メインメニューを開く

デイヴィッド・ステュアート

デイヴィッド・S・ステュアート(David S. Stuart、1965年 -)は、アメリカ合衆国考古学者マヤ文字碑文研究者

経歴編集

ステュアートはワシントンD.C.に生まれた[1]。父はナショナルジオグラフィックの考古学者として知られるジョージ・E・ステュアート(1935-2014)で、母のジーンもマヤ研究者だった。両親の共著によるマヤ関係の著書もある。両親はデイヴィッドを連れて発掘を行ったために、幼いころからマヤ遺跡に親しんだ。

ステュアートの早熟ぶりを伝えるエピソードはマイケル・D・コウ『マヤ文字解読』第10章にも紹介され、よく知られている。両親につれられてパレンケリンダ・シーリーにはじめて会ったとき、シーリーはステュアートがパレンケの太陽の神殿の石板を24分でほぼ完全に解読したことに驚き[2]、1978年の第3回パレンケ円卓会議に招いた。この会議で12歳のステュアートは最初の学術論文を発表した[3]。1980年末にペテン県ナフ・トゥニッチの洞穴壁画の調査に碑文解読者として父とともに参加し、ハアブの月名パシュが他と異なって表音的に書かれていることを発見した[4]

高校時代からダンバートン・オークスのインターンとして働き、1983年に高校を卒業した後、ダンバートン・オークスで1年間ジュニア研究員をつとめた[2]。1984年には史上最年少の18歳でマッカーサー・フェローに選ばれた[1][5]

1985年にプリンストン大学に入学した。ステュアートは父のジョージが創始した「古代マヤ文字調査報告」に次々と研究を発表した[6]。中でも1987年の「Ten Phonetic Syllables」は、マヤ文字のうち音節文字の音価を決定する手順を例とともに示したもので、その後のマヤ文字解読に大きな影響を与えた[7]

ステュアートはイアン・グレアムリオ・アスルで発見した瓶の銘文を解読し、「カカオ用の瓶」と書かれていることを指摘した。ハーシーの研究所に調査を依頼したところ、実際にチョコレートが検出された[8][9]

  • “The Rio Azul Cacao Pot: Epigraphic Observations on the Function of a Maya Ceramic Vessel”. Antiquity 62: 153-157. (1988). 

ステュアートは土器の銘文が一般的に持ち主、器の形状、および使用目的などから構成されることを指摘した。

  • David Stuart (1989). “Hieroglyphs on Maya Vessels”. In Justin Kerr. The Maya Vase Book: A Corpus of Rollout Photographs of Maya Vases. 1. Kerr Assoc. pp. 149-160. ISBN 0962420808. http://www.mesoweb.com/publications/MayaVase/Stuart1989.pdf. 

1989年にプリンストン大学を卒業した後、ヴァンダービルト大学で研究を続け、1995年に博士の学位を得た。

1993年から11年間ハーバード大学で教え、かつ同校に附属するピーボディ考古学・民族学博物館キュレーターをつとめた[10]。ステュアートは1994年以降イアン・グレアムによる『マヤ神聖文字碑文集成』(CMHI)の作業の協力者だった[11][12]。1997年にグレアムとステュアートはペテン県の新発見の遺跡を訪れ、ラ・コロナと命名した。2001年にステュアートはラ・コロナが、ピーター・マシューズが1970年代に調査して以来長年謎となっていた「Q遺跡」であると判断した[13][14]

2004年にテキサス大学オースティン校の教授に就任した[15]。同大学のメソアメリカセンターの主任でもある[16]

ステュアートはコパンパレンケピエドラス・ネグラス、ラ・コロナ、サン・バルトロなどを主に調査している[15]

脚注編集

  1. ^ a b David Stuart, MacArthur Foundation, https://www.macfound.org/fellows/214/ 
  2. ^ a b David Stuart, Dumbarton Oaks, (2017-06-15), https://www.doaks.org/research/library-archives/dumbarton-oaks-archives/historical-records/75th-anniversary/blog/david-stuart 
  3. ^ Coe (1992) pp.231-233
  4. ^ Coe (1992) pp.238-239
  5. ^ 18-year-old gets award of $128,000, The New York Times, (1984-02-15), http://www.nytimes.com/1984/02/15/us/18-year-old-gets-award-of-128000.html 
  6. ^ Research Reports on Ancient Maya Writing, Center for Maya Research, http://www.precolumbia.org/bearc/CMR/back_issues.html 
  7. ^ Stephen D. Houston; Oswaldo Fernando Chinchilla Mazariegos; David Stuart (2001). The Decipherment of Ancient Maya Writing. University of Oklahoma Press. p. 194. ISBN 0806132043. 
  8. ^ Graham (2010) p.217
  9. ^ Coe (1992) pp.247-248
  10. ^ Graham (2010) pp.480-481
  11. ^ Graham (2010) p.401
  12. ^ Corpus of Maya Hieroglyphic Inscriptions: Associates, Peabody Museum of Archaeology and Ethnology, https://www.peabody.harvard.edu/cmhi/associates.php 
  13. ^ Graham (2010) p.494
  14. ^ Marcello A. Canuto; Tomás Barrientos Q. (2013), “The Importance of La Corona”, La Corona Notes 1 (1), http://www.mesoweb.com/LaCorona/LaCoronaNotes01.html 
  15. ^ a b Dr. David Stuart, The University of Texas at Austin, http://art.utexas.edu/about/people/david-stuart 
  16. ^ The Mesoamerica Center: Staff, The University of Texas at Austin, http://utmesoamerica.org/faculty-staff 

参考文献編集

外部リンク編集