デメトレ1世 (イメレティ公)

イメレティ王国のエリスタヴィ

デメトレ1世(デメトレ1せい、グルジア語: დემეტრე Iグルジア語ラテン翻字: Demetre I1445年没)[1]は、バグラティオニ朝グルジア語版の王族。1414年から1445年までイメレティ王国グルジア語版エリスタヴィグルジア語版の地位にあった。

デメトレ1世
დემეტრე I

イメレティ王国のエリスタヴィ
在位期間
1414年1445年

出生 14世紀
死亡 1445年
王室 バグラティオニ家グルジア語版
父親 アレクサンドレ1世
母親 アナ・オルベリアニwikidata
テンプレートを表示

生涯編集

デメトレはイメレティ王アレクサンドレ1世の息子として誕生。母親はアナ・オルベリアニwikidataであった。父アレクサンドレは1387年、ティムールのジョージア侵攻グルジア語版の際にサカルトヴェロ王国から離脱を宣言してイメレティ王となった。叔父ギオルギが1392年に戦死すると、デメトレはもう一人の叔父コンスタンティネに連れられて、北コーカサスへと逃れた。コンスタンティネがイメレティ王として宣言後の1396年、デメトレはイメレティに戻ることができた。

叔父コンスタンティネが子供を残さずに1401年に戦死すると、イメレティ王の承継は若いデメトレに委ねられた。しかしながらデメトレの即位は、ティムールとの戦争を終えたジョージア王ギオルギ7世の侵攻を受け、阻まれることとなった。デメトレの身柄はサメグレロマミア2世グルジア語版らイメレティの貴族によって捕えられ、ジョージア王ギオルギ7世へと引き渡された。ギオルギ7世はデメトレを配慮して扱い、カルトリソムヒティグルジア語版にある安全な隠れ家に送った。

1414年、ジョージア王アレクサンドレ1世はデメトレの妹タマルフランス語版と結婚し、デメトレを「エリスタヴィグルジア語版」として臣下に封じてイメレティに戻した。デメトレはジョージアの王家に忠実であり続け、1445年に死去した[2]

子孫編集

デメトレは妻との間に、娘グルシャリグルジア語版をもうけた[3]。グルシャリは唯一の子であり、女子相続人となった。

娘グルシャリは、以下の子をもうけた[3]

異説編集

18世紀初頭のジョージアの歴史家ヴァフシティ・バグラティオニは、15世紀後半のジョージア王で、その後のイメレティ王国の祖となったバグラト6世グルジア語版について、デメトレの子であるとの主張を行った。この説は19世紀にフランスの東洋学者マリー=フェリシテ・ブロッセフランス語版によって採用され、20世紀まで存続した。しかしながら多くの学者はこの説に反対し、最終的にロシアの歴史学者キリル・トゥマノフはバグラト6世について、ジョージア王コンスタンティネ1世の孫であるとして起源を解明した[4]

参考文献編集

  1. ^ Pedigree: Demetre (Duke) of IMERATI”. fabpedigree.com. 2020年12月30日閲覧。
  2. ^ Bagrationi, Vakhushti (1976). Nakashidze, N.T.. ed (Russian). Tbilisi: Metsniereba. p. 42. http://dspace.nplg.gov.ge/bitstream/1234/3067/1/Istoria_Carstva_Gruzinskogo.pdf 
  3. ^ a b Author Unknown. Histoire de la Géorgie. Tome II : Histoire moderne de la Géorgie. Réédition Adamant Media Corporation. p. 249. ISBN 0543944808 
  4. ^ Toumanoff, Cyril (1949–51). “The Fifteenth-Century Bagratids and the Institution of Collegial Sovereignty in Georgia”. Traditio 7: 190–197.