メインメニューを開く

デンバーに死す時』(原題:Things to Do in Denver When You're Dead)は、1995年制作のアメリカ合衆国サスペンス映画アンディ・ガルシアガブリエル・アンウォークリストファー・ウォーケン等の豪華キャストが出演した。

デンバーに死す時
Things to Do in Denver When You're Dead
監督 ゲイリー・フレダー
脚本 スコット・ローゼンバーグ
製作 ケイリー・ウッズ
製作総指揮 ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
マリー・カンティン
出演者 アンディ・ガルシア
ガブリエル・アンウォー
クリストファー・ウォーケン
音楽 マイケル・コンヴァーティノ
撮影 エリオット・デイヴィス
編集 リチャード・マークス
配給 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年12月1日
日本の旗 1996年5月11日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$529,766[2]
テンプレートを表示

タイトルはウォーレン・ジヴォンの同名の曲(“Mr. Bad Example”収録)から、主人公・“聖人”ジミー(Jimmy the Saint)の名前は、ブルース・スプリングスティーンの曲“Lost in the Flood”(『アズベリー・パークからの挨拶』収録)から採られている。

目次

あらすじ編集

コロラド州デンバー。かつては“聖人”と呼ばれた名うてのギャングで、現在は遺言ビデオ制作会社を経営しているジミーはある日かつてのボスから呼び出され、ある仕事を依頼される。それは、ボスの息子の元恋人の新しい相手を脅してデンバーから追い出すというものだった。

ちょうど経営不振で金に困っていたジミーは、同じように落ちぶれていたかつての仲間、ピーシーズ、フランチャイズ、クリティカル・ビル、イージー・ウィンドを集めて計画を実行に移すが、思わぬミスから最悪の結果に終わってしまう。

激怒したボスはジミーに48時間以内にデンバーを去るよう言い渡し、他は全員処刑すると宣告。ジミーは身の危険もかえりみず仲間を助けようと奔走するが、ボスの送り込んだ残忍な殺し屋ミスター・シーの手で仲間は次々と消されてゆく。

そして、自分の恋人ダグニーにも魔の手が伸びている事を知ったジミーは…。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集