デストラクション

ドイツのスラッシュメタルバンド

デストラクションDestruction) は、ドイツ出身のスラッシュメタルバンド

デストラクション
Destruction
Destruction - Wacken Open Air 2018-5769.jpg
ドイツ・ヴァッケン公演(2018年8月)
基本情報
別名 Knight of Demon (1982-1984年)
出身地 ドイツの旗 ドイツ
バーデン=ヴュルテンベルク州
ヴァイル・アム・ライン
ジャンル スラッシュメタル
ジャーマンメタル
ブラックメタル(初期)
活動期間 1982年 - 現在
レーベル SPV/Steamhammer
ノイズ・レコード
ニュークリア・ブラスト
AFMレコード
公式サイト www.destruction.de
メンバー シュミーア (Vo/B)
マイク (G)
ランディ・ブラック (Ds)
ダミール・エスキッチ (G)
旧メンバー トミー・サンドマン (Ds)
ハリー・ウィルケンス (G)
オリバー・カイザー (Ds)
ヴァーヴェル (Ds)
ほか別記参照

同国のスラッシュ・シーンを草創期から支えてきた実績を持ち、日本では「ソドム」「クリーター」と並んで『ジャーマンスラッシュ三羽ガラス』とも称される、ジャーマンメタルの代表的グループ。

略歴編集

最初期(1982年 - 1989年)編集

 
創設者マイク(G)

1982年、ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州ヴァイル・アム・ラインで「Knight of Demon」として結成された。ほどなく、バンド名を「Destruction」に変更し、1984年にデモ『ベスティアル・インヴェージョン・オブ・ヘル』を制作する。これがもとでスティームハンマー・レコードと契約し、ミニアルバム『センテンス・オブ・デス』を発表。

1985年に1stアルバム『インファーナル・オーヴァーキル』、1986年には2ndアルバム『エターナル・デヴァステーション』を発表する。その後、トミーが脱退。

1987年からはハリーとオリーが加入し、ツインギターの4人編成となる。同年に3rdアルバム『リリース・フロム・アゴニー』、1989年にはライブ・アルバム『ライブ・ウィズアウト・センス』を発表。ツインギター編成を活かし、独自の不協和音ツインリードを導入するなど、ストレートなスラッシュメタルから、より複雑なスタイルへと移り最盛を迎えた。

停滞期(1989年 - 1998年)編集

1989年、ハリーとの音楽性の不一致により、象徴だったシュミーアが脱退(その後、HEADHUNTERを結成)。よりテクニカルな方向を求めたハリーと、直線的スラッシュメタルを求めたシュミーアとの間の軋轢が原因であった。

後任ベーシストとしてクリスチャン・エングラーを迎えたもののボーカルが見つからず、スイススラッシュ/パワーメタルバンド「ポルターガイスト」のアンドレ・グリーダーの手を借りて、翌1990年に4thアルバム『クラックド・ブレイン』を発表。本作を最後に日本とのレコード契約が切られ、音楽性の時代の変化(グランジやオルタナティブ・ムーブメント)などもあって失速していった。

バンドは一度停滞するも、マイク達は新メンバーを入れて活動を継続。音源も残したが、公式にはEP『デストラクション』(1994年)、EP『ゼム・ノット・ミー』(1995年)、フルアルバム『ザ・リースト・サクセスフル・ヒューマン・キャノンボール』(1998年)の3タイトルを、実態は別物のネオ・デストラクションNEO-DESTRUCTION)によるリリースであるとして、正式な音源として認めない姿勢をとっている。音楽性は、モダンヘヴィネスに近いスタイルだった。

シュミーア復帰(1999年 - 2018年)編集

 
復帰後のシュミーア(2013年)

1999年、シュミーアが10年ぶりに復帰。新たなドラマーにスヴェン・ボーマンを迎え、結成当初と同じ3人編成となる。その後大手レーベル「ニュークリア・ブラスト」と契約し、2000年に復活作『オール・ヘル・ブレイクス・ルース』をリリース。続く2001年にはアルバム『ジ・アンチクライスト』をリリース。

2002年にはドラマーがマーク・レインに変わり、翌2003年にアルバム『メタル・ディスチャージ』をリリース。バンドは初の来日公演を行った(シュミーアはヘッドハンターで来日経験があった)。

2005年、アルバム『インヴェンター・オブ・イーヴル』をリリース。同年9月には、ライヴイベント「THRASH DOMINATION 05」においてテスタメントクリーターラーズ・ロキットと共演する2度目の来日公演を行った。

2007年2月、過去の曲をリメイクした企画アルバム『Thrash Anthems』をリリース。リメイク14曲に加え、新曲2曲を収録。Cracked Brain収録曲をシュミーアが歌っているなど、企画盤らしい特別な内容となっている。9月には、ライヴイベント「THRASH DOMINATION07」にニュークリア・アソルトアナイアレイターネヴァーモアと共に出演し、3度目の来日を果たした。

2010年にマーク・レインが脱退し、ポーランド出身のドラマー、ヴァーヴェルが加入した。

2013年3月、日本のスラッシュメタル・イベント『THRASH DOMINATION 2013』に出演[1]

2016年1月、『THRASH DOMINATION 2016』にて来日公演[2]。同5月、アルバム『アンダー・アタック』をリリース[3]

2018年1月、ヴァーヴェルが脱退し、ランディ・ブラックに交代[4]。4月、アジアツアーを開催し来日公演[5]

4人編成復活(2019年 - 現在)編集

2019年、新ギタリスト ダミール・エスキッチが追加入し、29年ぶりの4人編成となるアルバム『ボーン・トゥ・ペリッシュ』をリリース[6]

メンバー編集

※2020年5月時点

現ラインナップ編集

  • シュミーア (Marcel "Schmier" Schirmer) - ボーカル/ベース (1983-1989,1999- )
  • マイク (Michael "Mike" Sifringer) - ギター (1983- )
  • ランディ・ブラック (Randy Black) - ドラムス (2018- )
  • ダミール・エスキッチ (Damir Eskic) - ギター (2019– )

旧メンバー編集

  • トミー・サンドマン (Tommy Sandmann) - ドラムス (1983-1987)
  • ハリー・ウィルケンス (Harry Wilkens) - ギター (1987-1990) 1993年以降はネオ・デストラクション扱い
  • オリバー・カイザー (Oliver "Olly" Kaiser) - ドラムス (1987-1999)
  • アンドレ・グリーダー (Andreas Grieder) - ボーカル (1989–1990)
  • クリスチャン・エングラー (Christian Engler) - ベース (1989–1990)
  • スヴェン・ヴォーマン (Sven Vormann) - ドラムス (1999-2001)
  • マーク・レイン (Marc "Speedy" Reign) - ドラムス (2001-2010)
  • ヴァーヴェル (Wawrzyniec "Vaaver" Dramowicz) - ドラムス (2010- 2018)

ネオ・デストラクション扱い

  • トーマス・ローゼンマーケル (Thomas Rosenmerkel) - ボーカル (1993-1999)
  • マイケル・ピラニオ (Michael Piranio) - ギター (1993-1999)

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

オリジナル・アルバム
  • 1984年 Bestial Invasion Of Hell (デモ) - ベスティアル・インヴェージョン・オブ・ヘル
  • 1985年 Infernal Overkill - インファーナル・オーヴァーキル
  • 1986年 Eternal Devastation - エターナル・デヴァステーション
  • 1987年 Release from Agony - リリース・フロム・アゴニー
  • 1990年 Cracked Brain - クラックド・ブレイン
  • 2000年 All Hell Breaks Loose - オール・ヘル・ブレイクス・ルース
  • 2001年 The Antichrist - ジ・アンチクライスト
  • 2003年 Metal Discharge - メタル・ディスチャージ
  • 2005年 Inventor of Evil - インベンター・オブ・イーヴル
  • 2008年 D.E.V.O.L.U.T.I.O.N. - デヴォリューション
  • 2011年 Day Of Reckoning
  • 2012年 Spiritual Genocide
  • 2016年 Under Attack - アンダー・アタック[7]
  • 2019年 Born to Perish - ボーン・トゥ・ペリッシュ
リ・レコーディング
  • 2007年 Thrash Anthems - スラッシュ・アンセム
  • 2017年 Thrash Anthems II - スラッシュ・アンセム II
ライヴ・アルバム
  • 1989年 Live without Sense - ライヴ・ウィズアウト・センス
  • 2002年 Alive Devastation - アライヴ・デヴァステーション
  • 2004年 Live Discharge
  • 2009年 The Curse of the Antichrist: Live in Agony
  • 2010年 A Savage Symphony - The History of Annihilation
コンピレーション

テイチクより国内で発売された。現在いずれも廃盤。

  • 1989年 センテンス・オブ・デス+インファーナル・オーヴァーキル
  • 1990年 ベスト・オブ・デストラクション
  • 1990年 コレクション15
  • 1993年 リリース・フロム・アゴニー+エターナル・デヴァステーション
  • 1993年 ライヴ・ウィズアウト・センス+マッド・ブッチャー
  • 1993年 センテンス・オブ・デス+インファーナル・オーヴァーキル (再発)

シングル・EP編集

  • 1984年 Sentence of Death - センテンス・オブ・デス
  • 1987年 Mad Butcher - マッド・ブッチャー
  • 1989年 A Black Metal Night
  • 2001年 Whiplash

ライヴ・ビデオ編集

  • 2004年 Live Discharge - 20 Years Of Total Destruction - ライヴ・ディスチャージ~20イヤーズ・オブ・トータル・デストラクション
  • 2010年 A Savage Symphony - The History of Annihilation

その他編集

以下はオフィシャル側から、傍流の音源として除外されている。

アルバム
  • 1998年 The Least Successful Human Cannonball - ザ・リースト・サクセスフル・ヒューマン・キャノンボール
EP
  • 1994年 Destruction - デストラクション
  • 1995年 Them Not Me - ゼム・ノット・ミー

脚注編集

外部リンク編集