デイヴィッド・ブラウン (映画プロデューサー)

デイヴィッド・ブラウン(David Brown, 1916年7月28日 - 2010年2月1日)は、アメリカの映画および劇場のプロデューサー、著作家。ピーター・ベンチリーのベストセラー小説に基づく映画『ジョーズ』を制作したことで最もよく知られている。

デイヴィッド・ブラウン
David Brown
生年月日 (1916-07-28) 1916年7月28日
没年月日 (2010-02-01) 2010年2月1日(93歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
職業 プロデューサー
配偶者 ヘレン・ガーリー・ブラウン
テンプレートを表示

生涯編集

デイヴィッド・ブラウンは、ニューヨークでエドワード・フィッシャー・ブラウンと最初の妻であるリリアン(旧制:バレン)との間に生まれた[1][2]

ブラウンはスタンフォード大学コロンビア大学ジャーナリズム大学院を卒業した[3]

ブラウンはジャーナリストとして職業キャリアを開始し、『サタデー・イブニング・ポスト』『ハーパーズ』『コリアーズ』などの雑誌に寄稿し、後に編集者になった。彼は、『コスモポリタン』の編集長を妻のヘレン・ガーリー・ブラウンが雑誌に加わるまで務めた。

1951年、プロデューサーのダリル・F・ザナックは、彼のスタジオである20世紀フォックスのストーリー部門のトップとしてブラウンを雇った。ブラウンは後に、クリエイティブ・オペレーション部門のエグゼクティブ・バイスプレジデントに昇進した。1971年に彼は、ダリルの息子であるリチャード・D・ザナックと共に、フォックスを離れワーナー・ブラザースに移ったが、翌年に彼ら独自の制作会社を設立を試みた。

2010年2月1日腎不全のために逝去[4]。93歳没。

プロデュース作品編集

受賞編集

脚註編集

外部リンク編集