デジタル社会構想会議

デジタル庁に設置された有識者会議

デジタル社会構想会議(デジタルしゃかい)こうそうかいぎ、英語: Digital Society Planning Council)は、デジタル庁に置かれた有識者会議である。デジタル社会の形成に向け、デジタル社会形成基本法(令和3年法律第35号)の趣旨を踏まえ、同法に基づく重点計画等について調査・審議を行うことを任務とする[1]

沿革編集

組織編集

座長および構成員は、優れた識見を有する者のうちから、デジタル大臣が選任する。

2021年9月現在の座長および構成員は下記のとおり。

座長
構成員

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ デジタル社会構想会議の開催について(令和3年9月7日デジタル大臣決定) (pdf)”. デジタル庁 (2021年9月7日). 2021年9月13日閲覧。
  2. ^ “元MIT伊藤氏ら選ぶ デジタル社会構想会議”. TOKYO Web (東京新聞社). (2021年9月7日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/129523?rct=politics 2021年9月8日閲覧。 
  3. ^ 第1回デジタル社会構想会議議事録 (pdf)”. デジタル庁 (2021年10月11日). 2021年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月11日閲覧。
  4. ^ 第2回デジタル社会構想会議議事録 (pdf)”. デジタル庁 (2021年12月2日). 2022年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月13日閲覧。
  5. ^ 第3回デジタル社会構想会議議事録 (pdf)”. デジタル庁 (2022年1月7日). 2022年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集