デパ地下(デパちか)とは、日本の百貨店(デパート)の食料品売り場を指す通称(俗称)である。たいてい地下にあるにあるためそう呼ばれるが、当然のことながら営業戦略や建物の都合などから地下にあるとは限らない。

夕方時に込み合う総菜テナント(天満屋福山店)
テナントの菓子店(天満屋福山店)
韓国ロッテ百貨店のデパ地下

概要編集

主に売られている食品は、惣菜弁当スイーツなどである。スイーツや惣菜は、有名店のテナントが出店することもある。また、イベントとして物産展が開催されたり、駅弁などが販売されたりもする。

来店客への対面販売以外に通信販売や配達に対応するデパ地下テナントもあり、新型コロナウイルス感染症の流行を受けた外出自粛により2020年代初頭において拡大している[1]

大丸松坂屋の「ほっぺタウン」[2]そごう・西武の「エブリデイ」(そごう)・「西武食品館」(西武) [3][4]のように、食品売場に独自のブランド名を付けている百貨店もある。


歴史編集

日本で初めてデパ地下が導入されたのは1936年であり、場所は松坂屋名古屋店である[5]。その後、デパ地下は各地に広がっていった。

デパ地下という名称がテレビ雑誌などのマスメディアによって使われ始めたのは2000年東急百貨店東横店「東急フードショー」が開業してからである[6]

地下にある理由編集

地下や低層階を食料品売り場にしているデパートが多いのは、メリットとして水回りガス電気などの設備が地上階に設置することに比べて低コストなためである[7]。実際に東急百貨店本店は最上階に食料品売り場を設けたことがあるが、売り場面積が限られ商品を運ぶ手間もかかったためその後は地下に移した[7]。もう一つのメリットとして、地下鉄と接続して地下街の一部を形成することや、あるいは地下に設置された駐車場と直結することで地下からの入店を狙えることである[7]。そして食品売場に集めた客を、上層階へ誘う狙いがある。これを「噴水効果」と呼ぶ[7]

ただし、建物の構造上の事情などから、地下ではない「デパ地下」もいくつか存在する。ただしそのような場合でも、1階など低層階に配置されることが常である。

  • 1フロアの面積が広くない・食料品の売り場面積をより強化する等の理由で、「デパ地下」が地下スペースと地上スペースに分散して配置されている(北千住マルイ柏髙島屋東武百貨店宇都宮店など)
  • そもそも建物自体に地下スペースがない、駐車場・駐輪場や機械室など売り場以外に当てられている(米子しんまち天満屋さくら野百貨店北上店など)

デパ地下の傾向編集

デパ地下の機能(食料品)のみに特化したデパートの出店形態もある。これらはショッピングセンター内の大型テナントの一つとして出店しているケースが殆どであり、実例では以下がある。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 活況、「デパ地下」宅配 高島屋参入で大手勢ぞろい『日経MJ』2022年2月9日コンビニ・フード面
  2. ^ 商標登録第5125573号(特許情報プラットフォーム)
  3. ^ 商標登録第5985679号(特許情報プラットフォーム)
  4. ^ 商標登録第6032609号(特許情報プラットフォーム)
  5. ^ 大丸松坂屋百貨店|沿革
  6. ^ 「成り上がり」スイーツ、ラスクがデパ地下を救うワケ日経ビジネス
  7. ^ a b c d 「デパ地下」なぜ食品売り場は地下にあるの?”. 日本経済新聞. 2020年7月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集