メインメニューを開く

デイヴィッド・サンボーン

デイヴィッド・サンボーン[1]David Sanborn1945年7月30日 - )はジャズフュージョン界で活躍するサックス白人奏者であり、彼の活躍はスムーズ・ジャズへの影響も深い。ユニークで渋みのあるファンキーなプレイが特徴。歌うように奏でるその音色は「泣きのサンボーン」とも呼ばれる。

デイヴィッド・サンボーン
David Sanborn
David Sanborn (2006).jpg
サンフランシスコはユニオン・スクエアでのパフォーマンス(2006年)
基本情報
出生名 David William Sanborn
生誕 (1945-07-30) 1945年7月30日(74歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州タンパ
ジャンル ジャズフュージョンロックR&Bポップファンク
担当楽器 サックスピアノ
活動期間 1975年 -
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
エレクトラ・レコード
ヴァーヴ・レコード
デッカ・レコード
公式サイト www.davidsanborn.com

略歴編集

1945年7月30日、フロリダ州タンパで生まれ、子供の頃セントルイスに移る。幼少より小児麻痺にかかり、医師の勧めでリハビリを兼ねてサックスをやり始めた。ブルースやジャズに影響され才覚を育てたサンボーンは、10代半ばにはアルバート・キングとも競演した。様々なミュージシャンとセッションをこなし、1975年ワーナー・ブラザース・レコードと契約し、アルバム『テイキング・オフ』でデビューした。

1978年、ピアニスト深町純が中心となり、マイク・マイニエリブレッカー・ブラザーズスティーヴ・ガッドリチャード・ティー等が参加した「ニューヨーク・オールスターズ」にも参加した。

1983年ローリング・ストーンズの『アンダーカヴァー』収録曲「プリティ・ビート・アップ」にゲスト参加。

1991年エレクトラに、2003年ヴァーヴ・レコードに、2008年デッカ・レコード(US)に移籍する。

ディスコグラフィ編集

リーダー作品編集

  • 『テイキング・オフ』 - Taking Off (1975年、ワーナー)
  • 『メロー・サンボーン』 - David Sanborn (1976年、ワーナー)
  • 『流麗なる誓い』 - Promise Me the Moon (1977年、ワーナー)
  • 『ハート・トゥ・ハート』 - Heart to Heart (1978年、ワーナー)
  • 『ハイダウェイ』 - Hideaway (1979年、ワーナー)
  • 夢魔』 - Voyeur (1980年、ワーナー)
  • 『ささやくシルエット』 - As We Speak (1981年、ワーナー)
  • 『バックストリート』 - Backstreet (1983年、ワーナー)
  • 『ストレイト・トゥ・ザ・ハート(ライヴ!)』 - Straight to the Heart (1984年、ワーナー)(第28回グラミー賞(最優秀ジャズ・フュージョン・パフォーマンス))
  • ボブ・ジェームスと共同名義, 『ダブル・ヴィジョン』 - Double Vision (1986年、ワーナー) (第29回グラミー賞(最優秀ジャズ・フュージョン・パフォーマンス))
  • 『チェンジ・オブ・ハート』 - A Change of Heart (1987年、ワーナー)
  • 『クローズ・アップ』 - Close-Up (1988年、ワーナー/リプリーズ)
  • 『アナザー・ハンド』 - Another Hand (1991年、エレクトラ)
  • 『アップフロント』 - Upfront (1992年、エレクトラ)
  • 『ベスト・オブ・サンボーン』 - The Best Of David Sanborn (1994年、ワーナー)
  • 『ヒアセイ』 - Hearsay (1994年、エレクトラ)
  • 『パールズ』 - Pearls (1995年、エレクトラ)
  • 『ラヴ・ソングス - ベスト・オブ・デイヴィッド・サンボーン』 - Love Songs (1995年、エレクトラ)
  • 『ソングス・フロム・ザ・ナイト・ビフォア』 - Songs from the Night Before (1996年、エレクトラ)
  • 『インサイド』 - Inside (1999年、エレクトラ)(第42回グラミー賞(最優秀コンテンポラリー・ジャズ・パフォーマンス))
  • 『タイムアゲイン』 - Timeagain (2003年、ヴァーヴ/GRP)
  • 『クローサー』 - Closer (2005年、ヴァーヴ)
  • 『サンボーン・ベスト! - DREAMING GIRL』 - Sanborn Best ! Dreaming Girl (2008年)
  • 『ヒア・アンド・ゴーン』 - Here and Gone (2008年、デッカ)
  • 『オンリー・エヴリシング』 - Only Everything (2010年、デッカ)
  • 『アンソロジー』 - Then Again: The Anthology (2012年、ライノ・エンタテインメント)
  • ボブ・ジェームスと共同名義, Quartette Humaine (2013年、Okeh)
  • 『タイム・アンド・ザ・リヴァー』 - Time and the River (2015年、Sony Masterworks)

功績編集

グラミー賞編集

タイトル/曲 年度 部門
"All I Need is You" 1982 Best R&B Instrumental Performance
Straight to the Heart 1986 Best Jazz Fusion Performance
Double Vision with Bob James 1987 Best Jazz Fusion Performance
"Chicago Song" 1988 Best R&B Instrumental Performance (Orchestra, Group or Soloist)
"Close-up" 1989 Best Pop Instrumental Performance (Orchestra, Group Or Soloist)
Inside 2000 Best Contemporary Jazz Performance

テレビ出演編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ デヴィッド・サンボーン」の表記もある。

外部リンク編集