デビー・グリーン

デビー・グリーンことデボラ・グリーン(Deborah "Debbie" Green、現姓:Green-Vargas、女性、1958年6月25日 - )は、アメリカ合衆国の元バレーボール選手、元アメリカ合衆国代表ロサンゼルスオリンピック銀メダリスト。

デビー・グリーン
Debbie Green
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1958-06-25) 1958年6月25日(59歳)
出身地 大韓民国の旗 ソウル特別市
ラテン文字 Debbie Green
身長 162cm
体重 55kg
選手情報
愛称 デビー
ポジション S
 
獲得メダル
Flag of the United States.svg アメリカ合衆国
オリンピック
1984 女子バレーボール
テンプレートを表示

デビーは歴代のアメリカ合衆国代表セッターの中でも、ベストセッターと謳われた[1][2][3]

目次

大学入学まで編集

1958年韓国ソウル特別市に生まれ、カリフォルニア州で育った。ウェストミンスター高校(英語版)在学中に、Adidas Junior Teamのメンバーとなり国内タイトルを総なめにした。デビーは史上最年少でオールアメリカン(英語版)に選出されている。

大学編集

大学は南カリフォルニア大学(USC)に進学した。デビーは低身長にも拘わらず、USC在学中に2度オールアメリカン(セッター部門)に選出された。デビーは素早くボールの下に回り込み、ジャンプトスを繰り出すことで、アタッカーに攻撃機会を与えるプレーを続けた。

1977年にはUSCトロージャンズは38勝無敗の成績でAIAW選手権(英語版)に優勝した。シーズン無敗記録は米国バレーボールの学生チームとしては初であった。翌1978年にもデビーは同選手権でUSCトロージャンズを優勝に導いた。

オリンピック編集

デビーは1980年の夏季オリンピックアメリカ合衆国女子代表に選出されたが、合衆国が参加ボイコットしたために幻の代表となった。次大会(1984年ロサンゼルスオリンピック)でも代表に選出され、合衆国女子代表チームの歴代最高位となる銀メダル獲得に貢献した。

プロ選手編集

デビーは国内女子プロバレーボールリーグのチームであるロサンゼルス・スターライツ(英語版)でプレーし、1987年と1988年には二連覇に貢献した。

2008-09シーズン終了まで、デビーはカリフォルニア州立大学ロングビーチ校でアシスタントコーチを務めた[4][5]

私生活編集

デビーは1992年にカリフォルニア州立大学ロングビーチ校でコミュニケーション学士号を取得している。

Joe Vargasと結婚し二子を儲けた。うち一人はデビーと同じくセッターで、デビーがアシスタントコーチを務めたUCロンビーチでプレーしていた。

1986年に全米バレーボール協会の殿堂入りを果たし、同年4月に合衆国歴代プレーヤから選ばれる「All-Time Great Volleyball Player」賞を受賞した。また女性として初めてオレンジ郡スポーツ殿堂入りの栄に浴した。USCでは、デビーの背番号を永久欠番とし、2003年には女性として五人目となるUSCアスリート殿堂入りを果たした[6]。また1995年にはバレーボール殿堂入りの栄誉に浴している[7]

脚注編集

  1. ^ Wagner, Dick. "Here Are Two Olympic Stars Who Never Stopped Shining." Los Angeles Times 14 June 1987: C3.
  2. ^ Debbie Green: The best setter USA has ever had
  3. ^ 2003 inductees for USC Athletic Hall of Fame
  4. ^ Debbie Green at the Official Website of Long Beach State athletics
  5. ^ Debbie Green Leaves The Beach The long-time volleyball coach finishes a 23-year career today
  6. ^ Long Beach state. “Debbie Green”. 2014年7月29日閲覧。
  7. ^ Volleyball Hall of Fame. “Hall of Famers by Class Year”. 2014年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月17日閲覧。

参考編集