デジタル市場法Digital Markets Act, DMA)は、欧州委員会の立法提案[1]であり、大企業の市場支配力の乱用を防ぎ、新規参入を可能にすることで、欧州のデジタル市場における競争の高度化を図ることを目的としている。指定されたゲートキーパーの義務を定め、違反した場合には、全世界売上高の10%を上限とする罰金などの制裁措置が講じられる[2] [3]

規則 COM/2020/842 final
欧州連合規則
EEA適用対象
名称 "Proposal for a regulation of the European Parliament and of the Council on contestable and fair markets in the digital sector (Digital Markets Act)"
適用範囲 Digital firms considered as "Gatekeepers" due to their significant market power
制定者 European Commission
法源 Article 114 of the TFEU.
EU官報 COM/2020/842 final
歴史
各国導入期限 Not before 2023
立法審議文書
欧州委員会提案 15 December 2020
提案中

この規制の対象となるのは、欧州連合内で運営されている最大規模のデジタルプラットフォームである。これらのプラットフォームは、一部のデジタル分野において市場で「持続的な」地位を占めていることや、ユーザー数、売上高、資本金などに関する一定の基準を満たしていることから、「ゲートキーパー」とも呼ばれている[1] [3]。ゲートキーパーのリストはまだ発表されていないものの、「ビッグテック」、つまりGAFAM(グーグルアマゾンフェイスブックアップルマイクロソフト)がこの法律の主要な対象になる可能性が高いが、それだけには限られない[2]

義務のリストには、同じ企業に属する2つの異なるサービス(たとえば、FacebookWhatsapp[4])から収集されたデータを結合することの禁止や、プラットフォームのビジネスユーザー(広告主とパブリッシャーを含む)の保護に関する規定、プラットフォームが自社製品を宣伝するために使用する自己優遇手段に対する法的措置(Google検索を使用した際のGoogle製品を優遇した検索結果[5])、一部のサービスのプレインストールに関する条項(Google Android[6])、バンドル慣行に関連する規制、相互運用性を確保するための規定、ポータビリティ、およびプラットフォームの企業およびエンドユーザーによるデータへのアクセスを確保するための規定などが含まれている[7] [2]

欧州委員会によると、この法案の主な目的は、欧州単一市場内外のビッグテック企業の行動を規制することである[8]。欧州委員会は、「勝者がすべてを手にする」という構図がしばしば見られる、高度に集中したデジタル欧州市場において、公正な競争水準(「公平な競争の場」 )を保証することを目指している[3]


デジタル市場法は、8つの異なるセクターを対象としており、これらはコア・プラットフォーム・サービス(CPS)とも呼ばれている。これらのCPS、つまりオンライン検索エンジン(例: Google検索)、オンライン仲介サービス(例: Google PlayApp Store)、ソーシャルネットワーク、ビデオ共有プラットフォーム(例:YouTube)、コミュニケーションプラットフォーム(例:WhatsAppGmail)、広告サービス、オペレーティングシステム(例:Google Android)、クラウドサービス[7] [1]は、市場の競争性に一定の影響を与えるゲートキーパーの存在により、欧州委員会から問題視されている。

この提案は、2020年12月15日に欧州委員会から欧州議会および欧州連合理事会に提出された。DMAは、デジタルサービス法(DSA) とともに欧州のデジタルの未来を形作る」と題された欧州デジタル戦略の一部である[8]。DMAは、フォン・デア・ライエン委員会のメンバーとして、デジタル時代に適合した欧州を担当する欧州委員会の上級副委員長であるマルグレーテ・ベステアーと、 域内市場担当のティエリー・ブルトン委員によって発表された。

この提案は、欧州議会理事会の承認が必要なため、実施されるのは2023年になる見込みである[9]

歴史的背景編集

デジタル市場に関して欧州連合内で適用されている現行のルールは、欧州および各国の法律に由来している。このような状況下で、EUにおける競争ルールの基礎は、欧州連合機能条約(TFEU)第101条および第102条によって確立されている。第101条では、加盟国間の取引に影響を与えたり、共通市場における競争を減退させる可能性のある反競争的な協定や協調行為を扱っている。第102条は、支配的地位の濫用を取り締まることを目的としている[10]。したがって、共通市場で活動するすべてのプレーヤーは、これらの規定の対象となる。欧州および各国の当局は、これらの対象となっていない構造的な問題を考慮して、現行の法律を強化する必要性を指摘している[11]。さらに、欧州連合司法裁判所(CJEU)の判例法は、その動的な性質と最新の判決によってもたらされた明確化を考慮すると、言及されるべき重要な側面でもある[12]

デジタル市場法は、2014年から2019年の間にユンカー委員会によって行われた立法の進展に沿ったものである。ユンカー委員会の任期中には、デジタル単一市場に関して、以下の分野をカバーする28の立法案が導入された。これらの法案は、人と資本の自由な移動を確保しつつ、欧州の法律を現在の課題に適応させることを目的として提出されたものである[13]。これらの法整備は、欧州のデジタル分野における長期的な戦略の実施に貢献している。例えば、これらの修正は、コネクティビティ、データ経済、デジタル公共サービスを促進するために指定された35の新しい措置の実施につながり、また、統合的な方法でデジタル分野における権利を強化することを目的としている[14]

EUのデジタル関連法の中で最も重要なものの一つは、EUの著作権ルールによって代表される。これにより、33の分野における労働者の保護、支払い、正当な認識が可能となり、創造性に報い、クリエイティブな分野への投資を促進することを目的としている[13]。もう1つの関連する成果は、2016年のGDPRの導入であると考えることができる。この規制は、個人データの利用と流通に関する欧州の新たな枠組みを定めたものであり、主要なデジタルプレイヤーに大きな影響を与えている[15]。さらに、オンラインプラットフォーム上の中小企業や取引業者にとっての、公正で透明性のある予測可能なビジネス環境を構築するために、企業間取引慣行(P2B)に関する規則が制定されている。この法律は2020年7月に適用され、市場の歪みを防ぎ、健全な競争を促し、不公正な行為を禁止している[16]

デジタル市場法の目的編集

デジタル市場法は、特にビッグテック企業を対象としている。DMAは、おそらくはAppleGoogleFacebookAmazonを含む、ユーザー数、資本金、市場支配力、売上高に応じた特定のプラットフォームを「ゲートキーパー」として分類し、新たな義務を課すことを提案した。大企業が市場支配力を乱用することを防ぎ、中小企業や新規参入者が市場に参入できるようにすることを目的としている。

デジタル市場法の理論的根拠編集

2020年12月、欧州委員会は、消費者福祉を保護し、欧州連合のデジタル市場における公平な競争条件を回復することを意図してデジタル市場法案を発表した[3]。現在、経済は、オンラインプラットフォームを通じて行われる活動によって大部分が牽引されている。少数のオンラインプラットフォームが、何百万もの個人や企業の生活において重要な役割を果たすようになっている。プラットフォームは、消費者と企業の間の取引のかなりの部分を仲介しているため、多くの企業がこれらの重要なプラットフォームに極度に依存しているのである[17]

下の表を見ると、EUのデジタル市場は、GoogleやFacebookなどの企業が特定の市場セグメントのほぼ全体を支配しており、高い集中度に直面していることがわかる[17]。過去には、イノベーションによって市場勢力が再編され、潜在的な競争相手の参入が容易になることを示す例もあった。例えば、FacebookはMySpaceに取って代わり、GoogleはAltaVistaを凌駕し、 MSNメッセンジャーはインターネットで使用される主要な通信プラットフォームとして追い抜かれた。しかし、MySpaceやAltaVistaの支配的な地位は数年しか続かなかった一方、GoogleやFacebookは時間をかけて支配的な地位を確立したようである[3]。デジタル経済の専門用語では、これらの企業はデジタル仲介プラットフォーム[18]として定義されており、オンライン経済活動の中核を成している[19]。つまり、プラットフォームは、市場のさまざまな側面(通常は消費者またはエンドユーザーとビジネスユーザー)の経済主体のグループ間の相互作用をリンクし、促進するのである[20]

セクター 支配的企業 EU市場のシェア[17]
デスクトップOS Microsoft Windows 78%
ウェブブラウザ Google Chrome 60%
検索 Google検索 95%
ソーシャルメディア Facebook 90%
Eコマース Amazon ユーザーの30%のシェア、市場収益の60%
旅行/予約 Booking.com 35%
ビデオストリーミング NetflixAmazon Prime VideoHBOSky 、 Dazn 市場収益の90%
オーディオストリーミング Spotify

Apple Music/Amazon

55%

25%

モバイルOS(グローバル市場) [21] Google Android

Apple iOS

72%

27%

ナミュール大学の欧州法教授であり、EU競争法の専門家であるAlexandre de Streel氏が認めているように、デジタルプラットフォームの中には、特にGAFAMのようにゲートキーパー機能を持っているものもある。ゲートキーパーとは、仲介プラットフォームが、他の場所では到達できない多数の市場参加者に対する主要な「ボトルネック」として機能する能力のことを指す。その背景には、(1)供給側の重要な規模の経済、(2)需要側の強い直接・間接的ネットワーク効果、(3)データに基づく競争優位性、(4)高いイノベーション率、(5)生態系全体を構成するコングロマリットの発展、などの市場原理がある[18]。さらに、これらの要素が組み合わさることで、「勝者が最も多くを手にする」シナリオに沿った市場力学が生じる可能性がある[3]

例として、(消費者ベースで)大きなOSと小さなOSで形成されているモバイル・オペレーティング・システム(OS)の仮定的な市場を考えることができる。特定のOSを使用する人の数が多いほど、アプリ開発者にとってそのOSは魅力的であるという仮定に従うと、このような状況では、最大規模のOSはより強い間接的ネットワーク効果の恩恵を受けることになる。つまり、開発者は、より多くの顧客層とより大きな市場にリーチできるため、自分のアプリに最大のOSを採用する傾向がある。このような要因から、大規模OSと小規模OSが提供する利益の差は、時間の経過とともに大きくなると予想される。また、大規模OSは、競合他社よりも多くのデータを収集・処理し、品質の向上を支える側面もある。これと並行して、小さなOSは、顧客とアプリ開発者の両方にとって魅力がなくなり、最終的には市場から消えて、大きなOSがすべてを手にすることになるだろう。MicrosoftのExperiences and Devices部門の現Corporate Vice PresidentであるJoe Belfioreによると、Microsoftがモバイル市場から撤退することになった理由の一つは、自社のOSに十分な数のアプリメーカーを引き付けることができなかったことである[3]

ここ数年、一部のデジタル巨人の経済的な力に関して、世界中の当局から深刻な懸念が表明されている。欧州では、欧州委員会が、EU競争法における長年の執行経験[2]を背景に、これらの仲介プラットフォームの一部が、それぞれの市場セグメントにおいて「ゲートキーパー」または「ストラクチャリング・プラットフォーム」と見なされる可能性があることを指摘している[17]。さらに、ビッグテック企業が、(既存の市場における)支配的な地位を固定し、その影響力のレベルを高め、新しい活動分野で主導的な地位を得るために、その市場力と交渉力を違法に利用する可能性があるという懸念を表明している。したがって、これは、コアサービスや補助的サービスにおける既存企業に不当な利益をもたらし、競争を歪め、長期的には価格の上昇や選択肢の減少を通じて消費者に損害を与えるものと解釈することができる。 EU競争法の下では、「支配的地位」に到達することは決して違法とは見なされず、「勝者が最も多くを手にする」シナリオを意味するわけでもない。しかし、支配的な地位を固定したり、第三者に不当な条件を課したりする行為は、違法として扱われる可能性がある[3]

このアプローチの背景にある経済学は、企業の行動によって生み出される効果が、競争を促進する結果と同時に反競争的な結果をもたらすことが多いことを考慮すると、必ずしも単純ではないことに留意する必要がある。ある特定のデジタルプラットフォームが、消費者に幅広い製品やサービスを提供することで、支配的な地位を占めるコア市場から別の関連市場へと拡大することを決定した場合、これはバンドルの例とみなされるかもしれない。 マイクロソフト社の場合、クラウド型のOfficeソフトウェアにTeamsがバンドルされたことで、Microsoft OfficeソフトウェアのすべてのユーザーがMicrosoft Teamアプリケーションを自由に利用できるようになった。これは一方では、共通の事業者が提供するさまざまな製品間の相乗効果を高めることになるため、消費者にメリットをもたらすことができる。一方で、同じ行為は、効率的なニッチ競争相手の排除につながる可能性もあり、補完的な製品の効率的な提供者に影響を与えたり、潜在的な競争相手が市場に参入するのを妨げたりして、結果的にマイクロソフトの成長の犠牲として市場を封鎖することになる[18]

したがって、ゲートキーパーの行動によって発生する経済的影響は、その選択が様々な価値、権利、利益のセットに依存していることを考慮して、トレードオフの形で解釈することができる。上記のトレードオフ傾向の例は、短期間の競争と長期的な競争の関係と考えることができる。したがって、マイクロソフトの前述のバンドル行為を再確認すると、短期的には消費者厚生が向上する可能性があるが(短期的な競争)、同時に、競争が減少し、マイクロソフトがさらなる革新を行うインセンティブの欠如により、長期的には消費者に悪影響を与える可能性もある。さらに、別の考えられるトレードオフは、競争とイノベーションの間の関係性から派生する可能性がある。ゲートキーパーによる新興企業の買収は、前者によってもたらされた基礎的なイノベーションの開発および/または普及に貢献する可能性があるが、これは長期的には消費者に不利益となる可能性がある[18]

デジタル市場法に関する提案は、デジタル市場の競争性を高め、高い水準の公正さを確保することを目的としている[22]。欧州委員会は、このような明確な目的を設定することにより、既存企業よりも新規参入者の活動や発展を促進することで、イノベーションを促進しようとしている。DMAは、一方ではゲートキーパーの行動範囲を制限することを意図しているが、同時に、既存企業に競争への開放を強制しているのである[3]

ゲートキーパーを定義する基準編集

EU競争法は反競争的慣行が実施された場合にのみ適用できるという事実を念頭に、各種文献において、事前規制に関して大規模な議論が開始された。既存のツールの有用性と効率性が疑問視されるようになると、デジタル市場法のリリース前に行われた議論は、ゲートキーパーの特定、義務の設定、およびゲートキーパーに非合法化されるべき潜在的な行為に焦点が当てられた[23]

同じように、学者たちは、大規模なオンラインプラットフォームが「企業と市民の間のデジタルゲートキーパーとして機能する」という結論に達した[23]。現時点では、この用語の明確な定義は確立されていないが、通常、「オンラインサービスを提供するプラットフォーム(オンラインマーケットプレイスなど)またはオンラインサービスへのアクセスを制御および影響するプラットフォーム(...)であり、それによってエコシステム全体をコントロールし、デジタル分野における競争やイノベーションに強い影響を与える」ものを指すと言うことができる[23]

このような状況を受け、デジタルサービス法が採択される直前に、欧州委員会は、ゲートキーパが影響を及ぼす市場が公正で競争的な状態を維持できるように、大規模なオンラインプラットフォームを規制する意図を公表した。欧州委員会は、 デジタル市場法を通じて、現行の競争ルールの限界に対処するための「事前規制手段」の導入を目指したのである[23]

プラットフォームをデジタルゲートキーパーとして分類するには、定量的条件と定性的条件の組み合わせが必要となる。定量的基準には、「市場シェア、プラットフォームの運用によって影響を受けるユーザーの数、ユーザーがプラットフォームのWebサイトに費やした時間、およびプラットフォームの年間経済的利益」の指標が含まれる[23]。すなわち、以下の側面が分析される[23]

  • 「当該コア・プラットフォーム・サービスが属する企業が、過去3会計年度のEEA年間売上高が65億ユーロ以上、または平均時価総額が650億ユーロ以上であり、少なくとも3つの加盟国でコア・プラットフォーム・サービスを提供していること」[23]
  • 「ビジネスユーザーがエンドユーザーに到達するための重要なゲートウェイとなるコア・プラットフォーム・サービスを運営していること。この基準は、直近の会計年度において、コア・プラットフォーム・サービスのエンドユーザーの月間アクティブ数が4,500万人を超え、かつEU域内で設立されたビジネスユーザーの年間アクティブ数が1万人を超えた場合に満たされるとされる」[23]
  • 「当該事業において、定着した持続的な地位を享受しているか、近い将来にそのような地位を享受することが予見できること。これは、過去3会計年度のそれぞれにおいて、2点目の閾値を満たすことを意味する。」 [23]

一方、質的基準は評価が難しいものの、プラットフォームがアクセスをコントロールする能力や、支配的な地位を活用する能力など、いくつかの変数を考慮に入れることができる。検索エンジンやマーケットプレイスとして設計された大規模なプラットフォームは、デジタルゲートキーパーとして認識または言及される可能性があるが、旅行や音楽などの他の活動をテーマとする企業が自動的に同じカテゴリーに含まれるかどうかは明らかではない。立法案ではこれらの閾値を満たす事業について明確に言及されていないものの、GAFAMはDMAの対象となることが予想されている[23]

同時に、市場調査により、当該基準値の一部のみをカバーするコア・プラットフォーム・サービスの提供者であっても、欧州委員会によりゲートキーパーと認定される可能性があることを明記しておく必要がある[24]。評価を行うにあたり、欧州委員会はこれらの要素の予見可能な発展を考慮しなければならない。

「定量的閾値を満たすコア・プラットフォーム・サービスの提供者が(…)、欧州委員会が命じた調査措置を著しく遵守せず、その提供者が合理的な期限内に遵守し意見を提出するよう求められたにもかかわらず、その失敗が継続する場合、欧州委員会はその提供者をゲートキーパーに指定する権限を有する」[24]
「量的閾値を満たさないコア・プラットフォーム・サービスの提供者が、欧州委員会が命じた調査措置を著しく遵守せず、その提供者が合理的な期限内に遵守し、意見を提出するよう求められた後もその失敗が継続している場合、欧州委員会は入手可能な事実に基づき、その提供者をゲートキーパーに指定する権限を有する」[24]

デジタル市場法の提案の重要性と革新性に鑑み、複数のステイクホルダーが、デジタルゲートキーパーを特定する目的でテストを適用するためのシナリオを提案した。英国競争市場局は、「戦略的市場地位」を有することが知られている企業に対して事前規制を実施することを提案した。そして、考慮すべき3つの要素として、「規模とスケール」、「他の活動分野で市場力を活用する能力」、「消費者と企業の両方にとってのアクセスポイントの地位を保持していること」を提案した。さらに、Centre on Regulation in Europe(欧州規制センター)は、より詳細な分析を発表し、オンラインプラットフォームが次の4つの累積的な基準を満たす場合、事前規制が適用されるべきであるとしている。すなわち、規模が大きいこと、他の事業者が依存している地位を占めていること、(参入障壁が高いため)持続的なゲートキーパーの地位を有していること、ゲートキーパーがエコシステムをコントロールしていること、である[23]

新しい「事前」規制編集

デジタル市場法では、ブラックリストに載せるべき行為と、ゲートキーパーとして認定されたプラットフォームが遵守すべき義務のリストを定めている。このリストは、一般的なブラックリスト化された行為(第5条)と、特定が必要なケースバイケースの評価(第6条)の2つの異なる部分に分かれている。

義務と禁止を定義するさまざまな方法は、学者とステイクホルダーの間でいくつかの議論を引き起こした。専門家の中には、反競争的な影響と考えられる正当な理由とのバランスを重視するアプローチを支持する人もいれば、特定の慣行を最初から禁止することを支持する人もいる[23]。De Streelは、新しい義務を次の共通領域に関するものとして分類している。 [7]

  • 仲介における透明性
  • 抱き合わせや自己優先による囲い込み、プラットフォームとデータへのアクセス
  • エンドユーザーとビジネスユーザーの移動性
  • 不公正な慣行の制限

これらの慣行は、過去の判例法に由来することが多く、欧州委員会によって不公正と見なされている[2]。つまり本提案は、「事後的」なケースを用いて「事前的」な規制を新たに設け、問題を根本から解決しようとしているのである[7]

関連するセクター(コア・プラットフォーム・サービス)編集

デジタ市場法は、コア・プラットフォーム・サービス(CPS)とも呼ばれる8つの異なるセクターをカバーしている。欧州委員会は、ゲートキーパーの存在が市場の競争力を一定程度妨げていることを問題視している[1] [17] [7]。なお、欧州委員会はゲートキーパーとして認定される企業のリストをまだ公表しておらず、以下のセクションで紹介する企業はすべて可能性のある例にすぎないことには留意する必要がある[2] [7]

特定されたゲートキーパーに対する新しい義務編集

  • Googleなどの企業がGoogle検索の結果に自社製品をよりよく表示させるために行っている「自己参照」と呼ばれる行為を防ぐ。
  • ゲートキーパー企業は、人々の個人データを再利用することも禁止される可能性がある。たとえば、 Facebookは、その子会社であるWhatsAppから取得したデータの使用を制限される可能性がある。
  • プラットフォームのビジネスユーザーに対する権利を保証する[2]。たとえば、AppleがApp Storeを介して締結されたすべての取引に30%の手数料を課すことを防ぐ可能性がある。
  • ゲートキーパーであるプラットフォームが、ビジネスユーザーに対して、プラットフォーム上で最良の条件を提示することを強要することを防ぐ可能性がある(たとえば、Amazonは、Amazon電子書籍市場に最良の条件を適用するように電子書籍発行者に課した)[2]
  • 一部のソフトウェアにプリインストールされているアプリケーションを削除する権利に関するルール(Google Androidのケースなど)[2]
  • プラットフォームのビジネスユーザー(広告主と発行者を含む)の保護権。 [2]
  • いくつかの抱き合わせ慣行の禁止[7] [2]
  • プラットフォームのビジネスユーザーおよびエンドユーザーに、より高度なデータのポータビリティ、相互運用性、およびデータへのアクセスを確保するための規定[2]
  • 新しい義務を遵守しない企業は、全世界の売上高に対して最大10%の罰金を科せられる可能性がある。

次の2つのセクションでは、それぞれのルールを詳細に説明し、場合によっては、委員会がそれらを含めることを決定した具体的な例にも言及する。

ブラックリストに掲載される行為編集

このリストは、不公正な取引方法に対処するための7つの義務と禁止事項で構成されている。特定されたゲートキーパーは、その活動分野や個別の特性に関わらず、これらの規定を尊重しなければならない。さらに、本提案の第5条には[1]、オンラインプラットフォームに対する一般的な禁止事項だけでなく、特定の禁止事項も盛り込まれている[23]

(a) ゲートキーパーが、コア・プラットフォーム・サービス(CPS)から得た個人データを、同じゲートキーパーの他のサービスや第三者から収集したデータと組み合わせることを防ぐ。また、エンドユーザーがゲートキーパーが提供する他のサービスにサインインさせることも防ぐ。ただし、これはエンドユーザーに選択肢を提示し、同意を得た場合のみ可能となる[1] [18]

異なるソースからの個人データを組み合わせることは、2019年にドイツ競争当局により、Facebookについて判断したケースで違法とされた[2] [7]。同社はまた、2014年にWhatsAppを買収した時点で、FacebookとWhatsAppからのデータを組み合わせることはできないと欧州委員会に通知したとして、2017年5月に110ユーロの罰金を科されている。欧州委員会は、WhatsAppが2016年にサービスのプライバシーポリシーの条件にこのオプションを挿入していたことから、この行為が2014年から行われていた可能性があると判断した[4] [25]

(b)「ビジネスユーザーが、ゲートキーパーのオンライン仲介サービスを通じて提供されるものとは異なる価格または条件で、サードパーティのオンライン仲介サービスを通じてエンドユーザーに同じ製品またはサービスを提供できるようにする」[1]

これは、Amazonの電子書籍に関する競争法訴訟ではすでに違法と見なされている。アマゾンは、電子書籍の出版社との契約において、少なくとも他の競合他社に提案した最良の価格または条件を提供するように彼らに課した[26] [27]。この条文は、Booking.comExpediaなどのオンライン旅行代理店に関する事例からも派生している[2] [7] [28]

(c)「ビジネス・ユーザーが、コア・プラットフォーム・サービスを介して獲得したエンド・ユーザーに対してオファーを宣伝し、そのためにゲートキーパーのコア・プラットフォーム・サービスを利用するか否かに関わらず、これらのエンド・ユーザーと契約を締結することを許可すること、エンド・ユーザーが、ゲートキーパーのコア・プラットフォーム・サービスを利用せずに当該ビジネス・ユーザーから取得した、ビジネス・ユーザーのソフトウェア・アプリケーションを利用して、コンテンツ、サブスクリプション、機能またはその他のアイテムに、ゲートキーパーのコア・プラットフォーム・サービスを介してアクセス及び利用することを許可すること。」 [1]

この種の慣行の法的性格については、現在、欧州委員会が、AppleのApp Storeと、App Storeを通じて行われたすべてのサブスクリプションに対して課された30%の手数料に関する事件で調査が行われている[29] [30] [31] [7]

(d)ゲートキーパーの慣行に関連して、ビジネスユーザーが関連する公的機関に問題を提起することを阻止または制限しないこと。」 [1]

これは判例法ではない一般的な慣行であるが、ビジネスユーザーが公的機関(欧州委員会など)に懸念事項を提起する権利を保証するものである[2]

(e)ビジネス・ユーザーが当該ゲートキーパーのコア・プラットフォーム・サービスを使用して提供するサービスの文脈において、当該ゲートキーパーのIDサービスを使用、提供または相互運用することをビジネス・ユーザーに要求しないこと[1]

抱き合わせ慣行も呼ばれる[7]、ゲートキーパーが、ビジネスユーザーがサービスを提供するときにコアプラットフォームサービスのIDを使用するように強制するのを防ぐ。Googleなどの広告主やパブリッシャーの問題、データ収集の方法などに関連することが多い[32] [33] [2]

(f)ゲートキーパーとして特定されるプラットフォームの異なるコア・プラットフォーム・サービスの抱き合わせを抑止する[7] [1]

この抱き合わせ慣行について、2018年、GoogleはAndroidに関する決定で欧州委員会から43億ユーロの罰金を科せられている[7] [5]。同社は、Androidのユーザーに、Google検索やGoogle Chromeなどの自身のサービスをプレインストールするように強制することで、EUの競争法に違反した[6] [34] [35]。これはGoogleがインターネット検索の面で支配的な地位を確保した方法である[5]

(g) 「広告サービスを提供する広告主およびパブリッシャーの要求に応じて、所定の広告の掲載およびゲートキーパーが提供する関連広告サービスのそれぞれについて、広告主およびパブリッシャーが支払った価格、およびパブリッシャーに支払われた金額または報酬に関する情報を提供する。」

この最後の義務は、Googleのデータと広告の慣行に関する欧州委員会の調査に関連している[32] [36] [2]

ケースバイケースの評価編集

リストの第2部は、第6条に規定されているゲートキーパーの11の義務と禁止事項で構成されている。欧州委員会は、当該ゲートキーパーと共同で評価を行った後、必要な義務を個別に指定することができる。ゲートキーパーとの対話は、第7条5項に記載されているように、有効性と比例性の原則を尊重しなければならない[1]。繰り返しになりますが、ほとんどの訴訟は、以前および現在の競争法の訴訟に由来している。

(a)コア・プラットフォーム・サービスを利用するビジネス・ユーザー(そのビジネス・ユーザーのエンド・ユーザーを含む)の活動、またはコア・プラットフォーム・サービスを利用するビジネス・ユーザー(そのビジネス・ユーザーのエンド・ユーザーを含む)が提供する活動によって生成された、公開されていないデータを、ビジネス・ユーザーとの競争において使用しないこと。」 [1]

このような行為が禁止される可能性があるのは、欧州委員会が調査中のAmazon Marketplace事件に由来している[37] [7]。欧州委員会は、Amazonがビジネスユーザーの「非公開データ」を利用して競合することで、反トラスト規則に違反したと主張している[38] [37]

(b)エンドユーザーが自社のコア・プラットフォーム・サービスにプリインストールされたアプリケーションをアンインストールする可能性を保証すること。 [1]

この義務は、Microsoft ExplorerとGoogle Androidのケースで、欧州委員会が、自社のコアプラットフォームサービスからプリインストールされたアプリをエンドユーザーがアンインストールできるようにすることを強制したことに由来する[2] [7] [39] [5]

(c) 「当該ゲートキーパーのオペレーティングシステムを使用または相互運用する第三者のソフトウェア・アプリケーションまたはソフトウェア・アプリケーション・ストアのインストールおよび効果的な使用を可能にし、当該ゲートキーパーのコア・プラットフォーム・サービス以外の手段でこれらのソフトウェア・アプリケーションまたはソフトウェア・アプリケーション・ストアにアクセスすることを可能にすること。[1]

この慣行は現在、 Apple AppStoreのケースで調査されている[7]。欧州委員会は、Appleが競合他社に対して、AppStore以外のプラットフォームで潜在的に安い価格で製品を購入できる可能性についてユーザーに通知させないようにしていると考えている[29] [31]

(d)ゲートキーパー自身または同一企業に属する第三者が提供するサービスおよび製品を、第三者の同様のサービスおよび製品と比較して、ランキングでより有利に扱わず、かかるランキングに公正かつ差別的でない条件を適用すること。 [1]

この慣行は、すでにGoogleショッピングのケースで禁止されており、現在はAmazon Buy Boxのケースで調査されている[18]。主に、ある市場の検索結果において、競合他社を犠牲にして自社製品を自己優遇することを指している[40] [41]

(e)「エンドユーザーが、ゲートキーパーのオペレーティングシステムを使用してアクセスする異なるソフトウェア・アプリケーションおよびサービスを切り替えて利用する能力を技術的に制限しないこと(…)」 [1]

これは、Appleの音楽サービスをプロモートする目的で、AppleデバイスでのSpotifyの使用に課せられた制限に関するSpotifyとAppleの間の対立に由来すると見ることができる[42] [2]

(f)「ゲートキーパーによる付随的サービスの提供において利用可能または使用されているのと同じオペレーティングシステム、ハードウェアまたはソフトウェアの機能へのアクセスおよび相互運用性を、ビジネスユーザーおよび付随的サービスのプロバイダーに認めること」。 [1]

この規定は、現在、Apple Pay事件で分析されている慣行に由来している[7]。競合他社を犠牲にして自社のデバイスと独自の支払い方法であるApple Payを優遇することで、Appleは現在、委員会に調査されている[43]

(g)広告主およびパブリッシャーの要求に応じて、ゲートキーパーのパフォーマンス測定ツールへのアクセス、および広告主およびパブリッシャーが広告インベントリについて独自の検証を行うために必要な情報を、無償で提供すること。」 [1]

この条文は、プラットフォームのビジネスユーザー、特に広告主が、ゲートキーパーのプラットフォームに掲載された広告や発行物に関連するデータにアクセスできるようにするものである。FacebookとGoogleがこの条文の主なターゲットになる可能性があるし、Amazonもその可能性がある[2]

(h) 「ビジネスユーザーまたはエンドユーザーの活動を通じて生成されたデータの効果的なポータビリティを提供し、特に、 GDPR(規則EU 2016/679)に沿って、継続的かつリアルタイムのアクセスの提供を含む、データポータビリティの行使を容易にするツールをエンドユーザーに提供するものとする。」 [1]

上記の規定は、より一般的なスコープを有しており、特定のケースを中心に作られたものではない。GDPRを補完するものと考えられ、データへのアクセスは「継続的」かつ「リアルタイム」でなければならないことを加えることで、データポータビリティの範囲をより正確にしている[7]。これにより、ユーザー(ビジネスユーザーを含む)へのアクセスと、プラットフォームが生成する最新のデータポータビリティのメリットの両方が保証される。

(i)ビジネス・ユーザーまたはビジネス・ユーザーから権限を与えられた第三者に対し、ビジネス・ユーザーおよびビジネス・ユーザーが提供する製品またはサービスに関わるエンド・ユーザーによる関連するコア・プラットフォーム・サービスの利用に関連して提供される、または生成される、集約されたまたは非集約されたデータへの効果的、高品質、継続的、かつリアルタイムなアクセスおよび利用を無償で提供すること。個人データについては、当該ビジネスユーザーが当該コア・プラットフォーム・サービスを通じて提供する製品またはサービスに関してエンドユーザーが行う利用に直接関連する場合、およびエンドユーザーがGDPRの意味での同意をもって当該共有を選択した場合にのみ、アクセスおよび利用を提供する。」[1]

条文(h)と同様、この条文は個々の事件に由来するものではなく、GDPRを補完するものである。 [2]プラットフォームで生成されたデータの相互運用性に関して、ビジネスおよびエンドユーザーにより多くの権利を保証するものである[2]。これは、異なるプラットフォームで生成されたデータに互換性を持たせ、異なるシステムで使用できるようにすることを意味する[44]

(j)「オンライン検索エンジンのサードパーティ・プロバイダーに対し、その要求に応じて、個人情報を構成するクエリ、クリック及び閲覧データを匿名化することを条件に、エンドユーザーがゲートキーパーのオンライン検索エンジン上で生成した無料及び有料検索に関するランキング、クエリ、クリック及び閲覧データへのアクセスを、公正、合理的かつ無差別に提供すること。」[1]

この条文は、(新しい)競合他社により多くの権利を付与することにより、オンライン検索エンジン市場でのより高度な競争を確保することを特に意図している[2]。これにより、オンライン検索エンジンのプロバイダーは、この分野のゲートキーパー(現在、この分野の市場シェアの95%を集中していることから、おそらくGoogle Search)が作成したデータにアクセスできるようになる[17]これは、Google Searchのケースや、第5条(d)、あるいはDMAの「ブラックリスト行為」(上記参照)にも関連している[2]

(k) 「ビジネスユーザーがソフトウェア・アプリケーション・ストアにアクセスする際に、公正で差別のない一般的な条件を適用すること [1]

この規定は、ゲートキーパーのストアアプリケーション(アプリストアGoogle Play )をターゲットとしており[2]、アプリ開発者とビジネスユーザーの権利を保護することを目的としている。

Bjorn Lundqvistは、2021年2月に発表した論文で[45]、デジタル市場法の第6条(a)、(h)、(i)に存在するケースバイケースの義務の組み合わせが[1]、データへのアクセスに関して真の「ゲームチェンジャー」になる可能性があると考えている。さらに、デジタル市場法の第6条(a)が、ゲートキーパーが競争上の理由から、一般に公開されていないビジネスユーザーが作成したデータを使用することを防止していることに着目している。同時に、第6条(h)および(i)は、ビジネスユーザーとエンドユーザーがプラットフォーム上で生成したデータへのアクセスとポータビリティに関する権利を保証している[45]

この著者は、この法案が企業やエンドユーザーのデータへのアクセスという点で大きな変化をもたらすかどうかを知るためには、欧州委員会が潜在的な影響を明らかにする必要があると結論づけている[45]

ゲートキーパーに対するその他の義務[1]編集

  • 第12条に基づき、ゲートキーパーは欧州委員会に彼らの意図された将来の合併と買収を通知しなければならない。
  • 第3条に基づき、ゲートキーパーは、ゲートキーパーと見なされる閾値に達したときに委員会に通知しなければならない(上記の基準に関連するセクションを参照。
  • 第13条に基づき、ゲートキーパーとして指定された場合、企業は消費者のプロファイリング技術について独立した監査を実施し、委員会に提出する必要がある。

欧州委員会の調査権限と制裁メカニズム[1]編集

デジタル市場法により、欧州委員会は規制および市場調査の権限を持つことになる。市場調査は、主に次の目的で指定される。

  • ゲートキーパーに課せられた義務を特定し、コンプライアンスを監視するために市場調査を実施する(第16条)
  • ゲートキーパーを市場するために市場調査を実施する(第15条)
  • 第5条・第6条に記載されている義務の対象となる可能性のある新しいサービスと慣行を特定するために、市場調査を実施する(第17条)
  • 法案の第V章は、これらの調査を実施するために欧州委員会に一定の権利を与えている
  • 違反または体系的な違反の場合のゲートキーパーに対する制裁措置は、ゲートキーパーの全世界売上高の最大10%の制裁金に代表される [1]

ステイクホルダーの利害編集

潜在的なゲートキーパー編集

Google編集

Googleと欧州連合の間の緊張は、広告、モバイルオペレーティングシステム、またはショッピング戦略に関連する不公正な慣行に適用される制裁措置によって生み出された。競争法違反のために欧州委員会からGoogleにいくつかの制裁金が科されたが、欧州連合司法裁判所の判決にもかかわらず、「価格の上昇、品質の低下、選択肢の減少、イノベーションの観点からの非効率的な市場の結果」が依然として発生していることを考慮して、DMAはこの領域をより適切に規制することを目指している。

デジタル市場法の主な焦点は、検索エンジン、ソーシャルネットワーク、クラウドコンピューティングサービス、およびオペレーティングシステムを提供する事業者によって代表されるため、Googleはその立場を公式に表明した企業の1つであった[46]。GoogleのEMEA地域のビジネスおよびオペレーション担当プレジデントであるMatt Brittinは、インタビューで次のように述べている。「欧州の消費者がより多くの選択肢を得て、将来必要となる雇用を支え、欧州の企業を支援するためには、ルールを正しく理解することが非常に重要だと考えている」。

特別に名指しされてはいないものの、この法律は欧州での収益が65億ユーロ以上、または欧州全体で4500万人以上のユーザーがいる企業に適用されるため、Googleは厳格な規則の影響を受ける企業の1つである。規則に違反した場合には、全世界の売上高の最大10%の制裁金が科せられる可能性があるため[47]、Googleは、デジタル市場法の下でより良い条件を得るために、ブリュッセルで議員に影響を与えたり、ロビー活動を続けたりすることに大きなインセンティブを有している。

グーグルのレトリックと、その公式見解を形作ろうとする試みは、主に立法行為から生じる可能性のあるリスク、すなわち「欧州人は、より少ない選択肢と、より高価な選択肢にしかアクセスできなくなる」[47]という障害に立脚していた。大手ハイテク企業は、デジタル市場法の弱点を強調しようとしており、これをブラックリストと呼んでいる。その意味するところは、相互運用性の観点から、将来のイノベーションではなく、「最小公倍数」へのインセンティブを生み出すことになるかもしれないということである[48]

2020年11月、新聞「Le Point」は、デジタル市場法に関するGoogleのリークされたロビー戦略を発表し、いくつかの実践と意図が明らかになった[46]。そこではたとえば、次のような言及がなされていた。

  • 「議会、欧州委員会、および加盟国レベルでのロビー活動を行う。
  • 経済と消費者へのコストに関する政治的ナラティブの再構成を行う。
  • 第三者(シンクタンクや学者など)を動員して、Googleのメッセージを増幅する。
  • 米国政府を動員する。
  • (ビッグテック解体の可能性を支持していると目されていた)ブルトン委員に対する「反発」を創り出す。
  • 欧州委員会の部門間における対立を創り出す。」[49]

トランスパレンシー・レジスターによると、これらのロビー活動の費用に関して、Googleは2020年上半期に1900万ユーロ以上を費やしている[49]。グーグルが配分した金額はすでに相当な水準に達しているにもかかわらず、上に示した数字は、学術的なパートナーシップや法律事務所、あるいは個々の加盟国で行われた活動に関連するすべての取引を含んでいない。

Corporate Europe Observatoryは、EUの技術規制を巡る戦いを調査しており、その調査結果によると、フォン・デア・ライエン委員会が発足してから158の会合が登録され、その会議には「企業やロビー団体を中心に103の組織が参加した」という。 これらのイシューについて、少なくとも3回以上の会合が記録されているのは、わずか13社であった。最も多くの会合を行っているのはGoogleで、MicrosoftとFacebookがこれに続いている。 AppleとAmazonも、DMAおよび/またはDSAに関するロビー活動を行っているが、会合の回数はそれぞれ2回と1回で、全体の順位は低くなっている[49]。しかし、高官との公式会合のみが宣言または発表されているため、法律の起草に責任を持つ政府関係者への働きかけが言及されていないことが、同調査が直面している限界の1つである。

2020年12月15日に法案が公表されたにもかかわらず、ロビー活動の実践は、欧州委員会から欧州議会と理事会に移されているため、依然として進行中のプロセスを呈している。しかし、欧州委員会の会議について得られたデータを、他の機関が公開している情報と比較すると、透明性がさらに低くなっていることが見て取れる。

Apple編集

欧州の新たな法案は、Apple社のApp Storeの慣行やプリインストールされたアプリケーションも対象としている。Apple社の現在のビジネスモデルにもたらされる主な変更点の一つは、「自己優遇」戦略の廃止である[50]。デジタル市場法案により、Apple社は、App Storeの検索で自社のアプリケーションが表示される方法を変更し、小規模な開発者にも自社のソフトウェアが消費者にダウンロードされる機会を与えることを余儀なくされる。また、Apple社は、購入した端末にあらかじめ入っているファーストパーティのアプリをアンインストールできるようにしなければならない。このように、GoogleとAppleの両社は制約を受け、その行為はより厳しく規制されることになる。 デジタル市場法の最終提案によると、これらの大手テクノロジー企業は、パフォーマンス指標を広告主やパブリッシャーと無料で共有することを余儀なくされる。

デジタル市場法案が正式に発表される前に、Appleを含むいくつかの企業は、デジタル市場を規制しようとする欧州委員会の意図によって生じる反応を考慮して、反競争的な行動を変えようとた。 Apple社に関しては、10月にAPIG(Alliance de la Presse d'Information Générale)に代表されるフランスのパブリッシャー・グループが、App Storeの利用規約に関する懸念を表明した。例えば、Apple社への経済的依存に関する要求として、「iPhoneで利用できるストアはAppStoreのみであるため、コンテンツ・パブリッシャーは、iPhoneでコンテンツを配信するために、アップル社に絶対的な経済的依存をしている状況にある」と述べている。さらに、Apple社がプラットフォーム上のアプリでの販売に課される30%の手数料も批判されており、APIGは市場のさらなる集中を懸念している[51]。これらの指摘に対するApple社の反応は、特に年間売上高が100万ドル未満のアプリ開発者の手数料率を15%に引き下げることに焦点を当てていたが、欧州委員会がデジタル市場法の制定を主張し続ける妨げにはならなかった。

Googleのケースと同様に、Appleは欧州委員会の影響力を制限し、ゲートキーパーの定義から逃れて、さらなる義務を負わないようにしようとしている。しかし、欧州委員会はゲートキーパーが他社の市場へのアクセスを禁止することを依然として禁止したいと考えているため、AppleがApp Store内の自社アプリに不当な条件を設定していると考えているSpotifyやFacebookなどの企業は、欧州委員会の提案を支持しているようである[52]

デジタル市場法の影響力を制限するためのAppleの戦略は、Googleの場合ほど明確ではなく、また組織化もされていない。しかし、自社の目的が欧州の政府関係者に考慮されるようにするために、同社が行っているいくつかの方法が観察される。 Corporate Europe Observatoryが実施した調査によると[53]、Apple、Google、Facebookは、独立性を宣言している複数の団体と、その関係を明らかにすることなく連携しているようである。例えば、Center for European Reformのウェブサイトには、企業の寄付者リストが掲載されており、その中にはAppleも含まれているが、Appleはトランスパレンシー・レジスターの項目にこの情報を明記していない。このような状況下で、利益団体、企業、NGO、シンクタンクのネットワークが形成され、ブリュッセルでの立法プロセスを自分たちに有利になるように形成しようとしていることが見て取れる。

ロビー活動への支出に関しては、限られた不完全な情報ではあるが、ブリュッセルにおける個人企業のロビー活動への支出額トップ30のうち、Appleは16位(200万ユーロ以上)に入っていることが確認できる。 800万ユーロの予算を計上しているGoogleと比較しても、Appleは自社の要求を提示するために、欧州の政府関係者へのアクセスにかなりの金額を投じている[53]

Facebook編集

デジタル市場法は、大企業の影響力を制限し、代替プレイヤーの出現を可能にすることを目的としているため、Facebookもこの法案の対象となっている。他社の場合と同様に、デジタル市場法が導入されれば、不公正な行為は非常に抑制され、さらには禁止されて、競争に悪影響を及ぼすことがなくなる。

しかし、Google、Apple、Amazonとは異なり、Facebookはデジタル市場法案を支持しているようである。 Facebook社は公式声明の中で、EUがアップルの行動に限度を設けることを望んでいると主張している。彼らの声明や彼らが主張する目的を考慮すると、この文脈では、欧州委員会とビッグテック企業の間だけでなく、GAFAMの間にも緊張関係が存在することが観察される。

FacebookとAppleの間の論争は、アップルが採用しているプライバシー機能に端を発している。この機能は、消費者が広告主によるさまざまなアプリケーションの追跡をブロックすることができるものである。そのため、広告で収益を得ているFacebookは、報復措置を取り始め、不満を示した。また、「Apple社は、デバイスからアプリストア、アプリまでのエコシステム全体をコントロールしており、この力を使って開発者や消費者、さらにはFacebookのような大規模プラットフォームに害を与えている」とも付け加えている[54]。アップルの反応は非常に手厳しく、フェイスブックが「侵略的な追跡」を行なっていると非難した。このように、デジタル市場法をめぐる議論では、「競合他社」の違法行為を批判することに重点が置かれたため、ビッグテック企業間の緊張関係がさらに高まり、法案の範囲から逸脱し始めるることになった[55]

Amazon編集

アマゾンはデジタル市場法を歓迎し、その立場によれば、同社は他のGAFAMメンバーほどデジタル市場法について懸念していないという。これは、GoogleやAppleの場合と比較して、デジタル市場法がAmazonに影響を与える可能性があるのは次の3つの側面のみであるという事実によって説明できる。

  • Amazonは、ビジネスユーザーが、Amazonが提供するものとは異なる価格や条件で、同じ商品やサービスをエンドユーザーに提供することを認める義務を負う可能性がある(デジタル市場法第5条(b))
  • Amazonは、公開されていない競合他社のデータを使用しないよう義務付けられる可能性がある(デジタル市場法第6条(a))
  • Amazonは、自らが提供するサービスや商品を有利に扱わない義務を負う可能性がある(デジタル市場法第6条(d))

デジタル市場法の提案が現在の形で採択された場合、プラットフォーム上でホストしている競合他社からの非公開データの使用の禁止や、自社製品を競合他社の製品よりも上位に表示することの禁止は、Amazonに影響を与える可能性がある。また、Amazonがロビー活動に175万ユーロを費やしたことや、複数のシンクタンクのメンバーになったことを考慮すると、これらの点は、Amazonに当該法案の最終版に関する交渉を決意させたものであると言える[56]

Microsoft編集

他の大手ハイテク企業と比較して、マイクロソフトは最も目立たない存在であり、デジタル市場法についてメディアや新聞を使って意見を表明していない。マイクロソフトが公に行った唯一のことは、欧州委員会の協議に対応することであったた。彼らは、プラットフォームのゲートキーパーとしての認定は、2つの側面からのテストを用いて決定されるべきではないかと提案した。一方では、参入障壁によって保護されている市場支配力のレベルを評価する必要がある。他方では、事前規制の施行のための特定のEU規制機関が導入されるべきということである[57]。また、Caffara&Mortonによると、デジタル市場法の下でMicrosoftに影響を与える可能性のある唯一の義務は、エンドユーザーがプリインストールされているソフトウェアアプリケーションを削除できるようにすることである[2]

非ゲートキーパー企業編集

ゲートキーパーの狭い定義編集

提案が発表される前に、企業をゲートキーパーとして指定するために必要な基準に関連する議論があった[58]。より一般的な論点として、最も重要な指標の1つは、デジタル市場法の影響を受ける企業の数だと考えられている。欧州委員会がゲートキーパーについての狭い定義を適用しているため、一部の企業(特に米国の「ビッグテック」や「GAFAM」)のみが当該法案の対象となる可能性がある[2]

AirbnbとBooking.com編集

短期宿泊市場での重要なポジションにより、AirBnBとBooking.comは法律の潜在的なターゲットとなった。実際に、「短期宿泊」に指定された住宅の50%以上がAirBnBに掲載されており、Booking.comには約1/3が掲載されている[58]。したがって、ゲートキーパーとしてのラベル付けの可能性については長い間議論されており、各社は自分たちがこのカテゴリーに含まれない理由を説明し、自己弁護している[59] [60] [61]。さらにBooking社は、自社が世界的な成功を収めている数少ない欧州企業の一つであり、この分野で最も支配的なアクターではないため、大企業との競争におけるインセンティブを削がれるべきではないと主張した。

Spotify編集

2020年の音楽配信市場において、約1/3のシェアを持つSpotifyは[62]、Apple musicが約15%のシェアで第2位であることから、この分野では圧倒的な存在感を示している。しかし、VOX EUの分析によると、スポティファイは欧州委員会が定めた基準を満たしていないようである[2]。アメリカのシンクタンクICLEのエコノミストであるDirk Auerは、この法案は欧州企業を保護するためのものであり、その基準はスポティファイをはじめとするヨーロッパの主要ハイテク企業を除外することを意図していると述べている[63]。 この法律の対象となる欧州企業はおそらくSAPだけだと考えられるが 、TwitterやUberのようなアメリカの大手プラットフォームも、その重要な市場ポジションにもかかわらず、この法律の対象となっていない。

EU加盟国の反応編集

フランス編集

フランス政府は、巨大なハイテク企業が自社のサービスを優遇したり、ライバルを追い出したり、支配的な地位を維持したりすることを防ぐために、自国でより厳格な競争ルールを課すことへの意欲を表明した[64] [65]

それにもかかわらず、フランスは、デジタル市場の絶え間ない変化に対応するために、デジタル市場法を通じて規則を採択する可能性に依拠したいと考えている[66]

フランス政府は、GAFAMへの規制強化を公に支持していることで知られており[67] 、2019年に「GAFA税」を導入し[68]、この税は、トランプ政権との緊張の源となっている[69]

ドイツ編集

ドイツ連邦政府は、デジタル市場法案を歓迎している。彼らは、現在の欧州の法的枠組みは十分に強力ではなく、執行措置もデジタルプラットフォームに対して強化されなければならないと考えている[70] [66]。他方で、ドイツの主な関心事は依然として中小企業の保護であり、新しい規則の範囲からそれらを除外することを意図している[70]

オランダ編集

2020年10月、オランダ政府はフランスおよびベルギーと共同で、支配的地位の濫用および反競争的慣行を避けるために、競争ルールのより厳格な執行に対する意欲を表明した。 [65]

2021年2月17日、オランダ政府はデジタル市場法に関する公式の見解を発表し[71]、その目的が自国の立場と一致していることを考慮して、関連するイニシアチブを歓迎した。

アイルランド編集

アイルランド政府は、2020年9月8日、デジタルサービス法パッケージのために開催されたパブリックコンサルテーション中にその立場を発表した[72]。彼らの声明によると、アイルランド当局は、支配的地位を占めることは違法ではないと説明しており、「ゲートキーパー」の定義を評価することをに積極的ではない。さらに、彼らはまた、この特定の側面が消費者福祉の低下を意味するものではなく、デジタル市場への革新や新たな参入を妨げるものではないことも強調している[72]

デジタル市場法の対象となる可能性が高い企業の多くは、アイルランドに欧州の本社を置いている[73]。アイルランド政府がビッグテック企業に対して実施したアプローチは、欧州連合内でしばしば議論の的となっている[74] [73]。2016年、欧州委員会はアイルランドがAppleに「違法な税制上の優遇措置」を与えたと非難した[75]。欧州司法裁判所はAppleに有利な判決を下したが、欧州委員会はその判決に対して上訴する意向を表明した[76]

それ以外の世界各国の立場編集

アメリカ編集

欧州委員会が発表した提案では明示的に言及されていないが、GAFAMとも呼ばれるアメリカの「ビッグテック」(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)は、この法律の(唯一ではないにしても)主なターゲットになる可能性が高い。米国政府が欧州デジタル市場における米国の巨大なハイテク企業の主張を擁護するかどうかは未解決の問題であるため、バイデン政権の公式の立場は重要なステップとなるだろう[77] [78] [79]

デジタル市場法案は、バイデン政権下のEUと米国が、トランプ大統領時代に緊張が高まった後、より良い関係を再構築したいと考えている状況で出されたものである[80]。欧州委員会は、EUと米国が有害であると考えるオンラインプラットフォームとビッグテックの支配的な立場に対処するための協力の必要性を強調している[1]。2021年1月、欧州委員会委員長のウルズラ・フォン・デア・ライエンは、現在の米国大統領であるジョー・バイデンと欧州連合が、ハイテク企業の規制に関して同じ立場を共有していると述べた[81]。彼女は2021年2月のミュンヘン安全保障会議での演説で、「世界中で有効」となるデジタル経済のルールを作成するために、米国が、欧州連合での議論に参加するよう呼びかけた[82]

デジタル市場法に関するバイデン政権の公式の立場はまだ公に知られていないが、いくつかのデジタル技術プラットフォームの支配的な立場についての同じ議論が米国でも高まっている[83] [84] [85]。2020年12月には、米国連邦取引委員会と米国の46州によって、その支配的な地位を濫用し、数年間反競争的行為を行ったとして、Facebookに対する反トラスト訴訟が開始された[86] [87] [88] [89]

米国議会議員に情報を提供する米国の公的シンクタンクである議会調査局は、2021年3月に発表した文書の中で、デジタル市場法をはじめとした欧州連合(EU)が主導する新しいデジタル規制が、米国経済への影響を強調しつつも、将来的なEUと米国の協力関係の源泉となり得ることを指摘している[90]

次のステップ編集

デジタル市場法は、現在立法提案の段階である。法律になるためには、欧州理事会欧州議会の承認が必要であり、2020年12月に欧州委員会がデジタル市場法を提案してから、約1年半かかると予想されている。2021年1月、欧州議会域内市場委員会は、EPPグループが議会でデジタル市場法をリードすることを確認した[91]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac European Commission (2020). Proposal for a REGULATION OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL on contestable and fair markets in the digital sector (Digital Markets Act). COM/2020/842 final
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab Caffarra (2021年1月5日). “The European Commission Digital Markets Act: A translation”. Vox EU. 2021年4月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i Anderson, Mariniello (2021年2月16日). “Regulating big tech: the Digital Markets Act”. Bruegel.org. 2021年4月2日閲覧。
  4. ^ a b Murgia (2017年5月18日). “Facebook fined €110m by European Commission over WhatsApp deal”. www.ft.com. 2021年4月23日閲覧。
  5. ^ a b c d European Commission (2018年7月18日). “Antitrust: Commission fines Google €4.34 billion for illegal practices regarding Android mobile devices to strengthen dominance of Google's search engine” (英語). European Commission - European Commission. 2021年4月23日閲覧。
  6. ^ a b Satariano, Adam; Nicas, Jack (2018年7月18日). “E.U. Fines Google $5.1 Billion in Android Antitrust Case” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2018/07/18/technology/google-eu-android-fine.html 2021年4月23日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s De Streel (2021年1月19日). “The European proposal for a Digital Markets Act: A first assessment” (英語). CERRE. 2021年4月23日閲覧。
  8. ^ a b European Commission, "The Digital Services Act package". Shaping Europe's digital future - European Commission. Retrieved 2021-03-30
  9. ^ Leslie (2020年12月18日). “The European Commission's Digital Markets Act Proposal: Regulating systemically important digital platforms”. 2021年4月27日閲覧。
  10. ^ Parenti (2020年12月). “Competition policy”. European Parliament. 2021年5月25日閲覧。
  11. ^ EUROPEAN COMMISSION (2020年6月). “New Competition Tool (‘NCT’)”. European Commission. 2021年5月25日閲覧。
  12. ^ Walsh (2015年). “La politique de la concurrence à l’ère numérique”. GSMA. 2021年5月25日閲覧。
  13. ^ a b European Commission (2020年10月). “Shaping the Digital Single Market”. European Commission. 2021年5月25日閲覧。
  14. ^ Council of the EU (2019年12月). “Single Market Performance Report”. Council. 2021年5月25日閲覧。
  15. ^ European Commission. “Data protection in the EU”. European Commission. 2021年5月25日閲覧。
  16. ^ Ryan (2020年). “The Platform to Business Regulation (the "P2B Regulation") – why worry?”. 2021年6月19日閲覧。
  17. ^ a b c d e f European Commission (2020年12月16日). “Inception impact assessment on the Ex ante regulatory instrument”. European Commission. 2021年4月2日閲覧。.
  18. ^ a b c d e f De Streel (2020年). “Digital Markets Act: Making economic regulation of platforms fit for the digital age”. Centre on Regulation in Europe. 2021年4月2日閲覧。
  19. ^ Petropoulous, Parker (2020年11月23日). “Digital platforms and antitrust”. Bruegel. 2021年4月2日閲覧。
  20. ^ Bourreau, Marc (2020). “Digital platforms: Regulate before it's too late”. Notes du conseil d'analyse économique 60: 1–12. 
  21. ^ Mobile OS market share 2021” (英語). Statista. 2021年5月23日閲覧。
  22. ^ de Streel (2021年1月13日). “Digital Markets Act: Policy Choices and Conditions for Success”. Promarket. 2021年3月10日閲覧。
  23. ^ a b c d e f g h i j k l m Madiega (2020年12月). “Regulating digital gatekeepers Background on the future digital markets act”. European Parliament. 2021年4月14日閲覧。
  24. ^ a b c European Commission (2020年12月). “Digital Markets Act”. European Commission. 2021年4月14日閲覧。
  25. ^ European Commission (2017年5月18日). “Mergers: Commission fines Facebook €110 million for providing misleading information about WhatsApp takeover” (英語). European Commission - European Commission. 2021年4月23日閲覧。
  26. ^ Toplensky (2017年5月4日). “Brussels ends Amazon e-books probe” (英語). www.ft.com. 2021年4月23日閲覧。
  27. ^ Reuters Staff (2017年5月4日). “EU accepts Amazon e-book commitments to settle antitrust case” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/article/us-eu-amazon-com-antitrust-idUSKBN180119 2021年4月23日閲覧。 
  28. ^ Solek (2019年11月14日). “Price Parity Clauses and Online Platforms: Is There a New Way Forward? | LinkingCompetition | Blogs | Insights | Linklaters” (英語). www.linklaters.com. 2021年4月23日閲覧。
  29. ^ a b Espinoza (2020年6月16日). “Apple faces twin antitrust probes in Brussels”. www.ft.com. 2021年4月23日閲覧。
  30. ^ Espinoza (2021年3月4日). “EU to charge Apple with antitrust abuse for first time”. www.ft.com. 2021年4月23日閲覧。
  31. ^ a b European Commission (2020年6月16日). “Antitrust: Commission opens investigations into Apple's App Store rules” (英語). European Commission - European Commission. 2021年4月23日閲覧。
  32. ^ a b Chee, Foo Yun (2021年1月20日). “Google's advertising practices targeted by EU antitrust probe” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/article/us-google-antitrust-eu-idUSKBN29P23U 2021年4月23日閲覧。 
  33. ^ Larger Thibaut; Kayali Laura (2021年1月19日). “Brussels zeroes in on Google's adtech business” (英語). POLITICO. 2021年4月23日閲覧。
  34. ^ Rankin (2018年7月18日). “Google fined £3.8bn by EU over Android antitrust violations” (英語). the Guardian. 2021年4月23日閲覧。
  35. ^ Barker Alex; Khan Mehreen (2018年7月18日). “EU fines Google record €4.3bn over Android”. www.ft.com. 2021年4月23日閲覧。
  36. ^ White, Aoife (2021年1月19日). “Google Back in EU Crosshairs as Regulators Probe Ad Tech Moves” (英語). Bloomberg.com. https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-01-19/google-back-in-eu-crosshairs-as-regulators-probe-ad-tech-moves 2021年4月23日閲覧。 
  37. ^ a b European Commission (2020年11月10日). “Antitrust: Commission sends Statement of Objections to Amazon for the use of non-public independent seller data and opens second investigation into its e-commerce business practices” (英語). European Commission - European Commission. 2021年4月24日閲覧。
  38. ^ Espinoza (2020年11月10日). “EU accuses Amazon of breaching antitrust rules”. www.ft.com. 2021年4月24日閲覧。
  39. ^ Tait (2009年10月8日). “Microsoft close to EU deal on browser dispute”. www.ft.com. 2021年4月24日閲覧。
  40. ^ Espinoza (2020年2月12日). “Google and EU battle in court over €2.4bn fine”. www.ft.com. 2021年4月24日閲覧。
  41. ^ Scott Mark (2020年11月10日). “EU charges Amazon with misusing data, opens new probe over Buy Box” (英語). POLITICO. 2021年4月24日閲覧。
  42. ^ Chee, Foo Yun (2021年3月4日). “Exclusive: Apple faces EU charges over Spotify complaint - sources” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/article/us-eu-apple-antitrust-exclusive-idUSKBN2AW24K 2021年4月24日閲覧。 
  43. ^ McGee Patrick (2019年10月16日). “EU sets sights on Apple Pay over antitrust concerns”. www.ft.com. 2021年4月24日閲覧。
  44. ^ DISC. “What is "Data Interoperability?"” (英語). The Data Interoperability Standards Consortium. 2021年4月27日閲覧。
  45. ^ a b c Lundqvist, B. The Proposed Digital Markets Act and Access to Data: A Revolution, or Not?. IIC 52, 239–241 (2021). https://doi.org/10.1007/s40319-021-01026-0
  46. ^ a b Kelion (2020年12月15日). “EU reveals plan to regulate Big Tech”. 2021年4月2日閲覧。
  47. ^ a b Clarke (2020年12月16日). “Europe's Digital Markets Act: A shift to proactive Big Tech regulation”. Tech Monitor. 2021年4月2日閲覧。
  48. ^ O'Dea (2020年11月27日). “What the Tech is Going on with Digital Markets and Antitrust/Competition Law?”. McCann FitzGerald. 2021年4月2日閲覧。
  49. ^ a b c Corporate Europe Observatory (2020年12月11日). “Big Tech brings out the big guns in fight for future of EU tech regulation”. Corporate Europe Observatory. 2021年4月2日閲覧。
  50. ^ Potuck (2020年12月15日). “New EU legislation targets Apple's App Store practices and preinstalled apps”. 9to5Mac. 2021年4月12日閲覧。
  51. ^ Stolton (2020年11月19日). “Commission has never evaluated 'deterrence effect' of antitrust fines, auditors say”. EURACTIV. 2021年4月27日閲覧。
  52. ^ Kayali (2020年10月29日). “Google goes on the offensive against EU platform rules”. POLITICO. 2021年4月12日閲覧。
  53. ^ a b Big Tech brings out the big guns in fight for future of EU tech regulation”. Corporate Europe Observatory (2020年12月11日). 2021年4月12日閲覧。
  54. ^ Facebook takes swipe at Apple while supporting draft EU rules”. Reuters (2020年12月15日). 2021年4月12日閲覧。
  55. ^ Online giants could face 10% fines under new EU law”. EU Observer (2020年12月16日). 2021年4月2日閲覧。
  56. ^ Corporate Europe Observatory (2020年9月23日). “Big Tech Lobbying Google, Amazon & friends and their hidden influence”. 2021年4月14日閲覧。
  57. ^ Microsoft (2020年9月). “Microsoft Response to Digital Services Act Consultation Proposal for Ex Ante Regulation of Gatekeeper Platforms”. 2021年4月14日閲覧。
  58. ^ a b Espinoza, J. and A. Hancock. (2020). "EU debates hitting Airbnb with tougher regulation." Financial Times Retrieved 30/03/2021, 2021
  59. ^ Scott, M. and L. Kayali. (2020). "Big guns and Zoom cliques: Inside Silicon Valley's digital lobbying playbook." Politico Retrieved 23/03, 2021
  60. ^ Stolton, S. (2020). "Commission vies to ‘put order into chaos’ with new digital crackdown." Euractiv Retrieved 23//03, 2021
  61. ^ Woitier, C. and M. Visseyrias. (2020). "Digital Market Act…: Booking refuse d’être régulé comme un géant de la tech." Le Figaro Retrieved 30/03, 2021
  62. ^ Trainer. “It Sounds Like Spotify Is In Trouble” (英語). Forbes. 2021年3月30日閲覧。
  63. ^ Auer, D. (2020). "The Flaws in Europe's Digital Markets Regulation." Euractiv Retrieved 30/3, 2021
  64. ^ Grandes plateformes du numérique : vers le Digital Services Act et Digital Markets Act” (フランス語). www.economie.gouv.fr. 2021年4月12日閲覧。
  65. ^ a b Klimaat (2020年10月15日). “Considerations of France, Belgium and the Netherlands regarding intervention on platforms with a gatekeeper position - Report - Government.nl” (英語). www.government.nl. 2021年4月12日閲覧。
  66. ^ a b Stolton (2020年12月18日). “Digital Brief, powered by Google: DSA and DMA - member states respond” (英語). www.euractiv.com. 2021年4月12日閲覧。
  67. ^ the Guardian (2020年1月12日). “France's digital minister says tax on big tech is just the start” (英語). the Guardian. 2021年4月13日閲覧。
  68. ^ Gouvernement Français (2019-03-19) "Taxation: the outlines of the GAFA tax revealed". Gouvernement.fr. Retrieved 2021-04-13.
  69. ^ Le Monde (2019年12月3日). “Taxe GAFA : Washington menace de surtaxer des produits français jusqu'à 100 %” (フランス語). Le Monde.fr. https://www.lemonde.fr/economie/article/2019/12/03/taxe-gafa-washington-menace-de-surtaxer-des-produits-francais-jusqu-a-100_6021408_3234.html 2021年4月13日閲覧。 
  70. ^ a b Stolton (2020年10月30日). “Germany weighs in on EU's bid to regulate digital giants” (英語). www.euractiv.com. 2021年4月12日閲覧。
  71. ^ Dutch Government (2021年2月17日). “Dutch position on the proposal for the Digital Markets Act”. 2021年4月12日閲覧。
  72. ^ a b National submission to the EU consultation on the Digital Services Act package” (英語). www.gov.ie. 2021年4月12日閲覧。
  73. ^ a b Espinoza (2021年3月17日). “Simmering tensions about alleged lack of enforcement by Dublin burst into public”. Financial Times. 2021年4月13日閲覧。
  74. ^ Murray (2021年3月2日). “EU member states push forward with new tax transparency rules” (英語). euronews. 2021年4月13日閲覧。
  75. ^ Houlder, Vanessa (2016年8月30日). “Apple's EU tax dispute explained”. Financial Times. https://www.ft.com/content/3e0172a0-6e1b-11e6-9ac1-1055824ca907 2021年4月13日閲覧。 
  76. ^ Espinoza, Javier (2020年9月25日). “Brussels to appeal against court decision quashing Apple tax order”. Financial Times. https://www.ft.com/content/058d380a-a0fa-40b7-95f9-1867378daf99 2021年4月13日閲覧。 
  77. ^ Drozdiak, N. (2020). "Sweeping EU Tech Rules Could Test Washington-Brussels Relations." Bloomberg Retrieved 22/03/21, 2021
  78. ^ Guarascio, F. (2012). "US lobbying waters down EU data protection reform." Euractiv  Retrieved 23/01, 2021
  79. ^ Webb, Alex (16/12/2020). "Google, Amazon and Apple Face the Nuclear Option". Bloomberg. Retrieved 22/03/2021
  80. ^ Landler, Mark (2020-11-07). "Biden Victory Brings Sighs of Relief Overseas". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved 2021-03-22.
  81. ^ Amaro (2021年1月20日). “Europe and Biden 'on the same page' over Big Tech regulation, EU chief says” (英語). CNBC. 2021年4月13日閲覧。
  82. ^ European Commission,19/02/2021 Speech by President von der Leyen at the Special Edition 2021 of the Munich Security Conference. Retrieved 12/04/2021
  83. ^ Stacey, K. and R. Waters. (2020). "What can Silicon Valley expect from Joe Biden?" Financial Times Retrieved 2/03, 2021
  84. ^ Kang, Cecilia; McCabe, David (2020-10-06). "House Lawmakers Condemn Big Tech's 'Monopoly Power' and Urge Their Breakups". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved 2021-03-22
  85. ^ Ovide, Shira (2020-07-30). "Big Tech's Backlash Is Just Starting". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved 2021-03-22.
  86. ^ Federal Trade Commission, "FTC Sues Facebook for Illegal Monopolization". 2020-12-09. Retrieved 2021-04-13.
  87. ^ Murphy, Hannah (09/12/2020). "US sues Facebook for 'years-long' abuse of monopoly power". Financial Times. Retrieved 22/03/2021
  88. ^ Staff, Reuters (2020-12-09). "U.S. states to sue Facebook for antitrust violations on Wednesday, sources say". Reuters. Retrieved 2021-03-22.
  89. ^ Romm, Tony. "U.S., states sue Facebook as an illegal monopoly, setting stage for potential breakup". Washington Post. ISSN 0190-8286. Retrieved 2021-03-22.
  90. ^ Fefer (2021年3月25日). “EU Digital Policy and International Trade”. crsreports.congress.gov. 2021年4月13日閲覧。
  91. ^ Stolton (2021年1月22日). “Digital Brief, powered by Facebook: AI in EU, US tech rundown, Digital Euro plans” (英語). www.euractiv.com. 2021年1月24日閲覧。

参考文献編集