メインメニューを開く

デビッド・ブルース・ランドクィストDavid Bruce Lundquist, 1973年6月4日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州エセックス郡ビバリー出身の元プロ野球選手投手)、野球指導者。右投右打。2019年シーズンよりMLBフィラデルフィア・フィリーズで投手コーチ補佐を務める。

デビッド・ランドクィスト
David Lundquist
フィラデルフィア・フィリーズ コーチ補佐 #57
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 マサチューセッツ州エセックス郡ビバリー
生年月日 (1973-06-04) 1973年6月4日(46歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1993年 MLBドラフト5巡目
初出場 MLB / 1999年4月6日
NPB / 2003年3月30日
最終出場 MLB / 2002年6月28日
NPB / 2003年8月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

NPB所属時の登録名はデーブ・ランドクィストDave Lundquist)。

経歴編集

現役時代編集

1993年MLBドラフト5巡目(全体145位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名され、プロ入り。1999年4月6日にメジャーデビュー。

2000年カンザスシティ・ロイヤルズと契約するものの、シーズン開幕前の3月29日に解雇され、同年はアメリカ独立リーグアトランティックリーグに加盟するアバディーン・アーセナル英語版でプレーした。

2001年サンディエゴ・パドレスと契約し、メジャー復帰を果たす。

2003年広島東洋カープに入団し、来日。メジャーではケン・グリフィー・ジュニアから三振を取ったこともある右腕だが、日本では好成績を残せず1シーズン限りで退団し、帰国した。

2004年ピッツバーグ・パイレーツと契約するものの、メジャー復帰は果たせず、同年限りで現役引退。

引退後編集

2018年にはフィラデルフィア・フィリーズ傘下のAAA級リーハイバレー・アイアンピッグスで投手コーチを務め、2019年シーズンからはフィリーズの投手コーチ補佐に就任する[1]

投球スタイル編集

最速150km/hを超すストレートに加え、カッターチェンジアップを投げる。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1999 CWS 17 0 0 0 0 1 1 0 0 .500 106 22.0 28 3 12 0 1 18 0 0 21 21 8.59 1.82
2001 SD 17 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 86 19.2 20 1 7 1 1 19 2 1 13 13 5.95 1.37
2002 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 19 2.2 8 0 5 2 1 0 0 0 5 5 16.88 4.88
2003 広島 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 41 7.2 14 0 4 1 0 3 0 0 10 7 8.22 2.35
MLB:3年 37 0 0 0 0 1 2 0 0 .333 211 44.1 56 4 24 3 3 37 2 1 39 39 7.92 1.80
NPB:1年 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 41 7.2 14 0 4 1 0 3 0 0 10 7 8.22 2.35

記録編集

NPB

背番号編集

  • 49(1999年、2001年、2003年[注 1]
  • 47(2002年)
  • 57(2019年 - )

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 広島入団当初の背番号70だったが、シーズン開幕前に49に変更(ジミー・ハーストと背番号を交換)

出典編集

  1. ^ Tom Housenick (2018年11月16日). “Dave Lundquist promoted from IronPigs to Phillies as assistant pitching coach” (英語). The Morning Call. 2019年3月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集