デルタ (貨物輸送艦)

デルタUSS Delta, AK-29/AR-9)はアメリカ海軍工作艦デルタ級工作艦ネームシップ。前身は商船ハワイアン・パッカーSS Hawaiian Packer)であり、就役時は貨物輸送艦であった。

AK-29/AR-9 デルタ
1960年代のデルタ
1960年代のデルタ
基本情報
建造所 ニューポート・ニューズ造船所
運用者  アメリカ海軍
艦種 貨物輸送艦
工作艦
級名 デルタ級工作艦
艦歴
進水 1941年4月2日
竣工 1941年6月4日
就役 1941年6月16日
1950年11月1日(再就役)
1959年10月31日(再々就役)
退役 1947年3月5日
1955年12月1日(再退役)
1970年6月20日(再々退役)
除籍 1970年10月1日
除籍後 1983年7月19日スクラップとして売却
要目
排水量 8,975 ロングトン 軽貨[1]
14,500 ロングトン 満載[1]
全長 490 ft 6 in(149.5 m)[1]
最大幅 69 ft 6 in(21.18 m)[1]
吃水 23 ft 6 in(7.16 m)[1]
最大速力 16.5 ノット(30.6 km/h・公試時)[1]
乗員 士官 40 名・兵員 884 名[1]
兵装 5インチ単装砲×1基
3インチ単装砲×1基
40mm連装機銃×2基[1]
テンプレートを表示

艦歴編集

第二次世界大戦編集

本艦はマトソン旅行会社が発注した4隻のC3型貨物船英語版の1隻であるハワイアン・パッカーSS Hawaiian Packer)として1941年バージニア州ニューポートニューズニューポート・ニューズ造船所で起工、1941年4月2日に進水した。1941年6月4日にアメリカ海軍に徴用され、1941年6月16日に貨物輸送艦デルタUSS Delta, AK-29)として初代艦長C・D・ヘッディー中佐の指揮の下で就役した[2]

1942年5月から7月8日まで、デルタは東海岸の諸港から各地への物資輸送に従事した。目的地はキューバグアンタナモ湾バミューダ諸島プエルトリコアルゼンチンニューファンドランドカナダノバスコシア州およびハリファックス、そしてアイスランドレイキャヴィークといった広範なものであった[2]

1942年7月1日、デルタはAR-9と艦番号を改め、フィラデルフィアウィリアム・クランプ・アンド・サンズ造船所で工作艦としての改装が行われた[2]

1943年3月3日にフィラデルフィアを出航したデルタは、3月から6月にかけてアルジェリアオランで揚陸艦艇の修理任務に従事する。6月から1944年3月まではチュニジアビゼルトで、それからイタリアパレルモでも同様の活動を行い7月8日まではアメリカへ帰還する上陸用舟艇の準備のためにポッツオーリへ移動した。地中海での最後の任務は、11月から1945年4月までオランで駆逐艦母艦として働くことであった[2]

デルタはオーバーホールのため1945年4月27日にノーフォーク海軍造船所へ戻り、1ヶ月間の修理任務のため6月15日に真珠湾へ出航する。デルタは日本の降伏後の8月26日に艦艇の修理作業を行うため横須賀鎮守府へ到着、そこでの活動には翌1946年ビキニ環礁で行われた原爆実験クロスロード作戦)に用いられる日本海軍戦艦長門の準備作業も含まれた。デルタは1946年3月から6月まで上海で艦隊の支援にあたり、7月17日にフィラデルフィアへ帰還した。デルタは退役後1947年3月5日に予備役として保管された[2]

朝鮮戦争編集

デルタは1950年11月1日に再就役し、1951年3月8日にサンディエゴへ到着した。これは同地とロングビーチでの艦艇修理や極東への巡航のためであった。最初の巡航は朝鮮戦争中の1952年6月25日から1953年2月14日まで行われた。2度目の巡航は1953年から1954年まで行われ、この時デルタは第一次インドシナ戦争後に軍事境界線を超えて南ベトナムへ逃れる難民を輸送する自由への道作戦英語版に参加している。最後の極東巡航は1955年に実施され、デルタは朝鮮半島沖の海上封鎖と護衛任務を行う旗艦を務めた。その後デルタはワシントン州タコマへ戻り、1955年12月1日に退役し予備役に置かれた[2]

ベトナム戦争編集

1959年10月31日にデルタは再就役したが、再就役式典はブレマートン海軍造船所カーミット・ルーズベルト英語版USS Kermit Roosevelt, ARG-16)の退役式典と同時に行われ、カーミット・ルーズベルトの乗員たちはそのままデルタの乗員に移籍した。その後、デルタは1970年6月20日に再びブレマートン海軍造船所で退役するまで11年間にわたって活動を続けることになった[2]

退役後のデルタは1977年10月1日に海軍艦艇名簿英語版から除籍され、連邦海事局に移管後、国防予備船隊で保管された[2]

デルタは1983年7月19日にSabine Towing & Transportation Co. & Schnitzer Steel Products Co.へスクラップとして売却され、解体地である台湾のChi Shuu Hua Steel Co., LTD.へ曳航されたデルタの艦体は1983年11月1日に解体を完了した[1]

栄典編集

デルタは第二次世界大戦の功績で2個の従軍星章英語版(Battle Stars)を、朝鮮戦争の功績で1個の従軍星章を、ベトナム戦争の功績で1個の従軍星章(Campaign Star)を受章したほか、以下の勲章を与えられた[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j USS Delta (AR-9)”. NavSource.org. 2020年5月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h U.S.S. DELTA (AR-9)”. hullnumber.com. 2020年5月11日閲覧。