メインメニューを開く

デビスカップアルゼンチン代表

デビスカップアルゼンチン代表(Argentina Davis Cup team)は、アルゼンチンテニス協会(Asociación Argentina de Tennis)によって編成される男子テニス国別対抗戦デビスカップのチームである。1921年からデビスカップに参戦し(1921年の対戦では不戦敗を喫している)、1923年にデビスカップでは初試合を行った。そこから低迷を繰り返したものの、ギリェルモ・ビラスらの活躍によって、1981年大会で準優勝を果たしてのち、4度の準優勝を最高成績としている。その後フアン・マルティン・デル・ポトロらの活躍で2016年大会で初優勝を果たした。現在のITFランク(世界ランキング)は1位。

アルゼンチン
Flag of Argentina.svg
監督 ダニエル・オルサニック
ITFランク 1位
カラー 水色と白
初出場 1921年
通算参加年数 62
通算成績 151(88勝63敗)
デ杯優勝 1
最高成績 優勝(2016)
最多勝利 ギリェルモ・ビラス(57勝24敗)
シングルス最多勝利 ギリェルモ・ビラス(45勝10敗)
ダブルス最多勝利 ダビド・ナルバンディアン(16勝5敗)
最多勝利ペア ホセ・ルイス・クラーク&ギリェルモ・ビラス(7勝7敗)
最多試合出場 ギリェルモ・ビラス(29)
最多年出場 ギリェルモ・ビラス(14)

優勝戦績編集

決勝進出結果編集

結果 開催期間 開催地 サーフェス 対戦国 スコア
準優勝 1981 11月11-13日   シンシナティ カーペット(室内)   アメリカ合衆国 1-3
準優勝 2006 12月1-3日   モスクワ カーペット(室内)   ロシア 2-3
準優勝 2008 11月21-23日   マル・デル・プラタ ハード(室内)   スペイン 1-3
準優勝 2011 12月2-4日   セビージャ クレー(室内)   スペイン 1-3
優勝 2016 11月25-27日   ザグレブ ハード(室内)   クロアチア 3-2

最近の代表選手編集

年度別成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
G1 G1 1R SF QF SF F QF F QF SF F SF SF 1R SF W 1R

主な歴代選手編集

外部リンク編集