デクラン・ライス

デクラン・ライス(Declan Rice、1999年1月14日 - )は、イングランドロンドンキングストン・アポン・テムズ区出身のプロサッカー選手プレミアリーグウェストハム・ユナイテッドFCに所属している。ポジションはMFDF

デクラン・ライス Football pictogram.svg
Hertha BSC vs. West Ham United 20190731 (191).jpg
ウェストハム・ユナイテッドFCでのライス(2019年)
名前
本名 デクラン・ライス
Declan Rice
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
アイルランドの旗 アイルランド
生年月日 (1999-01-14) 1999年1月14日(22歳)
出身地 ロンドンキングストン・アポン・テムズ区
身長 185cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ウェストハム
ポジション MFDF
背番号 41
利き足 右足
ユース
イングランドの旗 チェルシー
2014–2017 イングランドの旗 ウェストハム
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2017– イングランドの旗 ウェストハム 132 (5)
代表歴2
2015  アイルランド U-16 3 (0)
2015–2016  アイルランド U-17 6 (2)
2016  アイルランド U-19 6 (0)
2017  アイルランド U-21 5 (0)
2018 アイルランドの旗 アイルランド 3 (0)
2019- イングランドの旗 イングランド 21 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年7月12日現在。
2. 2021年07月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

チェルシーFCのユースチームを経て、2014年にウェストハム・ユナイテッドFCのユースチームに入団。U-23リーグで力を付けた後、プレミアリーグ2016-17シーズン最終戦となった2017年5月22日のバーンリーFC戦の試合終了間際に、エジミウソン・フェルナンデスとの交代で、トップリーグ初出場[1][2]

翌2017-18シーズンの2017年8月19日のサウサンプトンFC戦で、トップリーグ戦初先発[3]。同シーズンは監督がスラベン・ビリッチからデイヴィッド・モイーズに交代する苦しいシーズンで、ライスは10代ながら最終ラインに定着。チームは13位でトップリーグに残留。2018年4月には、クラブが選ぶシーズン最優秀選手の投票に、マルコ・アルナウトヴィッチに次ぐ支持を集めた。

2018-19シーズンのマヌエル・ペレグリーニ体制では新加入のジャック・ウィルシャーらの怪我の影響もあって4-1-4-1のボランチの位置に収まる。2019年1月12日のアーセナルFC戦では、サミル・ナスリのアシストから、プロ初ゴールを決めた[4]。ペレグリーニ体制で欠かせない戦力となり、そのポテンシャルの高さもあってシーズン終了後にはレアル・マドリードが興味を示すなど、案の定強豪からの関心を集めた。

代表経歴編集

ロンドン出身ながら、祖父母がアイルランドコーク出身だった関係で、代表チームはユース世代から2018年まではアイルランド代表でプレー。U-17、U-19代表の最優秀選手に選出されるなど注目された。

2018年3月23日のトルコとの親善試合で、19歳でフル代表デビューを果たした[5]。しかし、同年末にイングランド代表入りを目指すことを宣言。2019年3月に初招集を受けた[6]。一方でこの代表鞍替えにアイルランド代表サポーターは激怒し、ライス自身も脅迫を受けた[7]。2020年11月18日、UEFAネーションズリーグのアイスランド戦で代表初得点を決めた。

2021年、UEFA EURO 2020ではレギュラーポジション得て、チームの準優勝に貢献した[8]

脚注編集

  1. ^ Buruley 1 - 2 West Ham”. BBC.com (2017年5月22日). 2018年7月8日閲覧。
  2. ^ Rice ― It's dream come true”. whufc.com (2017年5月22日). 2018年7月8日閲覧。
  3. ^ Declan Rice starts for West Ham against Southampton and Michail Antonio returns”. football london (2017年8月19日). 2018年7月8日閲覧。
  4. ^ プレミア再デビューのナスリの恩返しアシストからライスが初ゴール! ハマーズがアーセナルを撃破!”. 超ワールドサッカー (2019年1月12日). 2019年1月12日閲覧。
  5. ^ New faces fail to inspire Ireland in Turkey”. the 42. ie (2018年3月23日). 2018年7月8日閲覧。
  6. ^ イングランドがユーロ予選に向けた招集メンバーを発表! 国籍変更のMFライスが初招集《ユーロ2020予選》” (2019年3月14日). 2019年3月14日閲覧。
  7. ^ ライス、代表変更後に脅迫されていたことを明かす「実際に恐れることはなかった」サッカーキング 2019年9月10日
  8. ^ イタリア、53年ぶりEURO優勝の立役者は…イングランドではGKピックフォードが最高評価”. ヤフーニュース (2021-0712). 2021-0712閲覧。

外部リンク編集