デスモグレイン2(英:desmoglein-2、英語発音はデズモグライン ツー)は、細胞接着装置の1つである接着斑(デスモソーム)の細胞接着分子で、カルシウム結合性の膜貫通タンパク質(transmembrane protein)である。ヒト遺伝子は、DSG2[5][6]

DSG2
PDBに登録されている構造
PDBオルソログ検索: RCSB PDBe PDBj
識別子
記号DSG2, ARVC10, ARVD10, CDHF5, CMD1BB, HDGC, desmoglein 2
外部IDOMIM: 125671 MGI: 1196466 HomoloGene: 1464 GeneCards: DSG2
遺伝子の位置 (ヒト)
18番染色体 (ヒト)
染色体18番染色体 (ヒト)[1]
18番染色体 (ヒト)
DSG2遺伝子の位置
DSG2遺伝子の位置
バンドデータ無し開始点31,498,177 bp[1]
終点31,549,008 bp[1]
RNA発現パターン
PBB GE DSG2 217901 at fs.png
さらなる参照発現データ
オルソログ
ヒトマウス
Entrez
Ensembl
UniProt
RefSeq
(mRNA)

NM_001943

NM_007883

RefSeq
(タンパク質)

NP_001934

NP_031909

場所
(UCSC)
Chr 18: 31.5 – 31.55 MbChr 18: 20.56 – 20.6 Mb
PubMed検索[3][4]
ウィキデータ
閲覧/編集 ヒト閲覧/編集 マウス

カドヘリン様配列があるので、接着斑カドヘリン(desmosomal cadherins)とも呼ばれ、カドヘリンファミリーの糖タンパク質である。4つのアイソフォームデスモグレイン1、デスモグレイン2、デスモグレイン3デスモグレイン4があり、対応する4つの遺伝子は18番染色体にある。主に表皮を材料に研究されているが、小腸乳腺気管膀胱肝臓心臓胸腺などの臓器にも存在する。

デスモグレイン2の別名編集

DG2; DSG2; HDGC; cadherin family member 5; desmoglein-2

発見編集

相互作用編集

 
図1.接着斑の2次元模型。細胞接着タンパク質(緑色)、細部膜(黄緑色)、細胞膜裏打ちタンパク質(赤色)、中間径フィラメント(青色)
 
図2.デスモグレインのドメイン構造。RUDの数はデスモグレインのアイソフォームで異なる。代表にデスモグレイン1の5個を描いたが、デスモグレイン2は6個、デスモグレイン3は2個、デスモグレイン4は3個である。略号: DTD, desmoglein terminal domain; EA, extracellular anchor domain; EC, extracellular cadherin domain; IA, intracellular anchor; ICS, intracellular cadherin sequence; IPL, intracellular proline rich linker; RUD, repeating unit domain; TM, transmembrane domain。

デスモグレイン1は、細胞外でデスモグレインやデスモコリン1[7]と結合し、細胞内でプラコグロビン(plakoglobin[8][9][10]plakophilin-3[11]と結合する。

機能と構造編集

デスモグレイン2の機能は、図1に示すように、カルシウム依存性の「細胞-細胞接着」を担う細胞接着分子として、接着斑(デスモソーム)の細胞接着と接着斑の構築・維持に機能している。

構造は、図2に示す。

疾患編集

デスモグレイン2の異常は接着斑の異常、つまり、上皮細胞の接着異常になる。デスモグレイン2が関係するヒト疾患を以下に示す。

  • 不整脈源性右室心筋症 (Arrhythmogenic right ventricular dysplasia、ARVD)[12]
  • 胃癌 (gastric carcinoma)。びまん型(diffuse type)の胃癌はデスモグレイン2の発現が低い[13]
  • 膵臓癌 (gastric carcinoma)。デスモグレイン2の発現が低いと膵臓癌細胞が浸潤しやすい[14]

日本の貢献編集

米国・国立医学図書館の無料の生物医学系データベースであるパブメド「desmoglein-2」(デスモグレイン2)に関する論文数と日本論文率を見ると、世界で最初に論文発表されたのが1986年で、2016年2月2日までに、世界中で230報の論文が発表された。この内、20報は日本から発表されているので、日本論文率は8.7%である。科学の全分野平均の日本論文率は8%なので、デスモグレイン 2の日本の論文数貢献度は平均と同じである。

出典編集

  1. ^ a b c GRCh38: Ensembl release 89: ENSG00000046604 - Ensembl, May 2017
  2. ^ a b c GRCm38: Ensembl release 89: ENSMUSG00000044393 - Ensembl, May 2017
  3. ^ Human PubMed Reference:
  4. ^ Mouse PubMed Reference:
  5. ^ Arnemann J, Spurr NK, Magee AI, Buxton RS (July 1992). “The human gene (DSG2) coding for HDGC, a second member of the desmoglein subfamily of the desmosomal cadherins, is, like DSG1 coding for desmoglein DGI, assigned to chromosome 18”. Genomics 13 (2): 484-486. doi:10.1016/0888-7543(92)90280-6. PMID 1612610. 
  6. ^ Entrez Gene: DSG2 desmoglein 2”. 2013年9月23日閲覧。
  7. ^ Chitaev NA, Troyanovsky SM (1997). “Direct Ca2+-dependent heterophilic interaction between desmosomal cadherins, desmoglein and desmocollin, contributes to cell-cell adhesion”. J. Cell Biol. 138 (1): 193-201. PMC: 2139935. PMID 9214392. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2139935/. 
  8. ^ Bannon LJ, Cabrera BL, Stack MS, Green KJ (2001). “Isoform-specific differences in the size of desmosomal cadherin/catenin complexes”. J. Invest. Dermatol. 117 (5): 1302-1306. doi:10.1046/j.1523-1747.2001.01512.x. PMID 11710948. 
  9. ^ Nieset JE, Sacco-Bubulya PA, Sadler TM, Johnson KR, Wheelock MJ, Jk3rd (2000). “The amino- and carboxyl-terminal tails of (beta)-catenin reduce its affinity for desmoglein 2”. J. Cell. Sci. 113 ( Pt 10): 1737-1745. PMID 10769205. 
  10. ^ Ozawa M, Terada H, Pedraza C (1995). “The fourth armadillo repeat of plakoglobin (gamma-catenin) is required for its high affinity binding to the cytoplasmic domains of E-cadherin and desmosomal cadherin Dsg2, and the tumor suppressor APC protein”. J. Biochem. 118 (5): 1077-1082. PMID 8749329. 
  11. ^ Bonne S, Gilbert B, Hatzfeld M, Chen X, Green KJ, van Roy F (April 2003). “Defining desmosomal plakophilin-3 interactions”. J. Cell Biol. 161 (2): 403-416. doi:10.1083/jcb.200303036. PMC: 2172904. PMID 12707304. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2172904/. 
  12. ^ Awad MM, Dalal D, Cho E, Amat-Alarcon N, James C, Tichnell C, Tucker A, Russell SD, Bluemke DA, Dietz HC, Calkins H, Judge DP (July 2006). “DSG2 mutations contribute to arrhythmogenic right ventricular dysplasia/cardiomyopathy”. Am J Hum Genet 79 (1): 136-142. PMC: 1474134. PMID 16773573. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1474134/. 
  13. ^ Yashiro M, Nishioka N, Hirakawa K (Sep 2006). “Decreased expression of the adhesion molecule desmoglein-2 is associated with diffuse-type gastric carcinoma”. Eur J Cancer 42 (14): 2397-2403. PMID 16890424. 
  14. ^ Ramani VC, Hennings L, Haun RS (Dec 2008). “Desmoglein 2 is a substrate of kallikrein 7 in pancreatic cancer”. BMC Cancer 8: 373-. doi:10.1186/1471-2407-8-373. PMC: 2628383. PMID 19091121. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2628383/. 

参考文献編集

関連英文論文編集

関連項目編集

外部リンク編集