メインメニューを開く

デュースワイルド』(原題:Deuces Wild)は、2002年制作のアメリカ合衆国の映画

デュースワイルド
Deuces Wild
監督 スコット・カルヴァート
脚本 ポール・キマティアン
クリストファー・ガンベイル
製作 ウィリ・バール
フレッド・C・カルーソ
ポール・キマティアン
マイケル・セレンジー
製作総指揮 エバーハード・ケイサー
マリオ・オホーヴェン
マーク・スフェラッツァ
出演者 スティーヴン・ドーフ
ブラッド・レンフロ
音楽 スチュワート・コープランド
撮影 ジョン・A・アロンゾ
編集 マイケル・R・ミラー
製作会社 シネワイルド=
エタニティー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 MGMユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 クライドフィルムズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年5月3日
日本の旗 2003年2月8日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $6,080,065[2]
世界の旗$6,282,446[2]
テンプレートを表示

1950年代のニューヨークの下町を舞台に、若きギャングたちの抗争を描いたバイオレンス・ドラマ。

目次

あらすじ編集

1958年ニューヨークブルックリンを拠点とする2つのギャング団“デュース”と“ヴァイパーズ”は激しく対立していた。“デュース”のリーダー、レオンは弟がマルコに薬漬けにされ死んだことで、“ヴァイパーズ”のリーダー、マルコは刑務所送りにされたことで、互いに怨みを抱いていたのだ。

ある日、争いを嫌うレオンは、弟を死に追いやった麻薬の撲滅と無意味な争いを収拾するため、街の顔役フリッツィーに調停を願い出、彼の仲介によって休戦協定が結ばれた。

そんな中、レオンの弟ボビーは近くに引っ越してきた女性に手伝いを頼まれ、心を惹かれるが、彼女は“ヴァイパーズ”のメンバー、ジミー・ポケットの妹のアニーだった。それを知ったレオンは、ボビーにアニーとは付き合うなと警告するが、ボビーとアニーはやがて許されざる恋に落ちていく。

しかしある日、マルコが出所、マルコは様々な嫌がらせをしてレオンを挑発、レオンもついに堪忍袋の緒が切れ、“デュース”と“ヴァイパーズ”の決闘が始まる。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集