メインメニューを開く

デューク・ケオムカDuke Keomuka、本名:Martin Hisao Tanaka1921年4月22日 - 1991年6月30日)は、アメリカ合衆国プロレスラーカリフォルニア州サクラメント出身の日系アメリカ人[2]。日本名:田中久雄(たなか ひさお)[4]新日本プロレスの留学生を経てAWAWWFで活動したパット・タナカの父親である[5]

デューク・ケオムカ
プロフィール
リングネーム デューク・ケオムカ
オキ・ケオムカ
ヒサオ・タナカ
マーティン・タナカ
デューク・カパラニ[1]
本名 マーティン・ヒサオ・タナカ[1]
ニックネーム 黒帯親分[2]
身長 170cm[2][3]
体重 116kg(全盛期)[2][3]
誕生日 1921年4月22日[1][4]
死亡日 (1991-06-30) 1991年6月30日(70歳没)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州の旗 カリフォルニア州
サクラメント郡サクラメント[2]
デビュー 1944年[1]
テンプレートを表示

テキサスフロリダなどのアメリカ南部を主戦場に、同時代の日系レスラーと同じく戦後反日感情を利用したヒールとして悪名を馳せたが、キャリア後半はベビーフェイスのポジションでも活躍した。アントニオ猪木グレート草津など海外修行時代の日本人選手のタッグパートナー兼メンターも担い[6]、日本陣営の助っ人として日本プロレスにも度々参戦[4]。現役引退後はNWAフロリダ地区のブッカーおよびプロモーターを務めた[7]

目次

来歴編集

1944年のデビュー後はデューク・カパラニ(Duke Kapalani)をリングネームに、ジョージアインディアナニューヨークなど各地を転戦[1]。その後、デューク・ケオムカと改名し、1948年8月8日にハワイにてNWAハワイ・ヘビー級王座を獲得[8]1950年代からはダラスヒューストンなどテキサスの東部地区を主戦場に、NWAテキサス・ヘビー級王座および同タッグ王座を再三奪取[9][10]ルー・テーズが保持していたNWA世界ヘビー級王座にも度々挑戦した[11]

1960年代前半はオハイオおよびテキサスにてフリッツ・フォン・エリックと抗争を展開[12]、エリックのアイアン・クロー対ケオムカのオリエンタル・クローの「クロー対決」として人気を博した[13]1963年よりフロリダに参戦し、ヒロ・マツダとのタッグで活動。当初はヒールとしてアルベルト&ラモンのトーレス兄弟やジェイク・スミス&ルーク・ブラウンのザ・ケンタッキアンズなどと対戦していたが、後にベビーフェイスに転向。スカル・マーフィー&ブルート・バーナードフレッド・ブラッシー&ターザン・タイラーなどのチームを破り、NWA世界タッグ王座を通算4回獲得した[14]1964年12月25日にはマイアミビーチにて、フロリダに遠征してきたブルーノ・サンマルチノWWWF世界ヘビー級王座に挑戦している[15]

1965年には古巣のテキサスにて、アメリカ修行中だったカンジ・イノキことアントニオ猪木と組み、同地区版のNWA世界タッグ王座を獲得、翌1966年2月8日にザ・デストロイヤー&ゴールデン・テラー(ミスター・アトミック)に明け渡すまで戴冠した[16]。この王座はフリッツ・フォン・エリック&キラー・カール・コックスから奪取したとされていたが、エリック&コックスからケオムカ&猪木にタイトルが移動した試合は記録には残されていない[6][16]

1966年5月、日本プロレスに初参戦。日本陣営の一員となってジャイアント馬場ともタッグを組み[17]1967年1968年ワールドリーグ戦には「日系代表」として出場[18][19]。ブッカーとして外国人選手の招聘窓口も担い、ジャイアント馬場が旗揚げした全日本プロレスにも協力した[7]

1970年代前半にリングを離れ、エディ・グラハムが主宰していたチャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ(CWF)のブッカーに専念。NWA屈指の黄金テリトリーとなったフロリダ地区の隆盛を支えた。面倒見が良いことでも知られ[6]マサ斎藤高千穂明久ミスター・ヒト桜田一男キラー・カーン、そして海外再修行時代の天龍源一郎など、アメリカで活動している日本人選手を所属団体を問わず迎え入れた。

1985年のエディ・グラハム死去後はヒロ・マツダと共に団体の運営を引き継いだが、WWFの全米侵攻の余波などで観客動員が落ち込み、NWA内部におけるテリトリー制の崩壊もあって、1987年2月にCWFはジム・クロケット・プロモーションズに吸収合併された[20]

1991年6月30日、70歳で死去[1]

参考文献編集

  • 『Gスピリッツ Vol.18』辰巳出版、2010年。ISBN 4777808661
  • 『Gスピリッツ Vol.25』辰巳出版、2012年。ISBN 4777810615

得意技編集

獲得タイトル編集

NWAミッドパシフィック・プロモーションズ
  • NWAハワイ・ヘビー級王座:1回[8]
NWAビッグタイム・レスリング
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g Duke Keomuka”. Wrestlingdata.com. 2016年1月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『THE WRESTLER BEST 1000』、P300。
  3. ^ a b Duke Keomuka”. Cagematch.net. 2016年1月13日閲覧。
  4. ^ a b c 『Gスピリッツ Vol.18』、P94。
  5. ^ Pat Tanaka”. Wrestlingdata.com. 2016年1月13日閲覧。
  6. ^ a b c 『Gスピリッツ Vol.18』、P92。
  7. ^ a b 『Gスピリッツ Vol.25』、P70。
  8. ^ a b NWA Hawaii Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月13日閲覧。
  9. ^ a b NWA Texas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月13日閲覧。
  10. ^ a b NWA Texas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月13日閲覧。
  11. ^ Lou Thesz vs. Duke Keomuka”. Wrestlingdata.com. 2016年1月13日閲覧。
  12. ^ Fritz Von Erich vs. Duke Keomuka”. Wrestlingdata.com. 2016年1月13日閲覧。
  13. ^ 『Gスピリッツ Vol.18』、P44。
  14. ^ a b NWA World Tag Team Title [Florida]”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月13日閲覧。
  15. ^ CWF at Miami Beach 1964/12/25”. Cagematch.net. 2016年1月13日閲覧。
  16. ^ a b c NWA World Tag Team Title [E. Texas]”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月13日閲覧。
  17. ^ JWA 1966 Golden Series”. Puroresu.com. 2016年1月13日閲覧。
  18. ^ JWA 1967 The 9th World Big League”. Puroresu.com. 2016年1月13日閲覧。
  19. ^ JWA 1968 The 10th Annual World Big League”. Puroresu.com. 2016年1月13日閲覧。
  20. ^ Championship Wrestling from Florida”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月13日閲覧。
  21. ^ NWA Southern Tag Team Title [Mid-Atlantic]”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月13日閲覧。

外部リンク編集