デル・ヴァスト家

デル・ヴァスト家(Del Vasto)は、アレラーミチ家の分家で、アレッサンドリアからサルッツォに至る領域および西リグーリアにおよぶ、バッソ・ピエモンテの広大な領土を支配したイタリア貴族の家系。その領地にはサヴォーナ侯領およびランゲの一部、そしてアックイおよびブレドーロ伯領を含んでいた。アデライデとシチリア伯ルッジェーロ1世との結婚により、デル・ヴァスト家はシチリアにも領地を獲得し、わずかな間であったがエルサレム王国にも領土を手に入れた。

サルッツォ侯デル・ヴァスト家の紋章

系図編集

 
 
 
アレラーモ
 
ゲルベルガ
(イタリア王ベレンガーリオ2世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グリエルモ2世
モンフェッラート侯
 
オットーネ1世
モンフェッラート侯
 
アンセルモ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレラーミチ家
 
アンセルモ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オットーネ
(テウト)
西リグーリア侯
 
ベルタ
(トリノ辺境伯オルデリーコ・マンフレーディ2世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マンフレード・デル・ヴァスト
 
ボニファーチョ・デル・ヴァスト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンリコ
パテルノー領主
ブテーラ伯
 
フランドリーナ
(シチリア伯ルッジェーロ1世娘)
 
アデライデ
1=シチリア伯ルッジェーロ1世
2=エルサレム王ボードゥアン1世
 
ボニファーチョ
インチーザ侯
 
マンフレード1世
サルッツォ侯
 
グリエルモ
デル・ヴァスト侯
 
ウーゴ
 
アンセルモ
 
オットーネ・ロヴェーリオ
 
エンリコ
サヴォーナ侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルッジェーロ
 
シモーネ
ポリカストロ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マンフレード2世
サルッツォ侯
 
マンフレード1世
ブスカ
ラウレーティ伯
 
ベレンガリオ
ブスカ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マンフレード
 
(庶子)
ルッジェーロ・スクラヴス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボニファーチョ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マンフレーディ
シチリア王
 
ベアトリーチェ
(サヴォイア伯アメデーオ4世娘)
 
マンフレード3世
サルッツォ侯
 
ジョヴァンニ
ドリアーニ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トンマーゾ1世
サルッツォ侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベアトリーチェ
(シチリア王マンフレーディ娘)
 
マンフレード4世
サルッツォ侯
 
イザベラ・ドリア
 
ヴィオランテ
ルキーノ・ヴィスコンティ
 
アリス
=8代アランデル伯リチャード・フィッツアラン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フェデリーコ1世
サルッツォ侯
 
マンフレード
カルデ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トンマーゾ2世
サルッツォ侯
 
リッチャルダ
ガレアッツォ1世・ヴィスコンティ娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フェデリーコ2世
サルッツォ侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トンマーゾ3世
サルッツォ侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルドヴィーコ1世
サルッツォ侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マルグリット
(ケンダル伯ジャン4世・ド・フォワ娘)
 
ルドヴィーコ2世
サルッツォ侯
 
リッチャルダ
ニッコロ3世・デステ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミケーレ・アントーニオ
サルッツォ侯
 
ジョヴァンニ・ルドヴィーコ
サルッツォ侯
 
フランチェスコ
サルッツォ侯
 
ガブリエーレ
サルッツォ侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(庶子)
アウグスト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カルロッタ・カタリーナ
 
ジャン・ド・リュル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リュル・サリュース家
 

参考文献編集

  • G.B. Moriondo, Monumenta Aquensia, I, Torino 1789, coll. 289-294;
  • Rinaldo Merlone, Prosopografia aleramica, BSBS, anno LXXXI 1983, secondo semestre;
  • Renato Bordone, Il "famosissimo marchese Bonifacio". Spunti per una storia delle origini degli Aleramici detti del Cato, in Bollettino storico-bibliografico subalpino, LXXXI (Torino 1983), pp. 587-602;
  • Luigi Provero,I marchesi del Vasto: dibattito storiografico e problemi relativi alla prima affermazione, Bollettino Storico Bibliografico Subalpino, Anno LXXXVIII (1990), Torino, pp.51-107;
  • Riccardo Musso, Il "Vasto" e i castelli di Montenotte in Atti e Memorie della Società Savonese di Storia Patria, XXVI, 1990;
  • G. Manuel di San Giovanni, Dei marchesi del Vasto e degli antichi monasteri de' SS. Vittore e Costanzo e di S. Antonio nel marchesato di Saluzzo, Torino 1858;
  • F. Savio, Il marchese Bonifacio del Vasto e Adelaide contessa di Sicilia, in "Atti della R. Accademia delle scienze di Torino" XII (1886-87), pp. 87-105;