デイヴィッド・J・ピーターソン

デイヴィッド・ジョシュア・ピーターソン英語: David Joshua Peterson1981年1月20日 - )はアメリカの言語創作者、作家、アーティストである[5]

David J. Peterson
David j peterson 2019 06 03.jpeg
2019年7月のピーターソン
生誕 (1981-01-20) 1981年1月20日(41歳)[1][要非一次資料]
ロングビーチ (カリフォルニア州)[2]
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校カリフォルニア大学バークレー校
カリフォルニア大学サンディエゴ校
職業作家、言語創作者
著名な実績
配偶者Erin Peterson[3]
子供Meridian Peterson [4]

マイティ・ソー/ダーク・ワールドドクター・ストレンジテレビシリーズゲーム・オブ・スローンズなどのテレビ番組や映画のために、ドスラク語ヴァリリア語群などの言語を構築した[6]

生活編集

ピーターソンはカリフォルニア大学バークレー校(1999〜2003年)で学び、英語と言語学で学士号を取得した。カリフォルニア大学サンディエゴ校(2003~06年)では言語学の修士号を取得した。Conlangs Monthly誌のインタビューによると、彼は2000年にエスペラントの授業を受けた後、バークレー在学中に初めて人工言語に触れ[7]、2007年にLanguage Creation Society(言語創作協会)を他の九人の言語創作者と共に設立し、会長(2011~2014年)を務めた[8]

2009年、テレビネットワークHBOGame of Thronesテレビシリーズの架空の言語を必要としており、Language Creation Societyに支援を求めた。これによりコンテストが開催され、ピーターソンが優勝した[9]

ピーターソンは、HBOの『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズではドスラク語ヴァリリア語群を、Syfyの『ディファイアンス』ではキャスティサン語(Castithan)、アイラシエント語(Irathient)、インドジーン語(Indogene)、オメック語(Omec)を作成した。彼は2000年から言語を作成しており[10]、映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』でダークエルフが使用した言語も作成した[11]。ピーターソンの最近のプロジェクトには、NBCの『エメラルドシティ』シリーズ用にインハ語(Inha)とムンジャキン語(Munja'kin)を作成することが含まれている[12]

ピーターソンは、言語作成または「コンランギング (conlanging)」の活動を普及させるために働いてきた。彼はYouTube上でThe Language of Language Inventionと呼ばれるシリーズの多くのビデオを制作し、2015年に同名の本を出版した。ピーターソンは、2017年のドキュメンタリー映画「Conlanging-The Art of Crafting Tongues」のエグゼクティブプロデューサーも務めた[13]

フィルモグラフィー編集

テレビ編集

タイトル 言語/役割
2011–2019 ゲーム・オブ・スローンズ ドスラク語、同名の人々が話す言語。破裂音はないが、接周辞、譲渡可能所有と譲渡不可能所有の区別、5つのがある。これには、 無生物の名詞のみの有標主格が含まれる。

高地ヴァリリア語、かつてヴァリリアで話されていた文語少数集合名詞を含む4つの、8つの 、4つの名詞クラス無声共鳴音 を持っている。

アスタポア(Astapor)で話された高地ヴァリリア語の子孫であるアスタポリ・ヴァリリア語

ミーリーン(Meereen)で話された高地ヴァリリア語の子孫であるミーリーン・ヴァリリア語

マグヌク語(Mag Nuk)、巨人が話す古い言語(Old Tongue)の子孫。これは単音節の孤立語である。1行のみに使用された。

スクロス語(Skroth)、ホワイト・ウォーカーによって話されることを意図した未使用の言語。側面摩擦音がある。

Asshai'i、アッシャイ(Asshai)の住民が話すことを意図した未使用の言語。

森の子らが話すことを意図した未使用の言語であるゲルナ・モウッシャ (Gerna Moussha)。

2013–2015 ディファイアンス Kastíthanuカスティサン語(または単にCastithanカスティサン)、カスティサン人が話す言語。 それは非常に速く話され、主題と動詞の一致がないにもかかわらず広範にpro脱落であり、多くの敬語二十進法の数、そしてFajizwalinoファジズワリノと呼ばれるそれ自身の非常に深いアブギダを持っている。

L'Irathi(または単にIrathient)、アイラシエント人Irathientが話す言語。 それはゆっくりと話され、主要部標示動詞-目的語-主語語順、母音調和、18の名詞クラス、アフリヒリに影響を受けた複数形二十進法の数字を持ち、独自のアブギダはIzraと呼ばれる。

Indojisnen、Indogenesが話す複統合的言語。これは、7進法の数字を使用しており、Hazugimariと呼ばれる独自の素性文字音節文字を、持っている。

Omecオメックが話す言語、Kinuk'aazキヌカアズ。 硬口蓋音はないが、 放出音子音交代、11の類別詞、Zaduuselと呼ばれる独自のアルファベットがある。

Yanga Kayangヤンガ・カヤン、Liberataリベラータが話すことを意図した未使用の言語。それは5つの名詞クラスを持ち、二つの母音音質(母音弱化があるにもかかわらず)のみを区別し、円唇母音唇音舌頂音を完全に欠いている。

2014 Star-Crossed Sondivソンディヴ、Atrianアトリアンが話す言語。 非連結的形態論鼻母音、頻出する目的語-動詞-主語語順、Kwandonクワンドンと呼ばれる独自のアブジャドを持っている。
2014–2015 ドミニオン Lishepus、天使が話す言語。これは、インド・ヨーロッパ祖語およびアフロアジア祖語の語根に基づいており、咽頭音多人称一致を持っている。
2015–2019 ハンドレッド TrigedaslengGroundersが話す言語。英語暗号の子孫である。英語とは異なり、 包括・除外の区別を持つ。
2015 ペニー・ドレッドフル Verbis Diabloは魔女や悪魔が話す言語である。その超自然的性質のために、文法が不安定であり、単語の意味はランダムに変化する。意図的に(時々、音声逆転を通じて)大幅に歪曲されてはいるが、その語彙は古典アラビア語アッカド語、中エジプト語アティック語ギリシャ語ラテン語ペルシャ語トルコ語に基づいている。咽頭音屈折前置詞がある。
2016–2017 シャナラ・クロニクルズ Noalathノアラス、Druidドルイドが話す言語。動詞-主語-目的語順、子音交替重複、5つの名詞クラス母音弱化がある。
2017年 エメラルドシティ 魔女が話す言語、Inhaインハ語。 魔女は互いに話すときに地球の多様性を使用するが、4つの要素のそれぞれに異なる多様性がある。また、exessive忌避格を含む24のがある。

Munja'kinムンジャキン、同名の人々が話す言語。転換指示システムと動詞-主語-目的語語順がある。

2018年 バッドランド〜最強の戦士〜 Azránアズラン、Azraアズラで話されている言語。メキシコ・スペイン語の子孫で、多人称一致がある声調言語である。

映画編集

タイトル 言語/役割
2013 マイティ・ソー/ダーク・ワールド Shiväisithシヴァイシス、ダークエルフが話す言語。フィンランド語にヒントを得た母音調和子音調和、15の、独自の文字であるTodjydheenilと呼ばれるルーン文字にインスパイアされたアルファベットがある。
2016年 ウォークラフト (映画) Orcishオーク語、オークが話す言語。 これは、主要部標示言語である。

Draenei、 同名の種によって話されている言語。 1行のみに使用された。

2016年 ドクター・ストレンジ Nelvayuネルヴァユ、呪文のためにZealotが話す言語。多人称合意を持っている。
2017年 Conlanging: The Art of Crafting Tongues エグゼクティブプロデューサー[13]
2017年 ブライト エルフが話す言語、Övüsi。前後舌母音の両方で唇が丸みを帯びており、忌避格を含む13のと、potential moodと独自のアブギダがある。

Bodzvokhan、オークが話す言語。これには、多人称合意、母音調和咽頭音、Vukhtと呼ばれる独自のアブジャド、キリル文字がある。

2018年 クリスマス・クロニクル Elvishエルフ語、クリスマスエルフが話す言語。その主なストレスは、イントネーションの低下に関連している。
2020年 DUNE/デューン 砂の惑星 Chakobsa、アラビア語由来の言語でFremenにより砂漠の惑星Arrakisで話される[14]

ビデオゲーム編集

タイトル 言語/役割
2018年 伝説対決 -Arena of Valor- Vedaヴェーダ、ヴェーダの住民が話す言語。これは、音素として母音を欠いている孤立語だが、連続動詞構造と独自のアブジャドを持っている。

Afataアファタ、同名の人々によって話されたヴェーダの子孫。多人称合意子音交替apudessive, superessive, delative, initiative, perlative, aversiveを含む18の格を有し、Thalaと呼ばれる独自のアブギダを持つ。

Gandalガンダル、人間によって話されたヴェーダの子孫。過去時制、4つの名詞クラス、無生物名詞のみの三立型格変化システム、接周辞、Shulと呼ばれる独自のアルファベットがある。

Lokheimロクハイムが話したヴェーダの子孫であるG'vunnaグヴナ。多人称合意、母音調和、8つの名詞クラス、Ozと呼ばれる独自のアルファベットがある。

書誌編集

  • Johnston, Susan; Battis, Jes (2015). Mastering the Game of Thrones: Essays on George R. R. Martin's A Song of Ice and Fire. McFarland & Company. ISBN 978-0786496310 
  • Peterson, David J. (2014). Dothraki. Living Language. ISBN 978-0-8041-6086-5 
  •    (2015). The Art of Language Invention. Penguin Books. ISBN 978-0-14-312646-1 
  • Post, Nina; Peterson, David J. (2014). The Zaanics Deceit (Cate Lyr) (Volume 1). Nina Post, LLC. ISBN 978-1-4954-6134-7 
  • Post, Nina; Peterson, David J. (2017). The Zaanics Pursuit (Cate Lyr) (Volume 2). Nina Post, LLC. ISBN 978-1-5376-4745-6 

脚注編集

  1. ^ David Joshua Peterson (born 1981)”. California Birth Index. 2021年9月8日閲覧。
  2. ^ About David J. Peterson”. Dothraki.com. 2013年4月27日閲覧。
  3. ^ David J. Peterson [@Dedalvs] (2013年4月27日). "David J. Peterson referring to his wife" (ツイート). Twitterより2013年4月27日閲覧
  4. ^ About”. Art of Language Invention. 2021年9月8日閲覧。
  5. ^ Dedalvs”. Twitter. 2021年9月8日閲覧。
  6. ^ Creator of 'Game of Thrones' languages coming to Iowa State in February - News Service - Iowa State University” (英語). www.news.iastate.edu. 2018年10月16日閲覧。
  7. ^ “Interview with David J. Peterson”. Conlangs Monthly. (2015年2月). https://www.scribd.com/doc/254356039/Conlangs-Monthly-February-Edition#scribd 2015年2月2日閲覧。 
  8. ^ Minutes for LCS Board Meeting (3/5/2011)”. Language Creation Society. 2016年4月14日閲覧。
  9. ^ “Expert Creates Language for New HBO Series Game of Thrones (プレスリリース), Dothraki.com, (2010年4月12日), http://dothraki.conlang.org/official-hbo-press-release/ 2017年5月14日閲覧。 
  10. ^ Banks, Dave (2010年8月25日). “Interview: Creating Language for HBO’s Game Of Thrones”. Wired. http://archive.wired.com/geekdad/2010/08/a-game-of-thrones-david-j-peterson/ 2014年4月5日閲覧。 
  11. ^ “Thor: The Dark World credits”. The New York Times. https://www.nytimes.com/movies/movie/466585/Thor-The-Dark-World/credits 2013年11月18日閲覧。 
  12. ^ “Creating the languages of Tarsem's fantastical new 'Emerald City'” (英語). Screener. (2017年1月6日). http://screenertv.com/television/emerald-city-oz-languages-game-of-thrones-100/ 2017年1月30日閲覧。 
  13. ^ a b Conlanging, The Film About”. 2017年8月28日閲覧。 “David J. Peterson EXECUTIVE PRODUCER David began work on his first language in 2000 and has been creating languages ever since. He's worked as a language creator on HBO's Game of Thrones, Syfy's Defiance and Dominion, the CW's Star-Crossed and The 100, plus Marvel's Thor: The Dark World. He’s also the author of two books: Living Language Dothraki (2014) and The Art of Language Invention (2015).”
  14. ^ Elderkin. “Game of Thrones Language Builder David Peterson Is Working on Denis Villeneuve's Dune” (英語). io9. 2019年5月7日閲覧。

外部リンク編集