デイヴ・デイヴィス

デイヴ・デイヴィス(Dave Davies、1947年2月3日 - )は、イギリスのミュージシャン、ギタリスト。1963年にピート・クウェイフとともにキンクスを結成した。間もなく加わった兄のレイ・デイヴィスがバンドの主導権を握ることとなる。バンドは1990年代初めから活動をほとんど停止しているが、デイヴは作曲家および演奏家としての経歴を続けている。

デイヴ・デイヴィス
Dave Davies
Dave Davies.jpg
基本情報
出生名 デヴィッド・ラッセル・ゴードン・デイヴィス (David Russell Gordon Davies)
生誕 (1947-02-03) 1947年2月3日(73歳)
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ロック
職業 ベーシストチャップマン・スティック奏者
担当楽器 ギター
活動期間 1963年 -
共同作業者 キンクス
公式サイト www.davedavies.com
著名使用楽器
ギブソン・フライングV

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において、2003年は第88位、2011年の改訂版では第91位。

デイヴィスは、1996年に自叙伝『Kink: An Autobiography』を出版した。その中で彼はロング・ジョン・バルドリーと性的関係を含めて、両性具有について詳細に議論した。

2004年6月30日、彼はロンドンBBCエレベーターの中で心臓発作を起こし病院に入院することとなった。当時彼は最新アルバム『バグ』のプロモーション中であった。8月27日に退院。

ディスコグラフィ編集

ソロ・アルバム編集

  • 『デイヴ・デイヴィス』 - Dave Davies (AFL1-3603) (1980年)
  • 『グラマー』 - Glamour (1981年)
  • Chosen People (1983年)
  • 『バグ』 - Bug (2002年)
  • 『フラクチャード・マインズ』 - Fractured Mindz (2007年)
  • I Will Be Me (2013年)
  • Rippin' Up Time (2014年)

デモ・レコーディング編集

  • Fortis Green (1999年)
  • Fragile (2001年)
  • Decade (2018年)

デイヴ・デイヴィス&ラス・デイヴィス編集

  • Purusha and the Spiritual Planet (1998年)
  • Two Worlds by The Aschere Project (2010年)
  • Open Road (2017年)

ライブ&コンピレーション・アルバム編集

  • 『アルバム・ザット・ネヴァー・ワズ』 - The Album That Never Was (1987年)
  • Unfinished Business (1999年)
  • Solo Live - Live Solo Performance at Marian College (2000年)
  • Rock Bottom - Live At The Bottom Line (2000年)
  • Bugged... Live! (2002年)
  • Transformation - Live at The Alex Theatre (2003年)
  • Kinked (2006年)
  • Belly Up (2008年) ※1997年4月29日のライブ
  • Hidden Treasures (2011年) ※シングル、未発表曲等のコンピレーション
  • Rippin' Up New York City - Live At The Winery NYC" (2015年)

コラボレーション・アルバム編集

  • In the Mouth of Madness (1995年) ※サウンドトラック。1曲目のリード・ギター担当
  • Village of the Damned (1995年) ※サウンドトラック

書籍編集

  • Kink: An Autobiography (1996年)

キンクス編集

詳しくは「キンクスの作品」を参照

外部リンク編集