メインメニューを開く

デイヴィッド・ジンマンDavid Zinman, 1936年7月9日 ニューヨーク - )はアメリカ合衆国指揮者

デイヴィッド ジンマン
生誕 (1936-07-09) 1936年7月9日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
学歴 オバーリン音楽院ミネソタ大学
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
公式サイト 公式サイト

経歴編集

ヴァイオリンの早期教育をオバーリン音楽院で受けた後、音楽理論作曲ミネソタ大学に学び、タングルウッド音楽センターで指揮活動に着手する。その後1958年から1962年までメイン州ピエール・モントゥーに師事し、1961年から1964年までモントゥーの助手を務めた。1965年から1977年までネーデルラント室内管弦楽団の首席指揮者に、1974年から1985年までロチェスター・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に、1979年から1982年までロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を歴任する。1985年から1998年までボルティモア交響楽団の音楽監督に就任し、シューマンの交響曲集や多くのアメリカ音楽などを含む数々の重要な録音を残すとともに、同楽団を地方のアンサンブルからアメリカ屈指のオーケストラへと育て上げた。米国内外の主要なオーケストラにも客演を続けている。

ジョン・クーリッジ・アダムズボルコムダニエルプールドガティカーニスカーシュナーラウズトーキーら米国人作曲家の作品のボルティモア初演に携わった。

1993年ロンドン・シンフォニエッタを指揮したグレツキの《交響曲 第3番》が全英アルバムチャートで最高6位を記録[1]するなど、CDの国際的なヒットによって指揮者としての名声が広がり、1995年チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の音楽監督・首席指揮者に迎えられ、翌1996年にはアスペン音楽祭の音楽監督に就任するとともに、ジョンズ・ホプキンス大学からピーボディ賞を授与された。トーンハレ管弦楽団とは、ベートーヴェン交響曲全集ならびに序曲全集、ミサ・ソレムニスからなる一連の録音を達成する。これらは、ベーレンライター新全集版と古楽奏法を採用したモダン・オーケストラによるシリーズ物として、国際的に高い評価を得る反面、解釈の妥当性をめぐって賛否両論に分かれた。現在は、ピアノ協奏曲集とヴァイオリン協奏曲の録音を終え、マーラーの交響曲集の録音に着手している。またつい最近では、2005年にトーンハレ管弦楽団を率いてBBCプロムスに客演している。

現在ジンマンは、ニュージャージー州の自宅とチューリッヒを行き来しながら、トーンハレ管弦楽団を指揮しているほか、ウィーン交響楽団シカゴ交響楽団ニューヨーク・フィルハーモニックベルリン・フィルハーモニー管弦楽団にも客演している。

脚注編集