メインメニューを開く
19世紀の美術アカデミー
(画)アンドレアス・アッヒェンバッハ(1831)
ギャラリーホールの画家たち
(画)Friedrich Boser

クンストアカデミーデュッセルドルフ (Kunstakademie Düsseldorf) は、ノルトラインヴェストファーレン州デュッセルドルフにある美術大学である。

歴史編集

貴族のパトロンを得ていた画家、ラムベルト・クラーエ(Lambert Krahe:1712-1790)が1762年ころに設立した絵画学校が1773年に「プファルツ選帝侯領絵画、彫刻、建築アカデミー」(Kurfürstlich-Pfälzische Academie der Maler, Bildhauer- und Baukunst)となり1800年頃にデュッセルドルフ美術アカデミー(Akademie der schönen Künste zu Düsseldorf)と改名された。クラーエを継いで校長となったヨハン・ペーター・フォン・ランガーの時代に、ナポレオン戦争によるデュッセルドルフの荒廃と衰退によって美術院も一時的な停止を経験した。1810年代にラインラント全域がプロイセン王国の領地になった。1824年にその時、校長であったペーター・フォン・コルネリウスは多くの学生とより待遇のよいミュンヘン美術院に移った。かわりにベルリンの美術学校で教えていた、フリードリッヒ・ヴィルヘルム・フォン・シャドーが校長に迎えられた。

 
エドゥアルト・ベンデマンの描いたベンデマンの家族と「デュッセルドルフ派」の画家、ヒルデブラント、ヒュブナー、シャドーゾーンが描かれている。

1850年代になって、風景画や風俗画における教育が評価され多くの外国からの学生を迎えることになった。1820年代から第一次世界大戦までの間、デュッセルドルフで学んだ芸術家たちを「デュッセルドルフ派」(Düsseldorfer Malerschule)と称することもある。


その後、ヨーゼフボイスナムジュンパイクベッヒャー夫妻Bernd und Hilla Becher)、ゲルハルトリヒター、などが教授であったり生徒であったりと現在の美術に大きな影響を与え続けている学校である。

フルクサスの活動が盛んだったのも有名である。

関連する人物編集

歴代校長編集

外部リンク編集