デイヴィッド・ラッセル

画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2019年5月

デイヴィッド・ラッセル(David Russell, 1953年6月1日 - )[1][2][3]は、イギリス出身のギター奏者。

グラスゴーの生まれ。幼少期はメノルカ島に住み、アンドレス・セゴビアらのギターのレコードに親しむ。16歳の時にロンドンに戻ってロンドン王立音楽院でヘクター・クインにギターを学び、在学中にジュリアン・ブリーム賞を二度受賞した[4]。1974年の音楽院卒業時にレイフ・ヴォーン・ウィリアムズ・トラストから奨学金を受け、スペインのホセ・トーマスの下で研鑽を積んだ。1975年にはホセ・ラミレス国際ギター・コンクールで優勝し、その後はアンドレス・セゴビア国際ギター・コンクールやフランシスコ・タルレガ国際ギター・コンクールなどにも入賞を果たした。1980年代後半以降はスペインのビゴを拠点に演奏活動を展開する。2014年にアリゾナ大学から音楽の名誉博士号を授与された[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ [1]
  2. ^ 公式サイト
  3. ^ [2]
  4. ^ [3]
  5. ^ DAVID RUSSELL, GUITAR”. アリゾナ大学. 2017年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月31日閲覧。