メインメニューを開く

デイヴ・グルーシンDave Grusin, 1934年6月26日 - )はアメリカコロラド州リトルトン出身のジャズフュージョンアダルト・コンテンポラリー及び映画音楽を代表するピアニスト、編曲家、作曲家、プロデューサー。フュージョン/アダルト・コンテンポラリー・レーベルGRPレコード創設者の一人で社長を務めていた。1995年以降はソロ活動に身を置き、後にフィル・ラモーンN2Kエンコーデッド・ミュージックの設立にも参画。

デイヴ・グルーシン
Dave Grusin.jpg
基本情報
生誕 (1934-06-26) 1934年6月26日(84歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コロラド州 リトルトン
ジャンル ジャズフュージョン
アダルト・コンテンポラリー
映画音楽
職業 ピアニスト
編曲家
音楽プロデューサー
レーベル創設者
作曲家
担当楽器 ピアノ/キーボード
レーベル コロムビア
GRP
N2K

代表曲に、映画『コンドル』Three Days of the Condorのテーマ曲、映画『恋に落ちて』Falling in Loveのテーマ曲ともなった"Mountain Dance"(同名のアルバムからの採録)、映画『黄昏』On Golden Pond のテーマ曲等がある。

米国グラミー賞受賞10回、ノミネーション1回、アカデミー賞受賞1回、ノミネーション7回、ゴールデン・グローブ賞ノミネーション4回。

尚、プロデューサーでキーボーディストのドン・グルーシンは実弟にあたる。

目次

バイオグラフィ編集

音楽一家の元で育ち、幼い頃から音楽を学んでいる。1956年コロラド大学音楽科を卒業後、兵役。除隊後再びニューヨークで修学する。1960年代に入ると『アンディ・ウィリアムズ・ショウ』の音楽監督を務め、以後様々なドラマや映画に楽曲を提供していく。この頃よりモダン・ジャズを演奏するようになる。1967年12月にはグルーシンが音楽の一部を担当した映画『卒業』が公開され、同作のサウンドトラック・アルバム『卒業-オリジナル・サウンドトラック』(1968年)により、グルーシンはポール・サイモンと共に、自身初となるグラミー賞受賞を果たした[1]1970年代に入るとクロスオーバーのムーブメントにのりクインシー・ジョーンズセルジオ・メンデスと共に活動の幅を広げる。ギタリストリー・リトナーやサックス・プレイヤー渡辺貞夫とも共演を重ねる。

1972年、元ドラム奏者で、レコーディング・エンジニアのラリー・ローゼンと独立系音楽製作事務所“グルーシン・ローゼン・プロダクションズ”(Grusin/Rosen Productions)を共同設立。後述のヒットメイカーとしての好成績を上げた後、1978年アリスタ・レコード(Arista Records)のディストリビューションのもと、GRPレコード(GRP Records)を設立。その後1983年MCAにディストリビューションを移籍。そして1986年モータウンゲフィンなどと共にMCAに買収される。GRPレコードは、米国でも最大手のフュージョン/アダルト・コンテンポラリー・レーベルの一つとなった。

1972年のGRP設立以降、グルーシンは、パートナーのローゼンとともに、プロデューサーとしてアール・クルーノエル・ポインタートム・ブラウンデイブ・バレンティンボビー・ブルーム横倉裕パティ・オースティンアンジェラ・ボフィルダイアン・シューア等数多のアーティストを輩出した。

リー・リトナーとの合作、『Harlequin』収録「Early A.M. Attitude」で第28回(1985年度)グラミー賞ベスト・アレンジメント部門に受賞している。1988年には、映画『ミラグロ/奇跡の地』でアカデミー作曲賞も受賞している。同年にバークリー音楽大学より、翌1989年には母校であるコロラド大学より、名誉博士号を授与されている。

1994年トミー・リピューマがMCAの取締役に就いたことから、リピューマがGRP社長に就任。その後ローゼンが会長を、グルーシンが副会長を務めている。なお、ビリー・ジョエルなどの作品でグルーシンと関わりのあるフィル・ラモーンによるN2Kエンコーデッド・ミュージックの設立にも関与し、グルーシンはラモーンの制作による『ウェストサイド・ストーリー』をリリースしている。

2000年に再びリトナーとコラボレートし、クラシッククロスオーバーした『Two Worlds』を発表。2008年にもこのクラシック・クロスオーバーの企画の第2弾『Amparo』を発表している。

受賞歴編集

グラミー賞
  • 第10回グラミー賞(1968年分) 最優秀作曲(映画もしくはテレビ向け) 『卒業』 - The Graduate , Dave Grusin & Paul Simon(作曲者)
  • 第26回グラミー賞(1983年分) 最優秀インストゥルメンタル編曲 "Summer Sketches '82"(編曲者)(『ライブ・アット・武道館』 所収)
  • 第28回グラミー賞(1985年分) 最優秀インストゥルメンタル編曲 "Early A.M. Attitude", Dave Grusin & Lee Ritenour(編曲者)(『ハーレクイン』所収)
  • 第32回グラミー賞(1989年分) 最優秀インストゥルメンタル・バックグラウンド作曲アルバム(映画もしくはテレビ向け) 『恋のゆくえ:オリジナル・サウンドトラック』 - The Fabulous Baker Boys(作曲者)
  • 第32回グラミー賞(1989年分) 最優秀インストゥルメンタル編曲(ボーカルあり) "My Funny Valentine"(編曲者)(『恋のゆくえ:オリジナル・サウンドトラック』所収)
  • 第32回グラミー賞(1989年分) 最優秀インストゥルメンタル編曲『ミラグロ/奇跡の地』 - Suite From The Milagro Beanfield War(編曲者)
  • 第34回グラミー賞(1991年分) 最優秀インストゥルメンタル編曲 "Medley: Bess You Is My Woman/I Loves You Porgy"(編曲者)(『ガーシュウィン・コネクション』所収)
  • 第36回グラミー賞(1993年分) 最優秀インストゥルメンタル編曲 "Mood Indigo"(編曲者)(『デュークへの想い』所収)
  • 第37回グラミー賞(1994年分) 最優秀インストゥルメンタル編曲 "スリー・カウボーイ・ソングス"(編曲者)(『オーケストラル・アルバム』所収)
  • 第45回グラミー賞(2002年分) 最優秀インストゥルメンタル編曲(ボーカルあり) "Mean Old Man"(編曲者)(ジェームス・テイラー(『オクトーバー・ロード』所収)
アカデミー賞
その他の賞
  • Charles E. Lutton Man of Music Award Recipient, Phi Mu Alpha Sinfonia Fraternity - 1991年

ディスコグラフィ編集

1960年代
  • Subways are for Sleeping 1962年
  • Piano, Strings, and Moonlight 1963年
  • Kaleidoscope 1964年
1970年代
  • Three Days of the Condor (DRG/EMI) 1975年
  • 『ディスカバード・アゲイン!』 - Discovered Again!(1976年6月録音)(Sheffield Lab) 1976年
  • 『ワン・オブ・ア・カインド』 - One of a Kind (GRP) 1977年(#3."Catavento"が『鶴瓶・新野のぬかるみの世界』のオープニング・エンディング曲に使用された)
  • チャンプ:オリジナル・サウンドトラック』 - The Champ (Varèse Sarabande) 1979年(サウンドトラック)
  • 『マウンテン・ダンス』 - Mountain Dance (GRP) 1979年(#5のタイトル曲はのちに『恋におちて』のテーマ曲に採用された)
  • The Electric Horseman (Varèse Sarabande) 1979年
1980年代
1990年代
  • ハバナ:オリジナル・サウンドトラック』 - Havana (Motion Picture Soundtrack) 1990年(サウンドトラック)
  • 『ガーシュウィン・コネクション』 - The Gershwin Connection (GRP) 1991年(第34回グラミー賞(最優秀インストゥルメンタル編曲)#13."Medley: Bess, You Is My Woman Now/I Loves You Porgy")
  • ザ・ファーム 法律事務所:オリジナル・サウンドトラック』 - The Firm (Motion Picture Soundtrack) 1993年(サウンドトラック)
  • 『デイブ・グルーシン・プレゼンツ・GRPオールスター・ビッグ・バンド:ライヴ・イン・ジャパン!』 - Dave Grusin and the GRP All - Star Big Band 1993年
  • 『デュークへの想い』 - Homage to Duke (GRP) 1993年(第36回グラミー賞(最優秀インストゥルメンタル編曲)#4."Mood Indigo")
  • 『オーケストラル・アルバム』 - The Orchestral Album (GRP) 1994年(第37回グラミー賞(最優秀インストゥルメンタル編曲)Three Cowboy Songs #6, #7, #8, #9)
  • マイ・フレンド・フォーエバー:オリジナル・サウンドトラック』 - The Cure (Motion Picture Soundtrack) 1995年(サウンドトラック)
  • Two for the Road: The Music Of Henry Mancini (GRP) 1996年
  • 狼たちの街:オリジナル・サウンドトラック』 - Mulholland Falls (Motion Picture Soundtrack) 1996年(サウンドトラック)
  • Selena (Original Motion Picture Score) (Angel) 1997年
  • West Side Story (N-Coded) 1997年
  • ランダム・ハーツ:オリジナル・サウンドトラック』 - Random Hearts (Motion Picture Soundtrack) 1999年
2000年代
  • リー・リトナーと共同名義, 『トゥー・ワールド』 - Two Worlds (Decca) 2000年
  • 『ディナー・ウィズ・フレンズ』 - Dinner with Friends (Jellybean) 2001年(サウンドトラック)
  • 『NOW PLAYING:映画テーマ集:ソロ・ピアノ』 - Now Playing: Movie Themes - Solo Piano (GRP) 2005年
  • ザ・ヤクザ』 - The Yakuza (Motion Picture Soundtrack) 2005年(サウンドトラック。3,000部限定。)
  • Lucas limited edition, 2000 copies (Varèse Sarabande) 2006年
  • Author! Author! limited edition, 2000 copies (Varèse Sarabande) 2007年
  • The Scorpio Letters limited edition of 3000 copies (Film Score Monthly) 2007年
  • リー・リトナーと共同名義, 『トゥー・ワールド Vol.2』 - Amparo (Decca) 2008年
  • The Girl from U.N.C.L.E. (Varèse Sarabande) 2008年
  • The Heart Is a Lonely Hunter limited edition, 3000 copies (Film Score Monthly) 2009年
2010年代
  • THE HENRY MANCINI INSTITUTE ORCHESTRAと共同名義, An Evening with DAVE GRUSIN (Heads Up) 2010年
  • One Night Only! (C.A.R.E./Intergroove) 2011年

フィルモグラフィ編集

テレビ出演編集

  • 『Song to soul〜永遠の1曲』 (BS-TBS)第31回

楽曲の主な扱い編集

脚注編集

  1. ^ The Graduate - Simon & Garfunkel | AllMusic - Charts & Awards - GRAMMY Awards

外部リンク編集