーに起用したが、パロウが2021年はチップ・ガナッシ・レーシングに移籍したのに伴い、提携は1年で終了した。

2021年はフォーミュラ1のシートを失ったロマン・グロージャンを起用している。

所属ドライバー編集

現シーズン(2021年)編集

過去の所属ドライバー編集

外部リンク編集