デクスター機構(デクスターきこう)は、励起電子状態がある分子(ドナー)から別の分子(アクセプター)へ移動することによる消光機構のことである。 これはドナーとアクセプターの間の波動関数の重なりが必要であるので、一般には15-20Åオーダーの近距離でのみ起こる。 励起状態は1段階もしくは2段階の電子移動によって交換される。

デクスター機構でのエネルギー移動速度定数

ここで、はドナーとアクセプター間の距離、はドナーとアクセプターのファンデルワールス半径の和、は以下で表されるスペクトルの重なり積分である。

参考文献編集

関連項目編集