デヴィッド・パットナム

デヴィッド・パットナムDavid Puttnam, 本名:David Terence Puttnam, Baron Puttnam, CBE, 1941年2月25日 - )は、イギリス映画プロデューサー

デヴィッド・パットナム
David Puttnam
David Puttnam
2018年
本名 David Terence Puttnam, Baron Puttnam
生年月日 (1941-02-25) 1941年2月25日(83歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド
ロンドンサウスゲイト
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 映画プロデューサー
主な作品
ミッドナイト・エクスプレス』(1978年)
炎のランナー』(1981年)
キリング・フィールド』(1984年)
ミッション』(1986年)
 
受賞
アカデミー賞
作品賞
1981年炎のランナー
東京国際映画祭
黒澤明賞
2007年
英国アカデミー賞
作品賞
1981年炎のランナー
1984年キリング・フィールド
生涯功労賞
1981年
フェローシップ賞
2005年
その他の賞
備考
第1回東京国際映画祭 審査委員長(1985年)
テンプレートを表示

人物

編集

ロンドンサウスゲイト出身。母方はユダヤ系[1]、父親は写真家[2]

1960年代後半に映画プロデューサーとして活動を始め、『ミッドナイト・エクスプレス』や『キリング・フィールド』、『ミッション』といった社会派色の強いドラマ映画をプロデュース、その多くがアカデミー賞などの映画賞を受賞・ノミネートされるなど高い評価を受けている。

コカ・コーラ傘下のコロンビア映画の経営に当たった時期は、ヒット作は作らずに、ハリウッド式の映画の批判を繰り返し、コカ社のロベルト・ゴイズエタ会長(カンザス計画を参照)を苛立たせ、すぐに首になった。

1985年の第1回東京国際映画祭では審査委員長を務めた。

1983年大英帝国勲章CBEを授与された[3]

主なプロデュース作品

編集

その他

編集
  • 石田達郎は、1971年の映画『小さな恋のメロディ』の大ファンだったことから、同作のプロデューサーであるパットナムと親交を持っていた。1990年7月19日に石田が亡くなった際、パットナムは最後に「亡き石田達郎氏に捧ぐ」とクレジットした[4]

脚注

編集
  1. ^ Lord David Puttnam reveals the secrets of the trade | JPost | Israel News”. jpost.com. 2014年7月14日閲覧。
  2. ^ Film Reference: David Puttnam Biography Retrieved 2013-03-06
  3. ^ "No. 49212". The London Gazette (7th supplement) (英語). 30 December 1982. p. 9.
  4. ^ 品田雄吉『シネマの記憶から 名優・名監督と映画評論家の五十年』角川SSコミュニケーションズ、2008年、pp.161-162。

外部リンク

編集