デキムス・ユニウス・ペラ

デキムス・ユニウス・ペララテン語: Decimus Iunius Pera、生没年不詳)は共和政ローマプレブス(平民)出身の政治家・軍人。紀元前266年執政官(コンスル)、紀元前253年監察官(ケンソル)を務めた。

Rmn-social-header-1-.svg
デキムス・ユニウス・ペラ
Decimus Iunius Pera
(D. Iunius D. f. D. n. Pera)
出生 不明
死没 不明
出身階級 プレブス
氏族 ユニウス氏族
官職 執政官(紀元前266年)
ケンソル(紀元前253年)
後継者 マルクス・ユニウス・ペラ
テンプレートを表示

経歴編集

ペラは紀元前266年に執政官に就任するが、それ以前の経歴は不明である。同僚執政官はヌメリウス・ファビウス・ピクトルであった。両執政官はサルシナに対して勝利して凱旋式を実施し、さらにはメサッピア(en)に対する勝利のために任期中に2度目の凱旋式を実施している[1]

紀元前264年に父が死去すると、ペラとその兄弟のマルクスは、父の追憶のためにローマでは最初の剣闘士闘技会を開催している[2][3]。4世紀の帝政ローマの詩人アウソニウスは、トラキア人あるいはトラキア闘士が戦ったとしているが、現在の研究はこれを疑っている[4][5]

紀元前253年に監察官に就任。同僚監察官はルキウス・ポストゥミウス・メゲッルスであった。メゲッルスは任期中に死亡したが、ペラもこれを不吉として辞職している[6]

一族編集

父も祖父もプラエノーメン(第一名、個人名)はデキムスである[6]。但し、父はデキムス・ユニウス・ブルトゥス・ペラであり、コグノーメンの「ブルトゥス」と「ベラ」のうち、「ペラ」だけを受け継いだ。

息子に紀元前230年の執政官、紀元前225年の監察官、紀元前216年の独裁官(ディクタトル)を務めたマルクス・ユニウス・ペラがいる。

参考資料編集

  1. ^ 凱旋式のファスティ
  2. ^ ティトゥス・リウィウスローマ建国史』、16
  3. ^ ウァレリウス・マクシムス、2.4.7.
  4. ^ Ausonius, Griphus 2, 36f .; to this Iunius [I 25].
  5. ^ In: The New Pauly (DNP). Volume 6, Metzler, Stuttgart 1999, ISBN 3-476-01476-2 , division 64.
  6. ^ a b カピトリヌスのファスティ

参考資料編集

  • Friedrich Münzer : Junius 124). In: Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft (RE). Volume X, 1, Stuttgart 1918, Sp. 1076.

関連項目編集

公職
先代
マルクス・アティリウス・レグルス
ルキウス・ユリウス・リボ
執政官
同僚:ヌメリウス・ファビウス・ピクトル
紀元前266年
次代
クィントゥス・ファビウス・マクシムス・グルゲス
ルキウス・マミリウス・ウィトゥルス