デックス東京ビーチ

東京臨海副都心 > お台場 > デックス東京ビーチ

デックス東京ビーチ(デックスとうきょうビーチ、英称:DECKS Tokyo Beach)は、東京都港区台場にある都市型のショッピングモールである。

デックス東京ビーチ
DECKS Tokyo Beach
DECKS Tokyo Beach.jpg
地図
店舗概要
所在地 135-0091
東京都港区台場1丁目6番1号
座標 北緯35度37分44.9秒 東経139度46分33.1秒 / 北緯35.629139度 東経139.775861度 / 35.629139; 139.775861 (デックス東京ビーチ)座標: 北緯35度37分44.9秒 東経139度46分33.1秒 / 北緯35.629139度 東経139.775861度 / 35.629139; 139.775861 (デックス東京ビーチ)
開業日 1996年7月12日(第1期)[1]
2000年12月2日(第2期)[2]
土地所有者 東京都→東急不動産・アクティビア・プロパティーズ投資法人
施設所有者 台場B街区事業者グループ→東急不動産・アクティビア・プロパティーズ投資法人
施設管理者 住商アーバン開発→東急不動産SCマネジメント
敷地面積 18,703.45 m²[3]
延床面積 67,506.91 m²[3] 
店舗数 150店
営業時間 店舗により異なる
最寄駅 お台場海浜公園駅
最寄IC 台場臨海副都心有明
東急グループ東急
テンプレートを表示

概要編集

ゆりかもめ開業後の、台場エリアに建てられた最初の大型商業施設であり、台場B街区事業者グループ(住友商事住友生命保険大成建設・台場開発・住友海上火災保険(現:三井住友海上火災保険)・興和不動産(現:日鉄興和不動産)・住友建設(現:三井住友建設))が都から敷地を借り受け、事業主体として開発を進め、住商子会社の住商アーバン開発が運営を担い、1996年7月12日にオープンした[1]

2013年9月、台場B街区事業者グループが建物を信託銀行に売却し、建物と賃貸収入を得られる権利を証券化した信託受益権東急不動産が取得[4]2016年10月には敷地も取得し、土地・建物を一体で所有していたが[5]2018年1月から同社系のアクティビア・プロパティーズ投資法人とともに土地・建物の所有権を有している[3] 。施設運営は東急不が建物を取得後もしばらく住商アーバン開発が行っていたが[4]、後に東急不動産SCマネジメントに変更となった。

2000年に隣接部に竣工したアクアシティお台場三菱地所系)とは連接しており、台場エリアの一大ショッピングスポットを形成している。

名称の由来はデッキボード張りのオープンテラスから。

施設構成編集

船をモチーフにした地上8階建て(登記簿上記載)のショッピングモールで[3]、1、2階の一部には店舗が入るが主に駐車場用途とし、3階以上に店舗、レストラン、アミューズメント施設等を配した。お台場海浜公園駅からはペデストリアンデッキで直結し[1]、建物の一部区画がログテラス風のオープンデッキとなっており、潮風やレインボーブリッジなど周囲の景色を感じ取ることができる。

2000年12月2日、総事業費約80億円を投じた香港の街並みを再現した「台場小香港」(2010年12月に閉鎖)などが入る新館のアイランドモールが完成[2]。既存のCAセガジョイポリスの運営による屋内型テーマパーク東京ジョイポリス」などが入るシーサイドモールと併せ、延床面積は67,506.91m² となった[3]

昭和30年代の下町の商店街を再現した「台場一丁目商店街」(2010年10月26日オープン)[6]レゴブロックをテーマにした屋内型パーク「レゴランド・ディスカバリーセンター東京(2012年6月オープン)[7]、著名人そっくりの蝋人形館「マダム・タッソー東京」(2011年9月〜2012年1月の期間限定で開設。翌年3月15日から常設)など大幅なリニューアルも行われている。

沿革編集

フロアマップ編集

東京ジョイポリス
台場一丁目商店街(シーサイドモール4F)
デックス東京ベイスタジオ(シーサイドモール3F)
アイランドモール
Island Mall
シーサイドモール
Seaside Mall
7 レゴランド・ディスカバリー・センター東京
6 レストラン
5 エンタテインメント・ショップ 東京ジョイポリス
4 ショップ 東京トリックアート迷宮館
台場一丁目商店街お台場たこ焼きミュージアム
3 ショップ・カフェマダム・タッソー東京レゴランド・ディスカバリー・センター東京 ショップ・カフェ
2 駐車場
1 駐車場ショップ&カフェ

交通編集

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 月刊レジャー産業資料 2015, p. 89.
  2. ^ a b 「お台場にリトル香港登場、デックス東京ビーチ、新館、12月オープン」『日本経済新聞』東京版 2000年10月13日
  3. ^ a b c d e 資産の取得及び貸借に関するお知らせ”. アクティビア・プロパティーズ投資法人 (2017年11月18日). 2020年12月5日閲覧。
  4. ^ a b 「東急不、商業施設4割増、お台場の物件100億円で取得、18年度までに40ヵ所」『日本経済新聞』2013年10月6日
  5. ^ 【売買】デックス東京ビーチを一体所有に、東急不動産”. 日経不動産マーケット情報 (2016年11月11日). 2020年12月5日閲覧。
  6. ^ 「デックス東京ビーチに、下町の商店街復活 10月26日オープン」『毎日新聞』東京版 2002年10月1日
  7. ^ 「東京・お台場に「レゴ」遊具施設、英レジャー大手が進出」『日本経済新聞』2011年6月24日

参考文献編集

  • 『月刊レジャー産業資料』綜合ユニコム、1998年8月。

関連項目編集

外部リンク編集