メインメニューを開く

デビスカップ

デビスカップ (: Davis Cup, [deʼivis kʌp][1]) は、1900年から毎年行われている男子テニスの国別対抗戦。略称はデ杯。原音では「デイヴィス・カップ」に近い発音。

デビスカップ
今シーズン・大会:
現在進行のスポーツイベント デビスカップ2018
Logo Davis Cup.png
競技 テニス
創立 1900年
参加チーム 16 (ワールドグループ)
130 (2016年総計)
ITF加盟国
前回優勝  クロアチア (2回目)
最多優勝  アメリカ合衆国 (32回)
公式サイト daviscup.com

名称は優勝杯を大会に寄贈したドワイト・デービスにちなむ[1]。かつてはNECが協賛をつとめていたが、現在はこれにかわってBNPパリバがつとめており、「Davis Cup by BNP Paribas」の名で開催されている。

なお同等の女子テニス国別対抗戦は「フェドカップ」という別名称がついている。

目次

大会の流れ編集

各国には代表選手4名が選出され、試合は3日間にわたって行われる。各試合は5セット・マッチで行う。第1日目はシングルス2試合、第2日目はダブルス、第3日目はシングルス2試合を行い、先に3試合を取った国の勝利となる。ただし、最終第5試合(シングルス)を待たずに一方の国が3勝を挙げて勝利が確定した場合、残った“消化試合”は3セット・マッチに短縮される。

また、開催国がサーフェスを決定することができる。開催国は、過去に対戦がないか、対戦が古すぎる場合は抽選、それ以外の場合は両国が交互に開催することになる。そのため、開催国は自国に有利になるコート・サーフェスを用意する場合が多い。 例えば、クレー勝率9割超えのナダルを筆頭にクレーコーターの多いスペインはクレーを選択することが多い他、伝統的に速いコートが得意な選手の多いアメリカはハードコートを選択する場合が多い。逆にそれらを封じるために、相手の不得手とするコートをあえて選ぶ場合もある。ビッグサーバーの多い国(クロアチアなど)を相手にする場合は、サーブの威力の落ちるクレーコートを選択する、などがそれである。

出場国は種々の「グループ」に分かれる。頂点にいる「ワールドグループ」16か国は、1回戦からトーナメントを行う。ワールドグループ1回戦で敗退した国と、世界各地の「ゾーン」(例:欧州ゾーン、東洋ゾーンなど)の優勝国が、翌年のワールドグループ出場権をかけて「プレーオフ」を行う。ワールドグループ各会場の1回戦、2回戦、準決勝は原則として日程を同時に合わせることになっている。決勝は例年、12月初頭に行われ、ここでその年のデビスカップ優勝国が決まる。

構成編集

レベル グループ
1 ワールドグループ

16か国

2 グループⅠ
アメリカゾーン

6か国

グループI
ヨーロッパ/アフリカゾーン

12 か国

グループI
アジア/オセアニアゾーン

6か国

3 グループII
アメリカゾーン

8か国

グループII
ヨーロッパ/アフリカゾーン

16か国

グループII
アジア/オセアニアゾーン

8か国

4 グループIII
アメリカゾーン

9か国

グループIII
ヨーロッパゾーン

16か国

グループIII
アフリカゾーン

16か国

グループIII
アジア/オセアニアゾーン

8か国

5 グループIV
アジア/オセアニアゾーン

9か国

ATPポイント編集

デビスカップ
カテゴリー 試合勝利 試合敗北 チームボーナス パフォーマンス
ボーナス
合計
シングルス プレーオフ 5 / 101 15
1stラウンド 40 102 80
準々決勝 65 130
準決勝 70 140
決勝 75 753 1254 150 / 2253 / 2754
合計 500 500 to 5353 6254 6254
ダブルス プレーオフ 10 10
1stラウンド 50 102 50
準々決勝 80 80
準決勝 90 90
決勝 95 355 95 / 1305
合計 315 3505 3505

2009~2015[2]

チーム勝利確定後のデッドラバーはポイントに加算されない。 1stラウンド以上の試合で欠場した選手は前のラウンドのポイントを受け取る。 .[2]

  • 1 シングルス初日は5ポイント, 最終日は10ポイント。[2]
  • 2 1stラウンドのみ, ライブラバーに出場して負けた選手は10ポイント。[2]
  • 3 チームボーナスはライブマッチで年間7勝したシングルスプレイヤーに与えられる。[2]
  • 4 パフォーマンスボーナスはライブマッチで年間8勝したシングルスプレイヤーに与えられる。なおこの場合チームボーナスは無くなる。[2]
  • 5 チームボーナスは年間4勝した同じペアのダブルスチームに与えられる。[2]

大会の歴史編集

1900年にインターナショナル・ローンテニス・チャレンジとして第1回大会が行なわれた。ハーバード大学テニスチームの考案であった。第1回はボストンロングウッド・クリケット・クラブで行なわれ、アメリカとイギリスが対戦し、アメリカが初代チャンピオンに輝いた。1904年以降は、前年優勝国と予選大会の優勝国が対戦するいわゆるアメリカズカップと同じ方式になった。

1923年からアメリカゾーンとヨーロッパゾーンに分けられ、それぞれの勝者がInter-Zonal Zone ("INZ")で対戦し、その勝者がディフェンディングチャンピオンと対戦する方式となる。1955年からはさらにイースタンゾーンが加わった。1966年にはヨーロッパゾーンがヨーロッパゾーンAとヨーロッパゾーンBに別れた。

1972年から勝ち残り式トーナメント方式となり前年の優勝者も全てのラウンドに参加することになった。

1981年から現在の方式が作られ、16の上位国からなるワールドグループとその他の地域別グループに分けられた。1989年からはタイブレーク制が導入された。

2019年からデ杯の大会制度が変わり、コスモス社のジェラール・ピケ三木谷浩史氏が25年間の支援を行う[3][4][5]。1年間かけてトーナメント方式で世界最強国を決める方式から、11月の1週間で優勝を決める方式に変更される。

デビスカップ日本代表編集

デビスカップ日本代表は初出場となる1921年のインターナショナル・ローンテニス・チャレンジで決勝進出。決勝ではアメリカに0勝5敗で、準優勝となった。 現行制度の16か国によるワールドグループ制以降、日本は1981年、1985年、2012年、2014 - 2018年にワールドグループに進出している(それ以外はアジアグループ内又は入れ替え戦で敗退)。

歴代優勝国編集

* アウェーでの優勝

[6]

優勝 スコア 準優勝
1900   アメリカ合衆国 3–0   イギリス[7]
1901   アメリカ合衆国 w/o   イギリス
1902   アメリカ合衆国 3–2   イギリス
1903   イギリス 4–1*   アメリカ合衆国
1904   イギリス 5–0   ベルギー
1905   イギリス 5–0   アメリカ合衆国
1906   イギリス 5–0   アメリカ合衆国
1907   オーストララシア[8] 3–2*   イギリス
1908   オーストララシア 3–2   アメリカ合衆国
1909   オーストララシア 5–0   アメリカ合衆国
1910   オーストララシア w/o   イギリス
1911   オーストララシア 4–0   アメリカ合衆国
1912   イギリス 3–2*   オーストララシア
1913   アメリカ合衆国 3–2*   イギリス
1914   オーストララシア 3–2*   アメリカ合衆国
開催せず &
&
1919   オーストララシア 4–1   イギリス
1920   アメリカ合衆国 5–0*   オーストララシア
1921   アメリカ合衆国 5–0   日本
1922   アメリカ合衆国 4–1   オーストララシア
1923   アメリカ合衆国 4–1   オーストラリア
1924   アメリカ合衆国 5–0   オーストラリア
1925   アメリカ合衆国 5–0   フランス
1926   アメリカ合衆国 4–1   フランス
1927   フランス 3–2*   アメリカ合衆国
1928   フランス 4–1   アメリカ合衆国
1929   フランス 3–2   アメリカ合衆国
1930   フランス 4–1   アメリカ合衆国
1931   フランス 3–2   イギリス
1932   フランス 3–2   アメリカ合衆国
1933   イギリス 3–2*   フランス
1934   イギリス 4–1   アメリカ合衆国
1935   イギリス 5–0   アメリカ合衆国
1936   イギリス 3–2   オーストラリア
1937   アメリカ合衆国 4–1*   イギリス
1938   アメリカ合衆国 3–2   オーストラリア
1939   オーストラリア 3–2*   アメリカ合衆国
~開催せず &
&
1946   アメリカ合衆国 5–0*   オーストラリア
1947   アメリカ合衆国 4–1   オーストラリア
1948   アメリカ合衆国 5–0   オーストラリア
1949   アメリカ合衆国 4–1   オーストラリア
1950   オーストラリア 4–1*   アメリカ合衆国
1951   オーストラリア 3–2   アメリカ合衆国
1952   オーストラリア 4–1   アメリカ合衆国
1953   オーストラリア 3–2   アメリカ合衆国
1954   アメリカ合衆国 3–2*   オーストラリア
1955   オーストラリア 5–0*   アメリカ合衆国
1956   オーストラリア 5–0   アメリカ合衆国
1957   オーストラリア 3–2   アメリカ合衆国
1958   アメリカ合衆国 3–2*   オーストラリア
1959   オーストラリア 3–2*   アメリカ合衆国
1960   オーストラリア 4–1   イタリア
1961   オーストラリア 5–0   イタリア
1962   オーストラリア 5–0   メキシコ
1963   アメリカ合衆国 3–2*   オーストラリア
1964   オーストラリア 3–2*   アメリカ合衆国
1965   オーストラリア 4–1   スペイン
1966   オーストラリア 4–1   インド
1967   オーストラリア 4–1   スペイン
1968   アメリカ合衆国 4–1*   オーストラリア
1969   アメリカ合衆国 5–0   ルーマニア
1970   アメリカ合衆国 5–0   西ドイツ
1971   アメリカ合衆国 3–2   ルーマニア
1972   アメリカ合衆国 3–2*   ルーマニア
1973   オーストラリア 5–0*   アメリカ合衆国
1974   南アフリカ共和国 w/o*[9]   インド
1975   スウェーデン 3–2   チェコスロバキア
1976   イタリア 4–1*   チリ
1977   オーストラリア 3–1   イタリア
1978   アメリカ合衆国 4–1   イギリス
1979   アメリカ合衆国 5–0   イタリア
1980   チェコスロバキア 4–1   イタリア
1981   アメリカ合衆国 3–1   アルゼンチン
1982   アメリカ合衆国 4–1*   フランス
1983   オーストラリア 3–2   スウェーデン
1984   スウェーデン 4–1   アメリカ合衆国
1985   スウェーデン 3–2*   西ドイツ
1986   オーストラリア 3–2   スウェーデン
1987   スウェーデン 5–0   インド
1988   西ドイツ 4–1*   スウェーデン
1989   西ドイツ 3–2   スウェーデン
1990   アメリカ合衆国 3–2   オーストラリア
1991   フランス 3–1   アメリカ合衆国
1992   アメリカ合衆国 3–1   スイス
1993   ドイツ 4–1   オーストラリア
1994   スウェーデン 4–1*   ロシア
1995   アメリカ合衆国 3–2*   ロシア
1996   フランス 3–2*   スウェーデン
1997   スウェーデン 5–0   アメリカ合衆国
1998   スウェーデン 4–1*   イタリア
1999   オーストラリア 3–2*   フランス
2000   スペイン 3–1   オーストラリア
2001   フランス 3–2*   オーストラリア
2002   ロシア 3–2*   フランス
2003   オーストラリア 3–1   スペイン
2004   スペイン 3–2   アメリカ合衆国
2005   クロアチア 3–2*   スロバキア
2006   ロシア 3–2   アルゼンチン
2007   アメリカ合衆国 4–1   ロシア
2008   スペイン 3–1*   アルゼンチン
2009   スペイン 5–0   チェコ
2010   セルビア 3–2   フランス
2011   スペイン 3–1   アルゼンチン
2012   チェコ 3–2   スペイン
2013   チェコ 3–2*   セルビア
2014   スイス 3–1*   フランス
2015   イギリス 3–1*   ベルギー
2016   アルゼンチン 3–2*   クロアチア
2017   フランス 3–2   ベルギー
2018   クロアチア 3–1*   フランス

チーム別優勝編集

優勝 準優勝
  アメリカ合衆国 1900, 1902, 1913, 1920, 1921, 1922, 1923, 1924, 1925, 1926, 1937, 1938, 1946, 1947, 1948, 1949, 1954, 1958, 1963, 1968, 1969, 1970, 1971, 1972, 1978, 1979, 1981, 1982, 1990, 1992, 1995, 2007 (32) 1903, 1905, 1906, 1908, 1909, 1911, 1914, 1927, 1928, 1929, 1930, 1932, 1934, 1935, 1939, 1950, 1951, 1952, 1953, 1955, 1956, 1957, 1959, 1964, 1973, 1984, 1991, 1997, 2004 (29)
  オーストラリア 1907, 1908, 1909, 1911, 1914, 1919, 1939, 1950, 1951, 1952, 1953, 1955, 1956, 1957, 1959, 1960, 1961, 1962, 1964, 1965, 1966, 1967, 1973, 1977, 1983, 1986, 1999, 2003 (28) 1912, 1920, 1922, 1923, 1924, 1936, 1938, 1946, 1947, 1948, 1949, 1954, 1958, 1963, 1968, 1990, 1993, 2000, 2001 (19)
  イギリス 1903, 1904, 1905, 1906, 1912, 1933, 1934, 1935, 1936, 2015 (10) 1900, 1902, 1907, 1913, 1919, 1931, 1937, 1978 (8)
  フランス 1927, 1928, 1929, 1930, 1931, 1932, 1991, 1996, 2001, 2017 (10) 1925, 1926, 1933, 1982, 1999, 2002, 2010, 2014, 2018 (9)
  スウェーデン 1975, 1984, 1985, 1987, 1994, 1997, 1998 (7) 1983, 1986, 1988, 1989, 1996 (5)
  スペイン 2000, 2004, 2008, 2009, 2011 (5) 1965, 1967, 2003, 2012 (4)
  西ドイツ
  ドイツ
1988, 1989, 1993 (3) 1970, 1985 (2)
  チェコスロバキア
  チェコ
1980, 2012, 2013 (3) 1975, 2009 (2)
  ロシア 2002, 2006 (2) 1994, 1995, 2007 (3)
  クロアチア 2005, 2018 (2) 2016 (1)
  イタリア 1976 (1) 1960, 1961, 1977, 1979, 1980, 1998 (6)
  セルビア 2010 (1) 2013 (1)
  スイス 2014 (1) 1992 (1)
  南アフリカ共和国 1974 (1) (0)
  アルゼンチン 2016 (1) 1981, 2006, 2008, 2011 (4)
  インド (0) 1966, 1974, 1987 (3)
  ルーマニア (0) 1969, 1971, 1972 (3)
  ベルギー (0) 1904, 2015, 2017 (3)
  日本 (0) 1921 (1)
  メキシコ (0) 1962 (1)
  チリ (0) 1976 (1)
  スロバキア (0) 2005 (1)

大陸別優勝編集

大陸 優勝 準優勝
ヨーロッパ 45 48
北アメリカ 32 30
オセアニア 28 19
アフリカ 1 0
南アメリカ 1 5
アジア 0 4

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 研究社辞書部 1960.
  2. ^ a b c d e f g The 2015 ATP® Official Rulebook (pdf)” (2015年1月18日). 2016年3月5日閲覧。
  3. ^ Davis Cup reform: Nations vote for 18-team season-ending event”. BBC Sport (2018年8月16日). 2018年8月17日閲覧。
  4. ^ Bodo, Peter (2018年8月16日). “Here's everything you need to know about the massive Davis Cup overhaul”. ESPN. 2018年8月17日閲覧。
  5. ^ Tennis greats tear into Davis Cup overhaul”. news.com.au (2018年8月17日). 2018年8月17日閲覧。
  6. ^ Davis Cup champions”. Davis Cup. 2016年1月29日閲覧。
  7. ^ デビスカップ公式サイトには1900年~1912年までのイギリスは“British Isles”と記載されていた
  8. ^ オーストラリアとニュージーランドの混成チーム
  9. ^ インドが当時の南アフリカ政府によるアパルトヘイト政策に対する抗議のため、南アフリカへの渡航を拒否したために決勝は取りやめとなり、南アフリカにデビスカップが与えられた。

参考文献編集

  • 研究社辞書部, ed (1960). “Davis cup”. 研究社新英和大辞典 (4 ed.). 東京: 研究社. p. 445. NCID BN01869467. 

外部リンク編集