メインメニューを開く

デノスマブ(denosumab)は、RANKLを標的としたヒト型モノクローナル抗体製剤、分子標的治療薬雪印およびAmgenが創製し、日本では第一三共から販売されている。

デノスマブ?
モノクローナル抗体
種類 全長抗体
原料 ヒト
抗原 RANK ligand
臨床データ
販売名 プラリア、ランマーク
Drugs.com monograph
MedlinePlus a610023
ライセンス US FDA:リンク
胎児危険度分類
  • US: C
法的規制
投与方法 6ヶ月おきに皮下注
薬物動態データ
生物学的利用能 N/A
識別
CAS番号
615258-40-7 ×
ATCコード M05BX04 (WHO)
UNII 4EQZ6YO2HI チェック
KEGG D03684  チェック
ChEMBL CHEMBL1237023 ×
別名 AMG 162
化学的データ
化学式 C6404H9912N1724O2004S50
分子量 144.7 kDa
プラリア(抗ランクルヒト型モノクローナル抗体製剤)

目次

薬理編集

receptor activator of nuclear factor κB ligand(RANKL)は破骨細胞の分化・成熟・機能および生存を制御している[1]。RANKLとデノスマブが結合することにより、破骨細胞へのシグナル伝達を抑制し、骨溶解を防ぐ。

適応編集

乳癌術後補助療法、関節リウマチ[3]については臨床試験中。

効果編集

副作用編集

重篤な副作用として添付文書記載されているものは、低カルシウム血症(5.6%)、顎骨壊死・顎骨骨髄炎(1.8%)、アナフィラキシー(頻度不明)、大腿骨転子下および近位大腿骨骨幹部の非定型骨折(頻度不明)、重篤な皮膚感染症(0.1%)である。

低カルシウム血症を予防するためにカルシウムビタミンDマグネシウムの合剤である「デノタス」を併用することがある。

出典編集

  1. ^ http://www.eisai.jp/medical/region/bone-joint/osteoporosis-gazou/0210v1n1/01.html
  2. ^ https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/201203/523951.html
  3. ^ Choen SB, et al: Denosumab treatment effects on structural damage, bone mineral density, and bone turnover in rheumatoid arthritis; a tweleve-month, multicenter, randomized, double-blind, placebo-controlled, phase II clinical trial. Arthritis Rheum 58(5):1299-1309, 2008
  4. ^ Sheedy KC, et al. Comparison of the Efficacy, Adverse Effects and Cost of Zoledronic Acid and Denosumab In the Treatment of Osteoporosis. Endocr Pract. 2014 Nov 4: 1-11.