メインメニューを開く

デメトリアス・アンドラーデDemetrius Andrade1988年2月26日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーロードアイランド州プロビデンス出身。元WBO世界スーパーウェルター級王者。元WBA世界スーパーウェルター級王者。現WBO世界ミドル級王者。世界ボクシング選手権ウェルター級部門金メダリスト北京オリンピック出場。エディー・ハーンのマッチルーム・スポルト・USA所属。トレーナーはデビット・キーファーと父のポール・アンドラーデ。

デメトリアス・アンドラーデ
基本情報
本名 デメトリアス・セザー・アンドラーデ
通称 Boo Boo(ブーブー)
階級 ミドル級
身長 185cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1988-02-26) 1988年2月26日(31歳)
出身地 ロードアイランド州プロビデンス
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 28
勝ち 28
KO勝ち 17
敗け 0
テンプレートを表示
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 ボクシング
世界ボクシング選手権
2007 シカゴ ウェルター級
パンアメリカン大会
2007 リオデジャネイロ ウェルター級

目次

来歴編集

アマチュア時代編集

アンドラーデは1994年に8歳でボクシングの手ほどきを父パウルから受け、17歳でアマチュアデビューを果たした。

2004年7月、インターナショナル・ジュニア・オリンピックに出場し決勝でショーン・ポーターを破り優勝した[1]

2005年3月、全米選手権にウェルター級(69kg)で出場し、準決勝でオースティン・トラウト、決勝でダニエル・ジェイコブスを破り優勝[2]。ナショナルゴールデングローブにウェルター級(69kg)で出場するが決勝でブラッド・ソロモンに敗退[3]

2006年3月、全米選手権にウェルター級(69kg)で出場し2連覇を達成した[4]。ナショナル・ゴールデングローブにウェルター級(69kg)で出場し優勝[5]

国際レベルでは苦戦が続き、2005年と2006年のワールドカップでは連続して敗退した。

2007年6月、全米選手権にウェルター級(69kg)で出場するが準決勝で敗退[6]。ナショナル・ゴールデングローブにウェルター級(69kg)で出場し2連覇を果たす[7]

2007年7月、ブラジルリオデジャネイロで行われたパンアメリカン競技大会ウェルター級部門に出場、準決勝でディエゴ・ガブリエル・チャベスを破るが、決勝で地元の選手に7-6の僅差判定で敗れあと一歩のところで金メダルを逃し、銀メダルを獲得した[8]

2007年8月、北京オリンピックのウェルター級部門の国内代表選考会に出場、キース・サーマンを2度破って世界選手権アメリカ代表に選出された[9]

2007年10月、シカゴで行われた世界ボクシング選手権にウェルター級(69kg)で出場。準々決勝でジャック・クルカイを破り、決勝でタイ人選手から1ラウンドにスタンディングダウンを奪い1ラウンド終了時の採点で11-3と大差をつけ、2ラウンドにタイ人選手が右腕の負傷で棄権したことで金メダルを獲得すると共にオリンピック出場権も獲得した[10]

2008年8月、北京オリンピックにウェルター級(69kg)で出場したアンドラーデは1回・2回戦と順当に勝ち進んだが、3回戦で韓国人選手に9-11の僅差判定で敗れた[11]

試合後アンドラーデはプロに転向すると発表した。アマチュア時代の戦績は不明。

プロ時代編集

トレーナーにはデビット・キーファーが付いた。小さい頃からずっと指導していた父のパウルがアシスタントトレーナーになった。

2008年10月23日、北京オリンピックから2か月後アンドラーデはプロデビュー戦のリングに上がり、2回24秒TKO勝ちを収め白星でデビュー戦を飾った。

2013年11月9日、テキサス州コーパスクリスティアメリカン・バンク・センターにてミゲル・アンヘル・ガルシアVSローマン・マルチネスの前座でバネス・マーティロスヤンWBO世界スーパーウェルター級王座決定戦を行い、初回にアンドラーデはプロ初ダウンを喫したが巻き返して2-1(117-110、114-113、112-115)の僅差判定勝ちを収め王座獲得に成功した[12]

2014年6月14日、ニューヨークバークレイズ・センタールスラン・プロボドニコフVSクリス・アルギエリの前座で、WBOインターコンチネンタルスーパーウェルター級王者で指名挑戦者のブライアン・ローズと対戦し、7回1分19秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した[13]。この試合でアンドラーデは20万ドル(約2200万円)、ローズは10万ドル(約1100万円)のファイトマネーを稼いだ[14]

2014年12月13日、MGMグランド・ガーデン・アリーナにて、アミール・カーンVSデボン・アレクサンダーの前座でジャーメル・チャーロと対戦予定だったがアンドラーデが申し出のあったファイトマネー55万ドルでは納得をせず交渉が決裂した[15][16]

2015年7月29日、バナー・プロモーションズとスター・ボクシングが専属契約中のアンドラーデに対して引き抜き工作を行ったとしてジェイ・Zのロック・ネイション・スポーツを2000万ドルの損害賠償を求めて提訴した。訴状によると、バナー・プロモーションズとスター・ボクシングはショウタイムとジャーメル・チャーロ戦を含めた3試合分の放送契約を交渉していたが、ロック・ネイション・スポーツはアンドラーデへ試合をした場合のファイトマネーと同額の55万ドルを支払う代わりにジャーメル・チャーロと対戦しないよう働きかけ、アンドラーデの引き抜きとHBOへの移籍を画策していたとのこと[17]

2015年7月31日、上述のジャーメル・チャーロとの対戦交渉決裂を含めの2度目の防衛戦の対戦交渉が合意に至らず、WBOからバナー・プロモーションズとスター・ボクシングに対する警告があったものの、アンドラーデがブライアン・ローズ戦以降、試合をしていない為、王者が9ヵ月以内に防衛戦を行わない場合に王座を剥奪するというWBOルールに則って王座を剥奪された[18][19][20]

2015年8月6日、ジャーメル・チャーロと対戦しなかったにもかかわらず、約束の55万ドルを支払わなかったとしてアンドラーデはロック・ネイション・スポーツを提訴した[21]

2015年8月10日、WBOはアンドラーデの王座剥奪に伴い王座は空位となった[22][23]

2016年1月12日、WBCがWBC世界スーパーウェルター級5位のチャールズ・ハトレイとWBC世界スーパーウェルター級挑戦者決定戦を行うよう指令を出した[24]

2016年6月11日、ニューヨーク州ヴェローナターニング・ストーン・リゾート・アンド・カジノ内ターニング・ストーン・イベント・センターにてWBC世界スーパーウェルター級10位のウィリー・ネルソンとWBC世界スーパーウェルター級挑戦者決定戦を行い、12回1分38秒TKO勝ちを収めWBC王座への挑戦権獲得に成功した[25]

2016年7月14日、WBAはアンドラーデに対しWBA世界スーパーウェルター級王者のジャック・クルカイのとの間で指名試合の対戦交渉を開始し、同年8月13日までの30日以内に対戦交渉を締結させるよう指令を出した[26][27]

2016年8月15日、クルカイを擁するザウアーランド・イベントが42万5000ドルを提示し、アンドラーデを擁するバーナー・プロモーションズが提示した20万1000ドルを上回った為、ザウアーランド・イベントが興行権を獲得した。ファイトマネーの分配はクルカイが75%に当たる31万8750ドル、アンドラーデが10万6250ドルとなった[28][29][30]

2016年10月30日、入札で興行権を獲得したザウアーランド・イベントは同年11月5日にポツダムMBSアレーナ・ポツダムタイロン・ツォイゲジョバンニ・デ・カロリス戦の前座でクルカイ対アンドラーデ戦を行う予定だったが、アンドラーデ陣営がWBAが設定した期限を過ぎても契約書に署名をしなかった為、試合は中止となった[31]

2017年3月11日、ルートヴィヒスハーフェン・アム・ラインフリードリヒ・エーベルト・ハレでWBA世界スーパーウェルター級王者のジャック・クルカイと対戦し、12回2-1(116-112×2、113-115)の判定勝ちを収めWBOに続きWBAでの王座獲得に成功した[32][33][34]

2017年9月、テレビ局のHBOと3試合契約を交わす[35]

2017年10月21日、ニューヨーク州ヴェローナのターニング・ストーン・リゾート・アンド・カジノ内ターニング・ストーン・イベント・センターにてジェスレル・コラレスVSアルベルト・マチャドの前座でアランテス・フォックスとミドル級12回戦を行い、12回3-0(118-110、118-109、116-111)の判定勝ちを収めABO(アメリカボクシング機構)インターコンチネンタルミドル級王座決定戦も兼ねており、王座を獲得した[36][37]。この試合後、HBOは2試合目のオプションを行使しないことを決め、アンドラーデは契約を解除された[38]

2017年10月22日、ミドル級に転向するためにWBA世界スーパーウェルター級王座を返上した[39][40][41]

2018年6月28日、アンドラーデがバナー・プロモーションズとスター・ボクシングから自身の2019年までの契約を買い取り、プロモーションから離脱しフリーエージェントとなり[42]、同年7月18日にエディー・ハーンのマッチルーム・スポルト・USAと契約した[43]

2018年7月12日、WBOはWBO世界ミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダースとWBO世界ミドル級2位デメトリアス・アンドラーデに対し指名試合で対戦するよう指令を出し、10日以内に対戦の合意に達しない場合は入札を行うことを通達した[44]

2018年9月26日、VADAによる抜き打ちの薬物検査を8月30日にシェフィールドで受けたソーンダースに禁止薬物の興奮剤オキシロフリンが検出されたことが発表され、10月9日にマサチューセッツ州コミッションがソーンダースに試合出場のライセンスを認めない決定を下したことで試合が正式に中止された。

2018年10月20日、ボストンTDガーデンでWBO世界ミドル級2位でWBOアフリカミドル級王者のウォルター・カウトンドクワとWBO世界ミドル級王座決定戦で対戦し、判定勝ちで王座獲得に成功した。

2018年12月6日、携帯許可を得ずに拳銃を携帯していたとして逮捕された[45]

2019年1月22日、WBOはソーンダースが行った社会奉仕活動と抜き打ち薬物検査をパスした実績を認め、ソーンダースのランキング除外処分を取りやめて、アンドラーデの指名挑戦者にすると発表した[46]

2019年6月29日、ロードアイランド州のダンキンドーナツセンターでマチェ・スレツキと対戦し、判定勝ちで2度目の防衛に成功した[47]

獲得タイトル編集

  • WBO世界スーパーウェルター級王座(防衛1=剥奪)
  • WBA世界スーパーウェルター級王座(防衛0=返上)
  • ABO(アメリカボクシング機構)インターコンチネンタルミドル級王座
  • WBO世界ミドル級王座(防衛2)

脚注編集

  1. ^ 9.Junior Olympic International Tournament Brownsville, USA July 5-8, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  2. ^ US National Championships - Colorado Springs - March 13-19th 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  3. ^ US National Golden Gloves - Little Rock - May 16-21 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  4. ^ US National Championships - Colorado Springs - March 6-11th 2006”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  5. ^ US National Golden Gloves - Omaha - April 24-29 2006”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  6. ^ US National Championships - Colorado Springs - June 2-8 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  7. ^ 80.US National Golden Gloves - Chattanooga - April 31 - May 9 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  8. ^ 15.Panamerican Games - Rio de Janeiro, Brazil - July 20-28 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  9. ^ US Olympic Trials - Houston - August 20-26 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  10. ^ 14.World Championships - Chicago, USA - October 23 - November 3 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  11. ^ 29.Olympic Games - Beijing, China - August 9-24 2008”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  12. ^ アンドラーデ、オリンピアン対決制す Boxing News(ボクシングニュース) 2013年11月10日
  13. ^ アンドラーデ楽勝、ローズを7回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月15日
  14. ^ Purses: Provodnikov $750k, Algieri $100k, Andrade $200k, Rose $100k”. Boxing News 24 (2014年6月14日). 2018年7月14日閲覧。
  15. ^ アンドラーデが辞退、チャーロ戦中止に Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月18日
  16. ^ Andrade unhappy with his purse”. ESPN.com (2014年11月17日). 2014年11月18日閲覧。
  17. ^ Demetrius Andrade promoters file suit against Jay Z's Roc Nation Sports”. ESPN.com (2015年7月31日). 2015年8月13日閲覧。
  18. ^ WBOがS・ウェルター級王者アンドラーデの王座剥奪 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月1日
  19. ^ WBO strips Demetrius Andrade of junior middleweight title due to inactivity”. ESPN.com (2015年8月1日). 2015年8月13日閲覧。
  20. ^ WBO strips Andrade of jr middle world title”. FightNews.com (2015年7月31日). 2015年8月13日閲覧。
  21. ^ Demetrius Andrade sues Roc Nation Sports, seeks $550K”. ESPN.com (2015年8月6日). 2015年8月13日閲覧。
  22. ^ WBO RABKING AUGUST 2015 WBO公式サイト 2015年8月10日
  23. ^ WBOランキング、山本隆寛らがランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月15日
  24. ^ Garcia-Guerrero Set For WBC Title, Winner Faces Khan”. Boxing Scene.com (2016年1月12日). 2016年1月21日閲覧。
  25. ^ モリナが殊勲の勝利、ズラティカニンWBC・L級新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月12日
  26. ^ WBA Names Mandatory Challengers for Keith Thurman and Jack Culcay WBA公式サイト 2016年7月15日
  27. ^ ゴロフキンvsブルック、WBAは現状不承認 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月16日
  28. ^ Culcay-Andrade headed to Germany Fightnews.com 2016年8月15日
  29. ^ Purse Bid Results from Panama WBA公式サイト 2016年8月15日
  30. ^ ウォーレンvsマクドネル、WBA“統一戦”が合意 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月16日
  31. ^ Culcay v Andrade off: Team Andrade miss reminders and deadlines Fightnews.com 2016年10月30日
  32. ^ Andrade beats Culcay by split decision to seize WBA super welterweight title Fightnews.com 2017年3月11日
  33. ^ Demetrius Andrade new WBA super welterweight champion WBA公式サイト 2017年3月12日
  34. ^ アンドラーデ2-1判定勝ち、WBA・SW級正規王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月12日
  35. ^ Jezreel Corrales to make third defense vs. Alberto Machado”. ESPN.com (2017年9月26日). 2017年10月27日閲覧。
  36. ^ Results from Verona, NY Fightnews.com 2017年10月21日
  37. ^ ダウン応酬 マチャドがコラレスに逆転KOで新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月22日
  38. ^ Candidates to step in to face Gennady Golovkin if Canelo Alvarez gets a longer suspension”. ESPN.com (2018年3月28日). 2018年3月29日閲覧。
  39. ^ Andrade vacates WBA regular super welter title Fightnews.com 2017年10月22日
  40. ^ WBA Super Welterweight title is vacant WBA公式サイト 2017年10月22日
  41. ^ アンドラーデが王座返上、狙うは新王者の村田諒太 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月23日
  42. ^ Former junior middleweight titlist Demetrius Andrade buys out co-promoters”. ESPN.com (2018年2月29日). 2018年7月2日閲覧。
  43. ^ Anthony Joshua-Alexander Povetkin fight to appear on DAZN service”. ESPN.com (2018年7月18日). 2018年8月1日閲覧。
  44. ^ Billy Joe Saunders vs. Demetrius Andrade Ordered By WBO”. Boxing Scene.com (2018年7月12日). 2018年7月14日閲覧。
  45. ^ Demetrius Andrade Arrested After Firearm Found in Car”. Boxing Scene.com (2018年12月6日). 2019年1月5日閲覧。
  46. ^ Demetrius Andrade vs. Billy Joe Saunders Ordered By WBO”. Boxing Scene.com (2019年1月22日). 2019年2月19日閲覧。
  47. ^ Demetrius Andrade Drops, Shuts Out Maciej Sulecki”. Boxing Scene.com (2019年6月30日). 2019年7月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
ザウルベック・バイサングロフ
WBO世界スーパーウェルター級王者

2013年11月9日 - 2015年7月31日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
リアム・スミス
前王者
ジャック・クルカイ
WBA世界スーパーウェルター級王者

2017年3月11日 - 2017年10月22日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ブライアン・カルロス・カスターノ